なんちゅ~終わり方・・・。宮部みゆき『ペテロの葬列』

ひ,ひどい・・・。あんまりだす(涙)

ひ,ひどい・・・。あんまりだす(涙)

Panasonic LUMIX GM1 + G VARIO 12-32mm F3.5-5.6

たった今,1週間ほどかけて,宮部みゆき『ペテロの葬列』読破。

ひ,ひどい。あまりにひどすぎる・・・。

だらだらと長いわりには,雑な謎解き。本筋と関係の無い枝葉の多さ。

そして,絶望的に後味の悪いエンディング。

まだ3月なのに,2014年のShiro家ワースト小説ランキングでブッチぎりの優勝候補です。

いったい,どうしたんだ,宮部みゆき~?

ネタバレだから具体的に書くのは控えますが,主人公のマスオさんが家族を守りながらも悪や謎と立ち向かうのに,仲間だったはずのアナゴくんが急に強盗を働き,海山商事はクビになり,サザエさんはノリスケとずっと不倫を重ねていた。

最後にナミヘイが出てきて「マスオよ,これでよかったんだ,がんばれよ」と上から目線で諭す。タラちゃんは「パパがいなくても大丈夫です~♪」。

めでたし,めでたし・・・,ってぜんぜんめでたくな~い!

『火車』『竜は眠る』『魔術はささやく』『レベル7』『クロスファイヤ』・・・,どれも夢中になって読んで本当に面白かった。

『英雄の書』『小暮写真館』『ソロモンの偽証』・・・,どんどんつまらなくなってきた。

そして,『ペテロの葬列』。

あぁ~,後味悪い!!!寝れん!ぷすぷすぷす・・・。

続きは,月間読書報告で。珍しくご立腹中です(--#)(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です