[つぶやき]左コーナー専用サドル (発見場所:藤沢)

真っ直ぐ乗るのはかなり難しいと思うのですが・・・。

真っ直ぐ乗るのはかなり難しいと思うのですが・・・。

SONY NEX-5N + E18-55mm

こちらでも紹介したのですが,一般車が停まる駐輪場を見ていると,実にいろんなタイプのサドルを見ることができます。

これは,左カーブ専用サドルのようです。

いや違うかも。リーンインで曲がった場合,右カーブのほうがサドルの水平を保てて便利かもしれません。

いずれにせよ,オーナーさんはかなりのテクニックの持ち主と見ました(^^)

こちらも,なかなか趣があるサドルです。

こちらも,なかなか趣があるサドルです。

au Infobar A01

こちらもまた,趣(おもむき)があるサドル。

アフリカ大陸を南北に走る,Wikipediaへ大地溝帯(だいちこうたい)という地球の割れ目を思い出させます。

サドル内部から湧き上がるマントルが盛り上がり,左右のプレートに別れ,真ん中には巨大な谷が形成される。

これを,梱包用テープで補修してしまう,ダイナミックさ・アバウトさが素敵です。

おまけ

一般の方々とスポーツバイク(特にロード)をやる方々では自転車に対する認識がかなり異なりますが,「サドル」に関しては特に顕著な気がします。

ロード乗りでは1万円を越えるサドルは普通ですし,気に入らなければ何回でも交換して理想のサドルを探す旅に出てしまうことも。

一般車では,「とりあえず付いていればいい」程度の扱いのようですし,我がツマに至っては「自転車についている椅子」と呼んでいます。

サドルを変えるだけで,結構,乗り心地変わるんだけどなぁ~(^^)

まぁ,自分もママチャリ乗っていたころは,表面が破れて水が入っていても,ビニール袋被せて普通に使っていたっけ(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/23(火) 01:01:39 ID:d44fe209c 返信

    >ランスさん

    おぉ,先行した別府選手を追いかけて,
    追いつく皆さんもすごい!(^^)

    おいらは,ヒルクライムが多いので,
    人についていく「トレイン」はほとんど経験なし。

    おいていかれたことは無数にあり(笑)

    ええなぁ~。

  2. 名前:ランス 投稿日:2012/10/22(月) 11:04:57 ID:6de7313a1 返信

    >shiroさん
    正確に言うと、たまたま乗ったトレインが信号待ちしてる最中に、横からするすると抜けたのが別府選手だったので、信号が変わった瞬間に全員本気踏みで別府選手にくっついていくという図式でしたw

    別府選手もジャージとバイクはレースそのままでしたので、しかもトレインの先頭の人とは気さくに話すわで、まさに「惚れてまうやろー!」な人でした(*^^*)

  3. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/22(月) 01:19:03 ID:38672756a 返信

    >ランすさん,_toshiさん

    おぉ,こんなサドルネタから,
    思わぬ方向に話が発展ですね(^^)

    _toshiさんも,すごい人に自転車を組んでもらったんですねぇ。
    ジャパンカップで優勝ですか~

    ランスさんも別府選手に引いてもらうとは,これまたすごい。
    45km/hを超える引きだと,もう,車ですね(笑)
    たまに神奈中バスに引かれることがありますが,その感覚かも。

    おいらも,一度だけ,R134江ノ島付近で別府選手(たぶん)を見たことがあります。
    一応,地元ですしね(^^)

  4. 名前:ランス 投稿日:2012/10/21(日) 23:24:59 ID:6cb333019 返信

    >toshiさん
    そうなんですよ~。ジャパンカップのリザルト見てびっくりしました。
    あのコースは周回数は違えど21日のレースと同じコースですので、やっぽり岩島さんは強いなぁと。
    かくいうオイラは21日のジャパンカップを見てきたんですが、もっとも印象深かったのはバッソの最後の追い込みでもなく、マキュアンがかなり気さくな人でもなく、会場から宇都宮駅までロードで下ってる最中に、なんとオリカグリーンエッジの別府選手にトレインを引いてもらったことでした(^^)
    ただし数キロという4短い区間でしたが、平地でフツーに45キロを超えるという鬼引きでした(^^;

  5. 名前:_toshi 投稿日:2012/10/21(日) 22:18:26 ID:c37ec06b1 返信

    ランスさん:

    なるほど、見た目からだけでは分からないので、使っている人の意見は貴重ですね。

    で、なるしまフレンド立川店の超合金こと岩島さんですが、昨日のJAPAN CUP オープンクラスで見事優勝でしたね、パチ、パチ、パチ。

    私のRFX8は超合金に組んでもらった物なんですよ♪

  6. 名前:ランス 投稿日:2012/10/21(日) 21:58:52 ID:6cb333019 返信

    >toshiさん
    なかなかよかですよ~。買ってから知ったんですがプロローグはなかにゲルが入っているらしく、お尻が痛くなりにくいそうです。
    まぁ使ってる本人が183cmの910kgとゆー重量級ですので、これくらいがちょうどいいかもと思ったりします(^^;

    ちなみになるしまフレンドの超合金こと岩島選手は、TTバイクにこれのTT用を装備してるそうです。

  7. 名前:_toshi 投稿日:2012/10/21(日) 09:30:17 ID:c37ec06b1 返信

    Shiroさん:

    私の場合、RFX8は、
    SELLE ITALIA XO GEL

    SELLE ITALIA MAX FLITE GEL FLOW

    で落ち着いています。

    ちなみにR2は標準が硬すぎたので、R3純正を使用中。

    ただ、これでBESTなのか?、もっと良い物が有るのか?は、現状では分かりません。

    ランスさん:

    変態(形状)サドル?の使い心地はいかがな物なのでしょうか?

  8. 名前:ランス 投稿日:2012/10/21(日) 03:31:27 ID:16976e59f 返信

    >shiroさん
    僕の場合は、

    マドン4.5(2012モデル)に付いてたボンドレガーの何か

    fizi:kのアリオネ

    某メーカの変態サドルw

    とゆー具合です。
    ちなみに形状は確かに変態だったりしますww
    http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/6415

  9. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/20(土) 23:56:09 ID:688b890db 返信

    >ランスさん

    やっぱり,右コーナーでしたか(^^)
    オートレースでもそうなっているのですか,へぇ~~

    おいらの,サドル探しの旅は,

    RHC号に付いてきたセライタリアの何か
     ↓
    サンマルコの「カイマノ」
     ↓
    セライタリアの「SLR」

    と,たった3つでベストにたどり着きました。
    SLRだと,100km走ってもケツが痛くなりません。

    まだ傷んでいませんが,次もSLRにするつもりです(たぶん)

    国内価格は目の玉飛び出る(2万以上?)ですが,
    Wiggleなら14kくらいでなんとかなるはずです。

    それでも一般車と比べると,
    目の玉飛び出るようなお値段ですが・・・(^^;

  10. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/20(土) 23:47:30 ID:688b890db 返信

    >_toshiさん

    一般車でサドルを交換するケースは,

    1. サドルが破れて水が貯まるようになった
    2. サドルが盗まれてしまった

    くらいでしょうか。

    2はしょうがないとして(笑),
    1は我慢して使い続けるパターンが多いですよね。

    おいらも,何年も破れサドルに乗っていましたもん(^^)

    今のおいらは,SLRがジャストフィット。
    100km走ってもケツが痛くならないので助かります~。

  11. 名前:ランス 投稿日:2012/10/20(土) 16:05:29 ID:3d8e56bc7 返信

    アレはやっぱり右コーナー用のサドルですよねぇ。オートレース用も完璧に左向きですし。
    でも使えるのは、競輪のバンクの逆回りの時くらいしか(゚o゚;

    >toshiさん
    我々ロード乗りに課せられたサドル探しの旅ですね?非ロード乗りの人からは「サドルなんてどれも一緒でしょ?」なんて一蹴されそうですが(^◇^;)

  12. 名前:_toshi 投稿日:2012/10/20(土) 14:50:17 ID:8a5fba827 返信

    Shiroさん:

    まさにその通りですね。

    普通のママチャリに乗っている人で、サドルを交換してみようと思う人はいないのでしょうね。

    それに引き換え我々は、自分のお尻に合う物を気が済むまで捜すんですよね・・・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です