Newサドル,Selle San Marco 「Caymano(カイマノ)」

おろ? ちょっと前下がりになっているか?

おろ? ちょっと前下がりになっているか?

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ずっと前から書こう,書こうと思いつつ1年もほったらかしにしていたネタがあります。

実は,昨年の4月にサドルを交換していたのです。

LGS RHC号購入1周年を記念して(?),標準装備のSelle ITALIAの「Initiale」から,Selle San Marcoの「Caymano(カイマノ)」に交換しました。おいらの人生で,最初のサドル交換であります。おそらく,Shiro一族でも初のロードバイクサドル交換でもあると思われます(^^)

でも,サドルを交換したのは確かに「1周年」というのもありますが,先代の(というか初代の)サドルが痛んできたから,というのが正直なところです。年間3000kmかそこらしか乗っていないし,体重だって50kgそこそことライト級なのですが,サドル後ろの部分の縁が剥げてきて,見た目が悪くなっていました。

これは標準装備の「Initiale」。無難なブラックです。

これは標準装備の「Initiale」。無難なブラックです。

RICOH Caplio GX100

たった1年で傷むとは,やっぱり安物はダメだなぁ」ということで,サドルを交換することにしたのですが,おいらが新しいサドル「カイマノ」を選んだ理由を,いつものように列挙してみると,こんな感じです。

  • 見た目がかっこいいから
  • 白だから

以上です(笑)

そう,列挙するまでもなく,たったこれだけの理由で「カイマノ」にしてしまいました。

「かっこいいから」というだけで買ってしまった,カイマノ。

「かっこいいから」というだけで買ってしまった,カイマノ。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

様々な雑誌記事を読んで,堅め・柔らかめ,深め・浅め,長め・短め,攻撃的・防衛的(?),などと言われても,なんせ,Shiro一族初のサドル交換ですから基準値が無く,機能面(≒座り心地)では判断がつきかねたのです。

で,おいらが自転車パーツを選ぶときの最大ファクターである(いいのか?),デザイン・見た目だけで決めることになりました。具体的には,RHC号と合わせたホワイトがベースでありながらも,センターのブラックとツートンになっていて,見た目にアクセント,立体感があります。

真っ白なサドルもいいのですが,なんせ自転車が真っ白ですから,あまりに白くなりすぎてしまい,雪山や濃霧を走る際には見失う危険性もあります(無いか・・・)。

真横から見ると,ほぼ真っ白です。

真横から見ると,ほぼ真っ白です。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

でも,上から見れば,ちゃんとツートンです♪

でも,上から見れば,ちゃんとツートンです♪

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

結局,自転車雑誌を読み解くのはあきらめ,会社帰りに寄ったY’s横浜で一目惚れしてしまい,その場でジャケ買い(?)してしまったのです。これ以外の候補では,同じく見た目が良かったFizi:kのアリオネなんかも良かったのですが,「長すぎる」というだけの理由で無情にも選外です。

家に帰ってからネットやでスペックを調べてみたのですが,重量も軽い(initiale:304g→カイマノ:192g)し,必要以上に柔らかくないなど,意外と評判が良かったので一安心。

おしりには「Caymano」のロゴが。

おしりには「Caymano」のロゴが。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

一部では,堅すぎる,攻撃的ダ,という評判もあるようですが,ポジション調節とレーパン着用,本ブログ内の紹介記事へ秘技ケツ浮かしの術により尻の痛みからはサヨウナラしていたので,そんなに気になりませんし,今のところ誰も攻撃する気配はありません。

ただ一点,ネーミングだけが1年たった今でも頭の奥に引っかかっています。

「カイマノ」という聞き慣れないネーミングは,南米にすむ「カイマンワニ」というワニから来ているそうなのですが,どう見てもふつうの,そこら辺にいる(いないか・・・)ワニです。なぜ,あえて「カイマン」ワニなのかが分からないのです。

雑誌記事なんかでは,さも当たり前のように「みなさんご存じのカイマンワニに似ているのが名前の由来でございま~す」みたいに書かれているのですが,カイマンワニなんて,この年になるまで一度も聞いたことがありませんでしたよ・・・。

いけない,(いつものことだけど)前書きが長くなりすぎました。肝心のレビュー(?)ですが,実際に装着して走ってみた感想は・・・,

前と違いが分からん

です。

これ以上どうしようもない感想ですが,別に手を抜いて書いているわけではなく,実感ではこんなもんなんです。コレしかないので,延々と前書きを書いていたのです(笑)

これだけではいくらなんでもひどいので,もうちょっと詳しく分析(?)すると,この「前と違いが分からん」には,4つのパターンがありそうです。

  1. 本当に先代のサドル(Initiale)と全く同じ特性を持ったサドルである。
  2. 実際には,ちょっと座り心地が悪いのだけど,せっかく買った新しいサドルだから贔屓目に見てしまう(心理学で言う「合理化」か?)
  3. 卓越したライディングテクニックを持っていて(おいらが),サドルの違いなんて全く気にしない。
  4. どうしようもないヘタレライダー(おいらが・・・)で,どんなヘボサドルも高級サドルも区別できない・・・

の,どれかだとは思うのですが,1年たった今思うのは,たぶん「1」+「3」ではないかと思います。形状を見ると,カイマンうんぬん言っている割にはInitialeと同じような格好だし,堅さも大して変わりません。また,尻の痛さは,スポーツバイクを始めて2年の厳しい修行を経た今,ほとんど感じなくなってきている(体重が軽いのが主要因と思うけど・・・)のも事実ですから,「サドル形状フリーな尻」になっているのかもしれません。

このサドルでいろいろな所へ行きました。これからもヨロシク (^^)

このサドルでいろいろな所へ行きました。これからもヨロシク (^^)

RICOH Caplio GX100

というわけ(?)で,無条件に他人に勧めるわけにはいかないのですが,雑誌やネット等で書かれているほど堅くはないし,名前の割には攻撃的でもないし,もちろん尻に噛みつくこともない,安全なサドルではないかと思います。

車体がホワイトでサドルも白くしたいんだけど,雪山で見失いたくないんだよなぁ,という人は選択肢の一つとして是非ご検討を~♪


■Selle San Marco 「Caymano(カイマノ)」のまとめ


コレに決めた理由
見た目だけで一目惚れ(^^)

気に入ったところ

言われているほど固くはないし,長時間乗っても特に尻が痛くなることはありませんでした。また,意外なほど軽量な点も◎です。そして,なにより,LGS RHC号のスタイルにマッチしていると思います♪

イマイチなところ

特にはありませんが,白いボディのため汚れが目立ちます。また,汚れを落とそうとしてパーツクリーナーをかけたら,「黒」の部分の塗装が剥げだして大変なことになりました。お掃除は中性洗剤でやるに限ります。

【追伸】
交換した理由が,先代のサドルが傷んだからだったのですが,つい先日,強風のポタで壁に立てかけて景色を夢中で撮っていたら,RHC号がぶっ倒れていました(涙) どうやら,壁にズリズリ擦りながらゆっくり倒れたようで,自転車本体は全くの無傷。しかし,擦り放題だったカイマノさんは縁がボロボロに・・・。

また1年でボロボロに・・・。

また1年でボロボロに・・・。

Nikon D70 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

また1年でサドルが傷んでしまいました(涙) 今度はアリオネかな?

【2009.2.28追記】
「まとめ」を載せ忘れていたので追記しました。特に,お掃除のためにパーツクリーナーを使うのだけはやめましょう。塗装が剥げてきます!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

見た目重視ですが,結構乗りやすいデス♪

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2009/02/26(木) 21:28:42 ID:b81694557 返信

    >あつろうさん

    初めまして。
    ようこそ,「フォトポタ日記」へ!!

    インフルエンザとは大変ですね・・・。
    まだまだ寒いですし,お体にお気を付けて。

    残念ながら,ポルシェは所有したことがないのですが(^^;),
    確かに,おしりの丸っこさや全体的ななめらかさが,
    うちのサドルに似ているかもです!

    それにしても,830万円ですか・・・。
    サドルが800個くらい買えてしまいます。
    いや,そう考えると意外と安いか?
    っていうか,サドルの方が機能の割に高すぎ??

    また,Knogのライトの方は,
    先日1LEDのおしりに付いている,小さなフックを紛失してしまい,
    装着することができなくなってしまいました。

    やむを得ず,タイラップで固定したのですが,
    もしご購入済みでしたら,あの,小さなフックを無くされないよう,
    ご注意を~!(^^)

  2. 名前:あつろう 投稿日:2009/02/26(木) 14:23:36 ID:bafc38d95 返信

    Shiroさん、はじめまして。あつろうと申します。

    インフルエンザ療養中にKnogライトのグーグル検索結果からたどり着きました。とても楽しいサイトで、さっきからずっとあちこち読ませていただいてます。

    「カイマノ」についてひとこと…(ご存じかもしれませんが)

    リアエンジンで有名なポルシェが初めて出したミッドシップエンジン車が「ポルシェ・ケイマン」です。こちらもケイマンワニからのネーミングだそうです。
    http://www.porsche.com/japan/jp/models/cayman/cayman-s/
    カイマノの写真とこの写真、同じ由来を持つもの同士だけあって似ていると思いません?(似てないか)

  3. 名前:Shiro 投稿日:2009/02/18(水) 22:29:48 ID:b8778aac6 返信

    >コウジさん

    こんばんは。

    そう,サドルはおいらも優先順位はかなり下でした。
    変えても速くなるわけでもないですし・・・。

    が,あらかた色々パーツを交換してきたので,
    今度は「見栄え」を求めるようになってきました(^^)
    で,カイマノにしてみたのでした。

    がボロボロに・・・。
    ま,もうしばらくは乗ってみようっと。

    >オニシメさん

    こんばんは~

    おぉ,ここにもアリオネラー(?)が!
    やっぱり売れ筋サドルなんですねぇ。

    でも,オニシメさんのヤツは,
    妙にカッコイイですね!!
    と,思ったら限定品なんですね。

    おいらのと比べると汚れも少なさそうですし・・・。

    でも,21,000円というお値段にはビックリです。
    我が家のダイニングで使っているイスが全部買えるかもです。
    う~む。

    >hiroadさん

    こんばんは~

    な,なんとワニマニアでしたか!
    クロコダイル,アリゲーターは,なんとなく聞いたことがありますが,
    ガアヒル,カイマンなんて初耳です。

    ガアヒルってのもスゴイネーミングですねぇ。
    なぜか,アフラックのCMを思い出してしまいました。
    がぁ~

  4. 名前:Shiro 投稿日:2009/02/18(水) 22:21:26 ID:b8778aac6 返信

    >KNZさん

    こんばんは~
    亀レスゴメンナサイ。

    アリオネ,乗っている人多いですよねぇ。
    見た目もカッコイイし,
    やっぱり,座り心地がいいんでしょうね。

    ロングライドで場所を選ばないというのはいいですね。
    カイマノもいいのですが,
    ロングライドでは飽きてくる(?)ときもあります。
    アリオネくらい長いと,好きな場所を選べるのですね。

    カイマノがもっとボロボロになったら,
    どこかで試乗してみま~す。

    >親方さん

    そうなんです。
    白はカッコイイのですが,汚れもスゴイです(困)

    よく見ると汚れ方が「まだら」になっているのですが,
    一回,パーツクリーナーを吹きかけて汚れを落としたときの跡です。

    ちょっと吹きかけたら,黒の部分の塗料が流れ出して大変なことに・・・。
    しかも,白の部分は白くなり過ぎちゃうし,えらいめにあいました。

    でも,親方さん情報に従い,
    よりきったなくなるまで乗り続け,
    (上手くもないのに)プロっぽく見せるのも手かも??

  5. 名前:hiroad 投稿日:2009/02/17(火) 22:21:21 ID:03e142623 返信

    ワニ類は大きく分けて4種類あり
    クロコダイル、アリゲーター、ガビアル、そしてカイマンがあるのですが
    このサドルの形状はむしろガビアルだと思います。
    しかし「ガビアル」というネーミングだと
    何か座り心地が悪そうなのでカイマンでもいいかなと。

  6. 名前:オニシメ 投稿日:2009/02/17(火) 22:06:38 ID:cc4cb5425 返信

    こんばんは、アリオネ乗りです。
    以前、小生のブログで紹介した記事をペタリ
    http://ameblo.jp/onisime/day-20080801.html

    カイマノと逆パターンの白黒ツートンです。

    自分も色が気に入って購入してしまいました。
    後悔はしていません。
    巷で評判の汎用性抜群で使う人を選ばない!
    という触れ込みですが、
    私のリアル自転車仲間4人中3人(私を含む)がアリオネ乗りなので、あながち嘘では無いと思います。

  7. 名前:コウジ 投稿日:2009/02/17(火) 20:14:47 ID:20b14b6fa 返信

    奇しくもサドルを交換したいなぁ(プライオリティは低いですが)と思ってるところです。

    それも白の…。

    これカコイイですね。

  8. 名前:親方 投稿日:2009/02/17(火) 20:08:18 ID:bbec12894 返信

    こんばんは

    『真横から見ると,ほぼ真っ白です』の写真と
    最後の写真の違い すごいですね。

     僕もShiroさんのまねをして、白いサドルにしましたが、結構汚れてきました。
     ふちの部分が破けると、いつの間にか破れた場所が広がっちゃうんですよね。
     でも レース仲間は、少しくらい汚れたり破けてもサドルには愛着があるのか、かなり使い込んでいますよ。
     プロのレーサーも結構 きったねーサドルですよ。 でもそれだけ乗っているってことですかね。 サドル選びは難しいですよね。

  9. 名前:KNZ 投稿日:2009/02/17(火) 11:09:06 ID:5c22fa430 返信

    お久しぶりです。KNZです。

    フィジークのアリオネを狙っておられるようなので、
    たまたま所有している私的感想をコメントさせて頂きます。
    アリオネの特徴は長さもありますが、
     1:とにかく平ら
     2:サドル後部でお尻が固定されない
    の2点が大きいと思います。
    このおかげでロングライドでは体勢を変えながら走れるという利点がありますが、
    慣れないとサドル上のお尻+腰が安定しないです。
    拝見したところご使用のサドルはお尻の位置が安定するタイプのようですので、
    アリオネをご購入前に某な○しまフレンド等で試乗させてもらうと良いと思います。

    以上駄感想ですが参考になれば幸いですw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です