3回目のイノテック105再塗布作業

3か月ぶりのイノテック105再塗布作業です(^^)

3か月ぶりのイノテック105再塗布作業です(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

先週,超ドライオイルのイノテック105の再塗布作業をやりました。

昨年6月の使用開始から,3回目の再塗布。

そろそろ,このオイルの使い勝手もわかってきたので,少しまとめてみました。

要するにこんなお話です(^^)

  • チェーン駆動音がうるさくなってきたので,イノテック105の再塗布を実施
  • 意識しなかったけど,前回と同じ3ヶ月・700kmでの再塗布
  • 海辺を走る機会が多かったため,チェーンのコマ間は砂が入り込んでいた
  • 外見はキレイな状態を保っているので,再塗布の目安にはならない
  • 「700km」「3ヶ月」「駆動音のうるささ」が,再塗布の目安になりそうです
  • いつでもキレイ,3ヶ月メンテフリー,再塗布の楽さ。やっぱり便利です(^^)


3回目の再塗布作業

過去2回の経験からして,イノテック105の寿命は500~700kmといったところです。

しかし,おいらの貧しい(涙)使用環境では,700kmに到達するには3ヶ月ほどかかってしまうので,再塗布のタイミングは忘れがちです。

そのくらい長持ちしてくれるイノテック105ですが,チェーンの汚れよりも,潤滑性能の低下が再塗布時期を知らせてくれます

前回の塗布作業は12月にやっているのですが,それから3ヶ月経って,毎晩のHIIT(High Intensity Interval Training)で,チェーン駆動音が大きくなってきたことで気が付きました。

ピカピカではないですが,3か月,700km走行後には見えないキレイさです。

ピカピカではないですが,3か月,700km走行後には見えないキレイさです。

SONY NEX-5N + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

過去2回の再塗布時と同様,パッと見たところではチェーンの汚れは目立ちません。特に側面のプレートは塗布直後からドライであり,そのままの状態を保っています。

でも,近づいてよく見ると,砂が付着していました。

でも,近づいてよく見ると,砂が付着していました。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

しかし,近づいてよく見ると,チェーンのコマには細かい砂が入り込んでいることが分かりました。

また,スプロケットは非常にきれいな状態であり,洗浄する必要性もほとんどありませんでした。

スプロケット。キレイなもんです。

スプロケット。キレイなもんです。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

再塗布作業は,今までと同じく,外したチェーンにチマチマ(メーカーは「ドバドバ行け」と言ってますが,笑)と塗りこんで汚れを落とし,落としきったら乾かすだけです。

イノテック105をチマチマ塗って,汚れを落とします。

イノテック105をチマチマ塗って,汚れを落とします。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

不思議なもので,あれほど,臭い臭いといい続けてきた,独特の刺激臭も3回目(初回も入れれば4回目)にもなると,完全に慣れてしまいました。

もしかしたら花粉症の影響かもしれませんが(笑),作業終了後は大胆にも玄関先にぶら下げて干しておいたのですが,家族の誰も文句を言われませんでした。

作業日はいいお天気だったので,3時間ほどの日干しで臭い成分は揮発してくれました(^^)

大胆にも玄関先にぶら下げて干してみましたが,異臭騒ぎにはなりませんでした(^^)

大胆にも玄関先にぶら下げて干してみましたが,異臭騒ぎにはなりませんでした(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

過去の再塗布作業との比較

過去2回の再塗布作業と,諸条件を比較してみました。

再塗布回数 1回目 2回目 3回目
実施日 2014年9月 2014年12月 2015年3月
前回からの日数 3か月 3か月 3か月
〃 走行距離 500km 700km 710km
おもな走行場所 山・平地 山・平地 海辺・湘南平
汚れ度合 とてもクリーン とてもクリーン コマ間に砂汚れが付いている
潤滑度合 駆動音がうるさい 駆動音がうるさい 駆動音がうるさい

1回目の再塗布は「3ヶ月たったから」という理由でレビューも兼ねてやっていました。

2回目の再塗布は「潤滑性能が落ちてきたので」という実用上の理由で実施したのですが,その時の走行距離(700km)は,今回(710km)とほぼ一致しています。

やはり,おいらの使用環境では,700kmが再塗布の目安になりそうです。

また,使用開始から今まで,一度も「汚れた状態のチェーン・スプロケ」を見たことが無いので,汚れを目安に交換はできないと思います。

普通のオイルなら,チェーン側面もスプロケも,汚れで真っ黒になっていくと思いますが,イノテック105の場合,もともと「本当に塗ってあるのか?」というくらい,ドライ・ツルツルな状態なので,全然汚れが付着しません。

再塗布完了後のチェーン。サラサラです(^^)

再塗布完了後のチェーン。サラサラです(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

砂が多いところを走ればコマ間に入り込むので,ここに着目すれば交換の目安になりそうですが,一番の目安は,潤滑性能の低下による駆動音のうるささではないかと思います。

再塗布した後は,非常に静かな駆動音になり,特に室内練習ではローラーの音にかき消されてしまうくらい静かです。

それが,3ヶ月目に入り,700kmに近づくにつれて駆動音がうるさくなり,室内だと「ガチャガチャ」「ゴロゴロ」と気になるようになります。

こうなったら,再塗布のサインと見ていいでしょう(^^)

いずれにせよ,常に見た目がクリーンで,最長で3ヶ月もメンテナンスフリー,メンテナンスも重ね塗りするだけと,非常に手間がかからないイノテック105。

導入時の完全脱脂だけ面倒です(この方法がいいかは別ですが・・・)

導入時の完全脱脂だけ面倒です(この方法がいいかは別ですが・・・)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

導入時の完全脱脂が面倒なのと,ちょっと値段が張るところが難点ですが,おいらのような,ずぼらなロード乗りには,何物にも代えがたい便利さです(^^)

初回+3回の再塗布でちょうど使い切りましたので,週末にはまたワールドサイクルで1本購入しておきましょう(^^)

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

最初は面倒だけど,あとは楽ちん(^^)

[メーカーサイト]

amazonでも扱ってます

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/03/22(日) 22:29:36 ID:42bc57c72 返信

    >Noguさん

    「データ化」なんて,オーバーですよ~
    実は,たまに「フォトポタ日記」読み返しているだけですし(^^;)

    イノテックの洗浄って,クリーナーでもいいんですか!!!

    クリーナーに含まれている,「油を分解する成分」の悪影響があるとか,ないとか書いてあったような・・・。
    そもそも,オイルをオイルで洗う,というのがいかにももったいないんですよね。

    ちょっと調べてみます~

  2. 名前:Nogu 投稿日:2015/03/21(土) 00:48:59 ID:c9cf820c2 返信

    Shiroさんみたいにデータ化してないのでどの程度の距離もっているのか不明ですが意外に長く持つ感じします。
    先日、ターマックとビアンキ塗り直しました。
    ターマックは12月14日始動だったので3ヶ月弱かな。
    我が家は更にけちけちで、小さなオイル刺しに移して一こまづつ塗っています。
    その前の洗浄はクリーナーで拭くだけです。
    こんな感じ間ので2台分のメンテしてもまだまだたっぷり残ってます・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です