Shall we dance? (ダメダメヤビツでした)

濃霧の中,行ってきました。ダンスが下手なばっかりに・・・(涙)

濃霧の中,行ってきました。ダンスが下手なばっかりに・・・(涙)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

今まで極秘にしていましたが,実は先週の日曜日(7月3日)にヤビツ峠タイムトライアル(YTT)に行っておりました。

暑さを避けるため,早朝4時起床で出かけたのですが,今まで黙秘を貫いてきたくらいですから,そのタイムは・・・(涙)




今回のポカ

ヤビツTTに出かけるたび,本ブログ内の紹介記事へ小さなポカをやってしまいます

シューズのストラップを閉め忘れたり,サイコンをスタートし忘れたり,サイコンホルダーが脱落しそうになったり・・・。

今回も,とても小さいながら,忘れずにポカを一つだけやっておきました。

1時間25分って,富士ヒルのラップ表じゃん・・・(笑)

1時間25分って,富士ヒルのラップ表じゃん・・・(笑)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

いつもステムに目標タイムラップ表を貼って臨むのですが,よ~くみると,なんと富士ヒルクライムの時のラップ表です。

走り出すまで気が付かず,途中で「ありゃ?なんかおかしくね?」となって,ポカに気が付きました。

まぁ,Edge705のバーチャルトレーナーさんは健在だったので,前回の自己ベスト時の自分と競争しながら走りました。

というわけで,今回は,小さな小さなポカでした。

タイムトライアルの様子

いつものように,おおよその区間に分けて書いてみましょう。

毎回撮る必要は無いと思いますが,今日も名古木交差点からスタート!

毎回撮る必要は無いと思いますが,今日も名古木交差点からスタート!

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

序盤(スタート~デイリー山崎)

スタートこそ僅かにバーチャルトレーナーに遅れましたが,ほぼ同じタイムでラップを刻んでいきました。

が,デイリー山崎の信号で思いっきり「赤」で捕まってしまいました。

どうするか迷ったのですが,減速で消化できる距離・時間ではないので,信号で止まることにしました。

今まで11回YTTをやっていますが,実は信号で完全に停まるのは初めて。

タイム計測も止めたので,ロスタイムは発生しないし,短いながら休息できるので,「吉」になるかと思ったのですが,結果は「凶」でした。

TTをやった方なら分かると思いますが,一度止まってしまったら,以前のスピードに乗るまで,相当のタイムロスをします。

おまけに,完全に脚を止めて待つというのは,かえって動き出しが鈍くなります。ゆっくりながらも脚を回して,減速してやり過ごした方が有利です。

あ~,損したでござる。

蓑毛の激坂

デイリーヤマザキ信号で休憩(?)したはずなのですが,猛烈に脚が重い・・・。

激坂区間に入るとどんどんペースが落ちてしまい,禁断の「27T」を使うことに。

激坂区間だけで,バーチャルトレーナーに100mほどの差をつけられてしまいました。

がんばれ,おれ・・・。しかし,前方の天気が気になる。濃霧?

がんばれ,おれ・・・。しかし,前方の天気が気になる。濃霧?

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

丸坂~菜の花台~ゴール

ぜんぜんだめでした。

とにかく,脚の疲労が激しく,力が出せません。

いつもは,急斜面をシッティングで越え,その終わり付近からダンシングで加速,緩斜面区間を高速で走り抜き,そのまま次の急斜面に入る走り方をしていますのですが,まったくできませんでした。

急斜面で苦し紛れにダンシングをしたり蛇行したりしながら,「あぁ,坂が苦手な人って,こうなんだろうなぁ・・・」などと思いながらの約7kmでした(涙)

だんだん霧に包まれ始め,ウェアが重たくなってきます。いやだなぁ・・・。

だんだん霧に包まれ始め,ウェアが重たくなってきます。いやだなぁ・・・。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

ゴールが無限に遠くに思える。長ぇ~

ゴールが無限に遠くに思える。長ぇ~

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

ゴール!

不発のダンシングと,低速な緩斜面走行を繰り返しているうちにバーチャルトレーナーとの距離はどんどん開いていきます。

「いったい,どんなすばらしいヒルクライマーなんだ!」と感心してしまいましたが,それは,5月8日のおいらであり,平凡なサンデーライダーです。

今日は,自分がダメすぎたのでした。

そして,まだゴールまで500m以上も残しているタイミングで,「バーチャルトレーナーはゴールです♪」というメッセージがEdge705に表示され,万事休す。

すっかりモチベーションが低下し,ちんたらモードでゴールです・・・。

タイムは42分22秒。自己ベストの2分落ちです・・・。

タイムは42分22秒。自己ベストの2分落ちです・・・。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

【本日の走行データ】
 コース :名古木交差点→ヤビツ峠
 スタート:6時40分
 走行距離:11.84km
 走行時間:42分22秒
 最高速度:38.5km/h
 平均心拍:178bpm
 平均ケイデンス:70rpm

振り返ってみよう

今シーズンは3回連続で自己ベストを更新していただけに,2分以上も遅いタイムは本当に久しぶりです。

敗因を振り返ってみると,,,

緩斜面・急斜面のリズムを間違えた時は焦らず修正

いつもは,急斜面をシッティングで越え,その終わり付近からダンシングで加速,緩斜面区間を高速で走り抜き,そのまま次の急斜面に入る走り方をしています。

が,この日は,ダンシングがまったくダメでした。

急斜面を上っている途中で脚が限界になり,苦し紛れにダンシングを発動しますが,急斜面途中でダンシングをしても加速はできません。

やっとこ急斜面を上りきったときには,速度は10km/hまで低下していて,さらにダンシングで疲労しているために,続く緩斜面も高速で走ることができません。

おいらの場合,ダンシングには以下の3種類があります。

攻めるダンシング
急斜面が終わる直前に,その後の区間を高速で走りきるために行うダンシングです。タイム短縮をねらっているので,攻めるダンシングです。
リラックス用のダンシング
長い距離,特に富士ヒルクライムのように長くなると,同じ姿勢で走っているとケツが痛くなったり,体のあちこちが堅くなってきます。そこで,リラックスするため,特になんの脈絡もなくギアを重くして立ち上がる,リラックスのダンシングです。
苦し紛れのダンシング
普段ならシッティングで上れる坂が上れなく,やむを得ず,急坂の途中で立ち上がるダンシング。発動した割には速度が出ず,体力だけが消耗していきます。

今回は,3つめの「苦し紛れのダンシング」を多用することになりました。

頭の中では,Edge705のプロファイル画面とも相談しながら,「あそこの(坂が終わる)ガードレールのところからダンシングして加速する」というように目標を決めているのですが,その前に疲労に我慢できず,立ち上がってしまうという状態でした。

普段は1回のダンシングを8~10秒程度に納めるようにしているのですが,坂の途中でやってしまうと,かなり長時間にわたってやり続けることになり,乳酸を大量生産することにもなります。

また,苦し紛れのダンシングばっかりやっているから,ずっとケイデンスは低いままでした。

6km以降,ずっとラップタイムは遅くなる。また,スタートからずっとケイデンスが低い・・・。

6km以降,ずっとラップタイムは遅くなる。また,スタートからずっとケイデンスが低い・・・。

こんな時は,タイムをロスしてもいいから,いつもの攻めのダンシングが発動できるように,急坂を我慢で上りきるしかないかと思います。

分かってはいるんだけど,なかなかペースを取り戻せないのよねぇ・・・。

簡単なようで難しいダンシング。ダンス教室でも通うか!?

「追っ手」さえいてくれれば(笑)

前回の自己ベスト更新時(40分20秒)には,かなり,速い人が後ろからずっと追いかけてきていました。

どんなにがんばっても,ミラーから消えることが無く,最後のほうではマジ全力でスパートになりました。

これが前回の走行データ。心拍も速度も,最後の追い上げがスゴイ。

↑これが前回の走行データ。心拍も速度も,最後の追い上げがスゴイ。

↑で,今回。明らかに,後半にやる気が失せているのが分かります。あ~,後ろからコンタドールが追ってきたら,もうちょっとがんばったんだけどな~(笑)

で,今回。明らかに,後半にやる気が失せているのが分かります。
あ~,後ろからコンタドールが追ってきたら,もうちょっとがんばったんだけどな~(笑)

今回は,そのような速~い人はおらず,バーチャルトレーナーとの勝負でしたが,やっぱり,実物には勝てませんね。

コンタドールでも追って来てくれれば,もう少しタイム短縮できたんだけどなぁ(笑)

もうそろそろ暑さの限界かなぁ

この日は,朝7時前からアタックを始めたのですが,正直言って暑かったです。

もちろん,半袖ジャージだし,アームカバーもつけていなかったのですが,それでも滝のように汗が流れました。

天気は良くなかったのですが,中腹以上で現れた濃霧もウェアを重くして,気持ち悪さが倍増しました。

ヤビツでは濃霧に見舞われることが多いです。DHは気をつけましょう。

ヤビツでは濃霧に見舞われることが多いです。DHは気をつけましょう。

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

熱中症の心配もありますし,そろそろ,真夏前のヤビツTTはおしまいかなぁ。

40分切りは秋以降になりそうです・・・(くそ~)

でも,霧に包まれる深山風の景色が楽しめたので許す(^^)

でも,霧に包まれる深山風の景色が楽しめたので許す(^^)

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/12(火) 00:01:39 ID:14ff1033d 返信

    >くじらさん

    ヤビツは距離は11kmちょい,標高差も600mくらいなので,
    そんなに大きな峠ではないです。

    今まで越えた峠では,大観山などは0m(湯河原)→1000m(箱根)
    でしたから,それにくらべれば,小さい小さい(^^)

    朝ポタの方は,もう,早く寝るしかないですね。
    最近では,12時に寝ても5時におきられるようになりました(歳か?)が,
    以前は10時前に寝ていました。

    夏の早朝は本当~に気持ちいいですよ~!

  2. 名前:くじら 投稿日:2011/07/11(月) 10:03:52 ID:c89e023cb 返信

    ヤビツ。一回バイクでいったことあるけど
    もう覚えてないですなー。
    自転車で登れるもんなのか???
    と頭の中ではハテナがいっぱい。
    あとそもそも早起きが無理。
    なんども朝ぽだだーと思って早起きを
    試みるも、起きれば7時すぎ。
    うーん、ダメダメです。
    早く起きるコツあります?
    平日休みになってからまだ身体が
    慣れてないこともありますが、7時すぎ
    とかになると通勤ラッシュで交通量が
    すごいのでマジで4時とか5時にいくしか
    ないかと。
    いつか起きれたら江ノ島までいってみる予定です。笑

  3. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/11(月) 00:28:13 ID:1d64c852d 返信

    >かずさん

    おっ,かずさんも源氏山TT参戦ですね!

    序盤はそんなにきつくないのですが,
    S字を上りきった後に,2回,8%程度の急坂が待っています。
    アウターなんて無理ですよぉ~(おいらは,いつも最初からインナー)

    今朝は,下のコンビニの信号から頂上まで,
    自己ベスト更新の2分34秒でした(^^)v

    で,この暑い最中にパンクですか!
    暑くても寒くてもめいりますが,
    手袋無いと結構きついですよね・・・。

    そういや,おいらも最近軍手持ってないな。
    油断してはいけませんね。来週からちゃんと持って行こうっと。

  4. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/11(月) 00:24:25 ID:1d64c852d 返信

    >Popuさん

    やっぱり,暑いですよね,もう。

    こうなると,Popuさんもおっしゃるように,
    のんびり上るのが楽しそうですね。

    そういえば,初めてヤビツに裏から上ったときは,
    新緑がキレイで感動したっけ・・・。
    深い林が気持ちいいですもんね。

    そういう季節ですね。
    海に山にのんびり走りましょう(できれば遠くまで)

  5. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/11(月) 00:18:32 ID:1d64c852d 返信

    >keteruさん

    もう,がんばりまくる季節ではないですね。
    5月の自分と競争しても勝ち目なさそうです(笑)

    やはり,7月は湘南海岸で超ロング望遠レンズで水着ギャル(死語)を・・・。

    って,望遠レンズ持ってないっす(笑)

    ツマの漫画趣味は池田理代子先生などに偏っているので,
    コテコテの少女マンガです。しかも,往年の。

    おいらは,また今月も女流作家ばかりです。
    角田光代と三浦しをんだ。

  6. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/11(月) 00:11:49 ID:1d64c852d 返信

    >Noguさん

    こんばんは~

    やっぱり,FHCで「プチ燃え尽き」ですかねぇ。

    なんか,こう,「意気込み」みたいなものが足りないですね。
    いつもなら多少つらくてもがんばれるところで,すぐに27Tに・・・(笑)

    ま,夏場はロングで鍛えましょう。
    やっぱり,7月中に富士山一周しましょうかね?
    となると,Noguさんお休みの木・金がいいかな?

    また,秋に向けてがんばろう!
    富士エコ自称5位(?)のucchannの言葉を信じて。

  7. 名前:かず 投稿日:2011/07/10(日) 19:30:09 ID:ada23d7ca 返信

    お疲れさまでした。
    調子悪い日もありますよね。

    今日、この前教えていただいた場所に行ってきました。
    肝心なところでiPhoneの電波が入らず、地図が確認できなくて時間がかかってしまいました。
    あの坂、キツイですね。久しぶりにフロントをインナーに入れてしまいました。
    きっとあれくらいアウターで普通に登れないと、ヤビツなんて登れないんでしょうね。
    もっと精進します。

    最悪なことに、今日初めて外でパンクしました…orz
    おまけに、今日に限って軍手忘れるし…。
    手を油で真っ黒にしながら、なんとかチューブ交換して帰宅できました。
    パンクは心が折れますね…。

  8. 名前:Popu 投稿日:2011/07/10(日) 13:53:35 ID:3e409a510 返信

    昨日朝4時起床で私も行って来ましたよ。
    気温は25℃程度でしたがT.T.には暑かった。汗が滴ってトップチューブに、そしてメガネにも流れる位。自分に甘い私は菜の花台手前でペースを緩めるとあら不思議。ヤビツの林に囲まれたコースがなんとまあ気持ちよいこと(笑) 今日も4時起きで、こんどはまったりご近所さんと真鶴岬まで行って来ました。これからの季節はこんな乗り方が良いんですかね~!

  9. 名前:keteru 投稿日:2011/07/09(土) 23:53:21 ID:4de245552 返信

     今回は、Shiro3号さんが走ったことにすればいいんですよ。 FHCとYTTのタイムアップはShiro1号さんに任せて、のんびり走ればいいんです。  Shiro2号さんはカメラを構えて水着の女性の偽乳のチェックをしているんですよ。   頭が膿んでる・・・・・・。

     漫画家の和田慎二先生が亡くなったそうです。 「スケバン刑事」とか「ピグマリオン」とか「超少女明日香」とか、奥さんに聞くと分かるかもしれません。

  10. 名前:Nogu 投稿日:2011/07/09(土) 22:37:58 ID:999008638 返信

    YTTお疲れ様でした。
    タイムの絶対値は違いますが、落ち込んだ感じは似ていると思いました。
    FHCが終わってから登坂力の速度が落ちていますよ。
    真夏はロングで鍛えて秋にまたチャレンジしましょう。
    ucchann君の情報だと春のヤビツの方が風向きの関係でタイムが伸びるらしいです。
    でも、乗り込んだ秋の方がホビーサイクリストには効果があるのかも。
    昨年の秋の延び代を期待して頑張りましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です