LGS RHC号1周年記念(前編)

LGS RHC号で初めて出かけたのは境川CR。怖くて公道?は走れませんでした・・・。
LGS RHC号で初めて出かけたのは境川CR。怖くて公道?は走れませんでした・・・。
Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

今月の末でLGS RHC号でロードデビューしてから,ちょうど1年になります。

当時はLGS SIX号での鎌倉散歩がメインでしたが,どうしても,もっともっと遠くまで行きたい気持ちが抑えきれず,「やっぱりロードだ!」ということで,とっても無理をしてLGS RHC号を購入したのでした。

それから1年,鎌倉はおろか城ヶ島大観山,果ては富士山1周までこなすようになりました。そんなLGS RHC号の感想についてまとめてみました。




最初の数週間

LGS RHC号に乗る前,ロードバイクの経験はゼロ。なので,近所のプロショップMARSHさんに注文して1週間後に届いたLGS RHC号に,はやる気持ちを抑えながら乗った「ロード初体験」は,ひどいものでした。

操縦できない
これは,ほぼドロップハンドルのせいです。誰でも簡単に運転できるMTB(LGS SIX)のようにはいかず,握る場所は分からないし,ブレーキレバーはやるか彼方(オーバー?)にあり,ノーブレーキで突っ走ってしまいます。そんなこんなで,家の周りをノロノロ徐行するのが精一杯でした。

堅い

一方,これはサドル・フレーム・タイヤ,すべてが犯人です。これらがカチカチに堅かったのです。それまでは,LGS SIX号ですから,ほぼ直立の姿勢でシートに座っていましたが,太いタイヤ・フロントサス・シートポストサス・柔らかシートのフワフワ4点セットのおかげで,どんなに走っても尻が痛くなることはありませんでした。それが,LGS RHC号になったら,細いカチカチタイヤ・カチカチフォーク・カチカチシート・カチカチフレーム,とすべてが逆のカチカチセットであり,その反動がすべて尻に集中してすぐに走れなくなっていました。(本当に痛かったなぁ……。)

高い

とにかくシート位置が高かったです。現在のセッティングから見ると低いくらいなのですが,当時は竹馬かよ!と思えるくらい高く,乗車姿勢は相変わらずMTBスタイルですから,どうしたって尻に体重が集中して痛くなります。とにかく,ほんの少し走っただけで尻が痛くて涙が出ていました。

と,こんな惨憺たるありさまで,買って1週間後には「失敗だ…。早いところオークションで売った方がいいかもしれない」と思うようになり,続いて,ツールドフランスなどの選手達のことを「こんな乗り心地の悪い乗物に乗っていること自体がすごい…」と変に尊敬していました。

夜遅くなるまで,「乗り方」の練習をしていました。小学生かいな・・・(笑)
夜遅くなるまで,「乗り方」の練習をしていました。小学生かいな・・・(笑)
Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

唯一,苦労しなかったのはペダルシステム。LGS SIX号でビンディングになれていたせいで,ロードバイクの高いハードルの一つである「ビンディング」は早々にクリアできていました。これも初挑戦だったら,たぶん,断念していたなぁ……。

でも,尻の痛みはおよそ1ヶ月位して,ウソのようにに無くなりました。原因は,高すぎたシート位置とフォームの悪さ。シートポストを常識的な高さ(股下×0.893)にして,きちんと骨盤を立てて尻への荷重を減らしたところ,痛みは完全に消えました。それから冬になるまで走りまくりましたが,なんと「パッド」や「レーパン」は使わず,ずっと普通の短パンで乗っていました。それでも痛くないんだから,ずいぶん進歩したものです
(^^)

というところで,LGS RHC号購入1周年(というか,ロードデビュー1周年)記念の前編はおしまい。明日は,LGS RHC号の気に入っている点・イマイチな点を紹介しましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



08モデルは105仕様でうらやましい…

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2008/04/16(水) 00:05:51 ID:d3da624c7 返信

    >ピラータさん

    いつかはカーボンフレームに乗ってみたいな,という気もしながら,
    このLGS RHCのアルミフレームにいつまでも乗っていたいな,という気持ちもあります。
    末永く大事にしてやりたいな・・・。

    車(自動車)は全然洗車しないくせに,
    ロードバイクは乗るたびに必ずせっせと拭いて室内保管。

    実用品(車)と愛車(LGS RHC)の差は大きいです。
    値段も実用性も圧倒的に車の方が上ですが,僕にとっては
    LGS RHCの方が大事だったりします(^^)

    そういえば,去年からの1年間の走行距離はLGS RHCの方が上だ(笑)

  2. 名前:ピラータ 投稿日:2008/04/15(火) 08:08:08 ID:c5f9f54f0 返信

    おはようございます。
    どんな自転車(ママちゃり)でも、一つの傷が、思いでに変わります。
    私のPITONは、実は、一度パイプが割れております。
    当時日本に住んでいた知人に直してもらいました。
    でもこのPITONも傷だらけですし、金属疲労で、お役ごめん!です。
    今は、だましだまし乗っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です