[ケチケチDIY] 怠けものの掃除機ヘッドローラー修理

フォトポタ日記では珍しく(?)超適当な写真。あんまり一生懸命撮る気にならない被写体なので・・・(笑)

フォトポタ日記では珍しく(?)超適当な写真。あんまり一生懸命撮る気にならない被写体なので・・・(笑)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

2日連続で申し訳ないですが,またもケチケチ家電修理ネタ(雪のでぜんぜん自転車乗れてないので・・・)

半年くらい前から,我が家の掃除機のヘッドのローラーが回転しなくなってきました。

ホースを曲げると止まったり,パイプを強く抑えると回ったり,どうも,接触不良のような気配が・・・。




回らないヘッドローラー

今回の修理対象は,掃除機のヘッド(吸い込み口)の中で回っているローラー。

絨毯や畳などを掃除するとき,ローラーでゴミをたたき出して吸い込むための仕組みですが,はっきり言って,この世の中で,回らないローラーほど役に立たないものはありません。会社に行かないで,家でゴロゴロしているオヤジ並です。

ゴミを吸い込むヘッド部にあって,大部分の場所を占有しつつ回転しないローラー。

せっかく吸い込みかけた髪の毛などのゴミを,ご自慢のブラシに絡ませてしまい,まったく吸い込ませてくれないローラー。

数年前には,プーリーの部分が故障して回らなくなったこともある,ローラー野労。

数年前には,プーリーの部分が故障して回らなくなったこともある,ローラー野労。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

このままでは,掃除機ごと粗大ゴミになって,より巨大なゴミ清掃車に吸い込まれてしまう恐れが出てきました。

これはなんとかせねば!

原因判明 → 断線しておりました

最初は,「ホースの連結部分の接触不良」を疑っていました。

金属のコネクタが2対あるのですが,こいつらをペンチで微妙に変形させると,急に回りだしたりすることがあったからです。

しかし,そこに規則性が見つけられず,結局は,回ったり・回らなかったり,という状況でした。

こんな原始的な試行錯誤では原因を突き止められなさそうなので,やむを得ず,パイプ部分を分解することにしました。

最近の家電製品共通の傾向ですが,この掃除パイプも「後から分解することは一切考慮していない構造」になっています。

パイプ本体と,伸縮機構&電源線を収めるカバーの2ピース構造なのですが,両者は接着で固定されていて,容易に分解することができません。

そこで,伝家の宝刀,マイナスドライバー様のチカラを借りて,強引に,無理やりに,バッキバキに,越前ガニでも食べるがごとく引き剥がしてみました。

バキバキに壊され,テスターで導通をチェックされるパイプ。てこずらせおって・・・。

バキバキに壊され,テスターで導通をチェックされるパイプ。てこずらせおって・・・。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

ヘッド部のモーターに電力を供給しているのは,普通のリード線かと思いきや,パイプの伸縮にあわせて折りたたまれる,フラットケーブルのようなものでした。

そのケーブルを良く調べてみると,一部に,黒ずんでいる場所を発見。

こんな,薄っぺらいフラットな電線で接続されていました。

こんな,薄っぺらいフラットな電線で接続されていました。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

あっ,やっぱり。金属が疲労で折れていました。

あっ,やっぱり。金属が疲労で折れていました。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

さらに指でつついてみると,内部の金属が断線していることが分かりました。

長年(といっても5年くらい?)の使用で,無数に伸縮してきたパイプの内側で,電源線(フラットケーブル)が断線していたのです。

ケチく修理完了!

今回の修理も超ケチケチ。

断線したフラットケーブルは,専用の特殊品。

新品を購入して直すことは無理そうなので,切れた部分をハンダで再接続することにしました。

といっても,コテで熱してハンダ付けしただけ。5分で修理完了です(^^)

折れた部分にハンダを乗せて修理完了。

折れた部分にハンダを乗せて修理完了。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ビニールテープで絶縁。

ビニールテープで絶縁。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

いつもの熱収縮チューブを通すことができなかったので,普通に絶縁ビニールテープで養生しておきました。

これで,あと50年くらいは大丈夫でしょう。

ためしに電源を入れてみると,今までのはなんだったんだ?というくらい,高速に,しかも,確実にローラーが回転してくれました。

さっきまで寝転んでいたオヤジが,妻に怒られて,急に稼動し始めたがごとくです(笑)

修理前は,間欠的に回ったり・止まったりで回転速度も出ない状況でしたが,内部ではバチバチと火花を出していたんでしょう。危ないところでした。

残る問題は,バランバランに分解してしまったカバー部分の戻しですが,もう,面倒くさいのでおいらも接着剤で貼り付けちゃいました。

プラスチック用瞬間接着剤を流し込んで,クランプバーでガッチリと押さえ込んで30分ほど。

分解も雑だけど,組立ても雑(笑) クランプさんがんばって!

分解も雑だけど,組立ても雑(笑) クランプさんがんばって!

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

十分な強度に達したことを確認して,押入れに収納してミッションコンプリートです(^^)

今回のしょぼい修理作業をまとめると・・・。

項目 内容
症状 ヘッド部のローラーが回転しない
原因 パイプ内に収められた,電源供給用フラットケーブルの断線
対応 パイプを強引に分解し,フラットケーブル断線部分をハンダで再接続
費用 ほぼ0円
(テープ代?)
時間 約60分
(大部分はパイプの分解に費やす)
効果 プライスレス新品購入の3万円分くらい

浮いたお金で,Edge810Jをポンっと買ってほしいところなんだけど,そのお金はどこかに吸い込まれていってしまうのでした。掃除機だけに(笑)

それではまた~(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2014/02/16(日) 22:21:46 ID:82ad2851a 返信

    >_toshiさん

    そうなんです。

    壊れるのは工業製品だからしょうがないですよね。
    逆に,必要以上に強度を持たせるのは無駄なコスト増につながりますし。

    なので,できれば,「壊れても簡単に修理できる構造」にしてほしいですねぇ。
    接着剤でフタがしてあるなんて,もう,論外です。あけられないですもん(笑)

    人間のように,自復能力があれば最高なんですけど(^^)

  2. 名前:Shiro 投稿日:2014/02/16(日) 22:17:39 ID:82ad2851a 返信

    >ナナホシさん

    そう,せっかく節約したお小遣いも,あっさりとどこかに吸い込まれていってしまうんですよねぇ(笑)

    家電も5年経つと怪しくなってきますよね・・・。

    おいらは家電には良く手を出すのですが,さすがにカメラは怖くてまったく手を出せません。
    少しでも不調だと,すぐにサービスセンターで修理をお願いしちゃいます。

    家電修理のときは,どこかに「俺のじゃないし♪」という気楽さが漂っています。
    カメラはわが命ですから(笑)

  3. 名前:_toshi 投稿日:2014/02/13(木) 08:45:02 ID:63e55ce09 返信

    Shiroさん:

    今回も良い仕事をしたでしょう。

    パチパチパチ!

    工業製品だから必ず耐久テストをおこなうと思いますけど、その基準を下げているのか、ある時期を迎えると急に壊れますね。

    自動車でも同じなのですけど、メーカーが想定する使われ方と、ユーザーの実際の使い方がマッチしないとダメなんですね。

    メーカー側もいろいろと研究をしてはいますけど、不特定多数の使い方を全て考慮するのには無理が有るようですね。

    機械だから壊れるのはある程度仕方が無いとして、壊れたショートパーツの販売と、その部品を交換するために最低限の分解ができるようにだけはしておいて欲しいものですよね。

    人間ってすごいよなぁ。
    雪かきで使われて悲鳴を上げていた普段は使わない筋肉でも1-2日で自然治癒するんだもんなぁ・・・

  4. 名前:ナナホシ 投稿日:2014/02/13(木) 05:58:52 ID:e1b9b1b8d 返信

    Shiroさん こんにちは。
    キレイにオチましたね。掃除機だけに・・・
    ( ̄∀ ̄*)

    いやいや、昔の家電って丈夫でしたけど、
    本当に最近の家電って5年サイクル位で
    きちんと故障しますね。
    うちのデジイチちゃんですら電源基板
    の故障で修理中という始末。
    Shiro工房に送れば安くついたのかしら・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です