LGS RHC号,ハンドル周りを大幅コンパクト化!

サドルからハンドルバーへの距離測定中。だいぶ,コンパクト化しました(^^)

サドルからハンドルバーへの距離測定中。だいぶ,コンパクト化しました(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

先日,LGS RHC mark II号にケイデンス・スピードセンサー(Wahoo)を装着した話を紹介しました。

その記事の冒頭で,「ケイデンスが測れない」に並ぶもう一つの課題として,「ハンドルバーが遠すぎる」という課題も言及していました。

今回は,LGS RHC mark II号のハンドル周りをコンパクト化し,新たに,LGS RHC mark III号として生まれ変わったことを紹介します。

要するにこんなお話です(^^)

  • 550mmフレーム,110mmステム,430mmハンドルバーは全部デカすぎる!!
  • 子供はおろか,おいら自身がろくに運転できない・・・
  • ステムをコンパクト化(110mm→60mm)
  • ハンドルバーをコンパクト化(430mm→420mm)
  • ハンドルが近くなり,ようやく普通に乗れるようなりました(^^)


LGS RHC mark II号,ハンドル周りコンパクト化計画

一連のRHC号記事で何度か触れていますが,RHC号のフレームサイズは550mmとかなり巨大なサイズです(普通ならLかXL?)。

また,ステムは標準的な110mmとなっていて,現状のLOOK595号と比べた,ハンドル周りのジオメトリにはこんなに大きな差があります。

始点 終点 RHC mark II
(作業前)
595号
(夏設定)
備考
BB サドル上端 970mm 965mm まずはサドル高さを合わせる
サドル先端 BB後退幅 55mm 55mm 続いて後退幅
サドル先端 ハンドルバー先端 570mm 540mm フレームサイズの差です
サドル先端 STI根元 705mm 635mm 7cmも遠くにあります(!)
地面 サドル上端 970mm 965mm  
地面 ハンドルバー上端 885mm 905mm  
サドル上端 ハンドルバー上端 85mm 60mm いわゆる「ハンドル落差」

いまさらフレームサイズはどうにもなりませんので,とりあえず,ステムを短くして,ハンドルバーもコンパクト化してみることにしました。

ハンドルバーのコンパクト化 (430mm→420mm)

まず探したのがコンパクトなハンドルバー。

RHC mark II号のハンドルバーは,完成車に付いていたFSAのアナトミックハンドルバー

横幅が430mm(外-外)とかなりデカいのに加え,写真の通り,ドロップ量も半端なくデカいです。

交換前のハンドルバー(FSA)。幅も広いけど,ドロップ量もすごい。

交換前のハンドルバー(FSA)。幅も広いけど,ドロップ量もすごい。

SONY α7ii + SONY FE 28-70mm F3.5-5.6

こちらについては,ご近所の中古ショップ,サイクリーでちょうどいいサイズのハンドルバーがあったので迷わず購入。

購入したのは,Deda社のRHM01 コンパクト』というハンドルバーで,幅は420mm(外-外),ドロップ量も小さくて,おいらにぴったり。

お値段も,中古ということもあって,2000円と超コンパクト(^^)

白いのが新たに購入した,Dedaの「RHM01 コンパクト」。かなり小さくなりました(^^)

白いのが新たに購入した,Dedaの「RHM01 コンパクト」。かなり小さくなりました(^^)

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

サイズはコンパクトだけど,プライスはビッグだったネオモルフェ(Neo Morphe)の1/20くらいのお値段です(笑)

色も白だし,超お気に入りデス(^^)

ステムのコンパクト化(110mm→60mm)

残念ながら,サイクリーでは小さなステムが見当たらなかったので,いつものWorldCycleで探すことにしました。

WorldCycleのサイトを少し探したら,運よく,カロイのUNOステム(ASA-105)というステムがサイズ限定の限定特価品で売られていました。

気になるサイズは,60mmという驚きの短さ

一番上がUNOステム。SUMICA(100mm),DEDA(110mm)と比べると,本当に短い~(笑)

一番上がUNOステム。SUMICA(100mm),DEDA(110mm)と比べると,本当に短い~(笑)

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

お値段もかなりコンパクトで,通常価格4800円のところ,半額以下の1999円

60mmという極端な短さが気にはなりますが,1999円ならお試しということでもよかろう,ということで購入です(^^)

ハンドルバーを交換するということは・・・?

サイズもプライスもコンパクトなステム&ハンドルバーを用意できたので,今付いている,デカいハンドル・ステムと交換するだけです。

でも,「交換するだけ」と簡単に書きましたが,実はこれが結構大変

特に,ハンドルバーを交換するということは,ハンドル周辺の各種作業(STI装着,ワイヤリング,バーテープ巻)を全部やり直すことを意味します。

なので,雨の日曜日が来るまで待って,半日かけて一気に作業を行いました。

具体的には,こんな手順になります。

  1. バーテープを剥がす。後で再利用するので丁寧に。
  2. ワイヤー類(ブレーキ・シフト)を外す。もちろん,再利用する。
  3. STIを外す
  4. 旧ハンドルバーを外す
  5. 旧ステムを外す
  6. 新ステムを装着
  7. 新ハンドルバーを装着
  8. STIを取り付ける
  9. ワイヤー類の配線する(適正な長さに詰める)
  10. シフトのインデックス調整をする(FD,RD)
  11. バーテープを巻きなおす
  12. ポテトチップを食べる(ダメじゃん)

うんざりうっとりするくらい,全部やり直しでしょう?(笑)

作業にあたっては,なるべくLOOK595号のジオメトリに近くなるように,工程6・7のハンドルバーの角度,STIの取り付け位置を調整してみました。

バーテープを剥がし,ワイヤを外し,STIも・・・。結局全部やり直しなんですよね。

バーテープを剥がし,ワイヤを外し,STIも・・・。結局全部やり直しなんですよね。

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

まだ作業は序の口。これから,ワイヤーをつないで,バーテープを巻いて,SIS調整。

まだ作業は序の口。これから,ワイヤーをつないで,バーテープを巻いて,SIS調整。

SONY NEX-5T + Carl Zeiss Vario Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

ハンドル周りコンパクト化後の様子

ハンドル周りをコンパクト化したことで,LGS RHC号のジオメトリは以下のようになりました。

始点 終点 RHC mark II
(作業前)
RHC mark III
(作業後)
595号
(夏設定)
備考
BB サドル上端 970mm 965mm これは変化なし
サドル先端 BB後退幅 55mm 55mm これも変化なし
サドル先端 ハンドルバー先端 570mm 520mm 540mm ステムを短くした効果
サドル先端 STI根元 705mm 645mm 635mm ステム・ハンドル両方の効果でかなり接近
地面 サドル上端 970mm 965mm これは変化なし
地面 ハンドルバー上端 885mm 874mm 905mm ステム短縮で少し低くなりました
サドル上端 ハンドルバー上端 85mm 96mm 60mm ハンドル格差は拡大

当然,あちこちコンパクトになりましたが,STIまでの距離(サドル先端~STI根元)は劇的に,約7cmも近くなりました。

しかし,ステムが短くなったことでハンドルバーの高さも低くなり,シートとの落差(いわゆるハンドル落差)は少し大きくなってしまいました(残念)。

一連のコンパクト化作業をもって,我がLGS RHC号は,LGS RHC mark III号として生まれ変わりました(^^)

写真が遠すぎてわかりにくいですが,右が生まれ変わった,LGS RHC mark III号です。

写真が遠すぎてわかりにくいですが,右が生まれ変わった,LGS RHC mark III号です。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

さて,実際に公道を走ってみると,全般的にとてもいい感じです。

mark II号の時は,ハンドルバーが『キャプテン翼』のゴールポスト並みに遠く,かなりしんどい前傾姿勢を強いられていました。

一方,mark III号ではハンドル落差が1cmほど拡大しましたが,ハンドルバーが7cmも近づいたので,やはり楽です(^^)

また,ハンドル幅も1cm縮まって420mmになりましたから,これまたいい感じ。

新しくなったLGS RHC mark III号で湘南平も登ってみましたが,LOOK595号で上るのと,少なくともジオメトリ的には違和感は感じませんでした(595号と同様にタイムも遅かったです)

ステムが短すぎて,サイコンやライトを置くことができません。

ステムが短すぎて,サイコンやライトを置くことができません。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ただ,ステムが極端に短くなった(110mm→60mm)ことによって,若干,違和感があるのは否めません。

  • ハンドル操作が多少シビアになったかも (言われてみれば・・・,というレベル)
  • 歩行時にステムをつかめない (ハンドルバー or サドルを持ちます)
  • ステムにサイコンを置けない (ハンドルバーに置いてます)
  • ステムにラップ表を貼れない (RHC号で富士ヒルは出ないので無問題)

ハンドル操作の反応については,思っていたほど激しい変化ではありませんが,ダウンヒル時に「おや?敏感だな」と思うことがありました。

一番感じているのは,歩行時にステムをつかめないことですね(^^;

つ,つかめない!(笑) つまんでいる感じです。

つ,つかめない!(笑) つまんでいる感じです。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

幸い,LGS RHC mark III号のステアリング安定性はいいので,玄人っぽく(?)サドルをつかんで歩くことで解消です。

「巨大なフレームに極小なステム・ハンドルバー」という,「半ライス大盛り」みたいな変な組み合わせではありますが,とりあえずは,気持ちよく乗れるようになりました。

普段はローラー台専用車ですが,次男坊と一緒の時は,595号ではなくてRHC mark III号で行くようにしています。

さらに長男も一緒のときは,RHC mark III号のサドルを下げて長男に乗らせ,男3人,ロードバイクでサイクリングロードを走っています。

手前がRHC mark III号に初めて乗る長男(奥は次男坊)。ハンドルが近くなったので楽々乗れていました(^^)

手前がRHC mark III号に初めて乗る長男(奥は次男坊)。ハンドルが近くなったので楽々乗れていました(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

左から,RHC mark III(長男),LOOK595(おいら),PRIMAVERA(次男坊)。ようやく,3人で走れるようになりました。

左から,RHC mark III(長男),LOOK595(おいら),PRIMAVERA(次男坊)。ようやく,3人で走れるようになりました。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

1回はLGS RHC markIII号でヤビツも行ってみようかなぁ。

意外と速かったりして!?(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

もともとのお値段も格安です(^^)

[メーカーサイト]

定価はそこそこします

コメント

  1. 名前:吉尾エイチ 投稿日:2016/05/04(水) 14:27:16 ID:75ca9aca9 返信

    Shiroさん、こんにちは!
    「半ライス大盛り」が刺さってしまいました(^^)いつも楽しませていただいてます!
    ワタシも小柄なくせに、値段だけでLサイズフレームを買ってしまい…ステム詰め。かなりフラつくようになってしまい困りました。違和感が少ないShiroさんは乗り方がウマイのですよ、きっと!

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/05/04(水) 23:46:39 ID:4af2348d9 返信

      コメントありがとうございます~!
      半ライス大盛り,自分でも笑ってしまいました(あほ?)

      エイチさんもLサイズフレームなんですね。
      最初のフレームサイズ選択ミスをするとどうにも,尾を引きますね・・・。

      おいらの場合,ショップで購入した際,「Mサイズですよ。Lは大きいよ」と言われたのに,それでもLにしました。
      「でかい=格好いい」という一方的な思い込みでして,その結果,60mmステムじゃ格好どころじゃないですよねぇ(笑)

      幸か不幸か,RHC号はフォークがいまどき珍しく,前方にベンドしていてそのせいか,直進安定性がいいんです。
      LOOK号より手放しが楽です(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です