CCCF2017,無事に生還しました!

レース終盤,燃え尽きる30秒前のおいら。

レース終盤,燃え尽きる30秒前のおいら。

SONY α7II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G

2月26日(日)に藤沢郊外で開催された,サイクルチャレンジカップ藤沢(CCCF)に参加し,無事に完走してきました!

練習不足と華麗加齢でパワーが出ず,のんびりサイクリングになってしまいましたが,とにかく,バイクも本人も無傷で帰ってくることができました。

また,いつもなら,無数のポカがつきものですが,これも,今回はほぼノーミスでした(^^)

というわけで,平和に終わったCCCF2017について,今回は自分のことについて,次回は大会の様子,の2回に分けて参戦報告です。



無事に完走!(^^)

公式記録はまだ見ていないのですが,おいら単体では12周回,52kmを無事に走り切りました。

過去に参加した耐久レース(CPF,CCCF)ではいろいろトラブルがありました。

大会名 落車 接触 チェーン脱落
CCCF 2014
CPF 2015 1回
CCCF 2015 1回 1回 1回
CPF 2016
CCCF 2017

特に,全壊前回の大会(CCCF2015)ではチェーン脱落・他選手接触・落車のロードレース3大トラブルを制覇して,ハットトリックを獲得していましたが,今回は走りに関してはノートラブルでした。

まぁ,トラブルに至らないほど,のんびりペースで走っていたのでは?という噂もありますが・・・(笑)

しかし,とにかく激疲れでした・・・!

CCCFは3時間の耐久レースで,Noguさんと2名チームでの参加なので,ひとりあたり1時間半程度を走ることになります。

走行時間は去年までのCCCFやCPF(サイクルパークフェスティバル)と同じなのですが,今回のCCCF2017では,かつてないくらい激しく疲労しまくりました(>_<)

後半のおいら。すでに燃え尽きている・・・。どこ見てんだ?

後半のおいら。すでに燃え尽きている・・・。どこ見てんだ?

SONY α7II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G

ノルマの3周(≒12km)を走り終えて選手交代するたびに,心拍も脚も限界,疲労困憊,生活困窮(違)の状態でした。

ヤビツ以外で,初めて,口の中が血の味がしました(>_<)

なぜ,こんなに激疲れしたのかを考えてみると,

  1. コース終盤の上り坂がキツイ
  2. レース全体がスピードアップしている
  3. まったく走り込んでいない

といった原因が考えられます。

昨年までは勾配10%のキツイけど短い上りがありましたが,今年は新たに勾配は緩い(5%くらい)けど長い上り坂が登場しました。

この中途半端な上り坂が,練習不足のカラダにはかなり堪え,一桁km/h近くまでスピードダウンしていました(涙)

また,次回の記事でも紹介しようかと思いますが,大会が回数を重ねることで,よりシリアスな,より速いレーサーたちが集まるようになった気がします。

35km/hくらいでヒ~コラ走っていると,横を45km/hの列車が通り過ぎていきます。

運よく列車に乗れる時もあるのですが,乗れたからといって労力がゼロになるわけではなく,速さに応じて体力は消耗します。

まぁ,どれもこれも,根本的には「走り込み不足」に尽きるとは思いますが・・・(^^;

なんせ,単身赴任が始まった2月のローラー台は,たったの3回ですから・・・(涙)

今年のポカはこじんまりと(^^)

冒頭に書いた通り,今回はこれといった大きなポカはなかったのですが,強いて言えば,小さなポカが2つありました。

グローブ紛失事件

Noguさんと選手交代し,お隣チームも含めて応援や写真撮影をしているうちに,自分の出番が迫ってきました。

カメラ操作のためにグローブを外していたのですが,そのグローブが見つかりません。

レースの規約ではヘルメット・グローブの着用が義務付けられているので,ジャージのポケットや荷物置き場などを焦って探したのですが,見つからず。

やむを得ず,早朝に家を出てきたときに着けていた,モンベルの真冬用の極厚グローブ(しかもWindStopper)を着けて選手交代。

それからの3周(約20分)は手が猛烈に暑くなり,シフトミス連発で大変でした。

ノルマの3周を走り終え(=手は汗だく),ピットでくつろごうとしたら,腹部に違和感が・・・。

なんと,本番用グローブを腹に入れて走っていたのでした。

CCCFでは背中にゼッケンを2枚も貼るのでポケットが使えなくなり,やむを得ず,レーパンの脇に突っ込んでいたようです(笑)

なんだか,メガネをおでこに載せたまま探し回る波平さんのようです。

一緒に探してくれた,Panpanさん,蜻蛉さん,すいませんでした~!

急速肉補充

レース後,極度の空腹状態になり,みんなでファミレスによって反省会と称して肉を食べました。

猛烈に肉が食べたくなったので,大きめのハンバーグを注文した直後,ツマからのメールを着信。

「今晩は,ハングリータイガーに行くよ♪」

昼,夜,連続で肉を急速補充(笑)

昼,夜,連続で肉を急速補充(笑)

とのこと。

どび~ん,また肉かいな・・・。

ここで一句(なぜ?)

気をつけろ 家に帰って晩御飯食べるまでがCCCF(校長先生風)

まぁ,この二つくらいが今回のポカですが,どちらも小粒ですね(^^)。

フォトポタ日記のご愛読者で,一番愛されているのがヒヤリハット,ポカネタとの調査結果があります(どこに?)

その期待を大きく裏切ってしまう結果になり,申し訳ない限りです m(_ _)m

つづく

紹介が前後してしまいましたが,去年の大会と比べ,今年は4つほど新兵器がありましたが,その効果は以下の通り。

秘密兵器の種類 CCCF2015 CCCF2017 秘密兵器の効果
パワーメーター なし ペダリングモニター 見ている余裕なし。やっぱり,ヒルクライム用だなぁ。
クランク FC-7950 FC-9000 皆無。交換していたことすら忘れていた・・・。
レーパン ボロボロCastelli 新品Rapha 地味になった
ヘルメット MOJITO(Mサイズ) MOJITO(Lサイズ) 重くなった
ペダモニとクランク以外は去年と同じ。でも,よく頑張ってくれました(^^)

ペダモニとクランク以外は去年と同じ。でも,よく頑張ってくれました(^^)

SONY α7II + Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA

まぁ,どれも見事に役に立ってないですねぇ・・・(涙)

特に,パワーモニター(ペダモニ)はあまりにきつい走りに,小さな画面を見る余裕すらありませんでした。

今回は,とりあえずの速報でしたが,次回は大会運営の様子を紹介しましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:slush 投稿日:2017/03/07(火) 15:33:43 ID:c35eccab7 返信

    shiroさん
    あの写真を取られた方はすごい!
    >後半のおいら。すでに燃え尽きている・・・。どこ見てんだ? 

    の写真です

     疲れてへとへとなshiroさんに ピントが合わせられられず 後ピンになっている!
     (ピントも合わないくらい透明化している 笑)

     いい腕していますね!

     お疲れ様でした!!
     

    • 名前:Shiro 投稿日:2017/03/07(火) 22:39:28 ID:80e236ad9 返信

      もう,どこ見て走っているんでしょうねぇ・・・?(笑)

      今回は,ミラーレスのα7しかもっていかなかったので,ピント合わせがべらぼうに遅いし,すぐにロストするんです。

      次回は,ちゃんと一眼レフを持って行って,キリッと,真下を向いて走るおいらを撮ってもらいたいところです(笑)

  2. 名前:yoshimotoya120 投稿日:2017/03/04(土) 00:55:55 ID:930748692 返信

    バックしてるように見える… すみません、思わず吹き出しました(^◇^;)

    何はともあれ無事完走、お疲れ様でした。
    最近は自転車がらみの事故が立て続けに起きてますから、お二方含め参加の皆さんが事故なく終えられたのが何よりだと思います。

    • 名前:Shiro 投稿日:2017/03/05(日) 23:34:30 ID:b3de847fa 返信

      後退動画,笑っちゃいますよね。
      ピストかなんかで参加しているのでしょうか(笑)

      最近,自転車レースでの事故が相次いで報道されていますよね(痛ましい結果になっていますし・・・)

      後編でも書きましたが,今回は序盤にちょいちょい落車がありました。
      狭い場所や鋭角コーナーもありますので,最低1回は試走させてもらえるといいんですけどねぇ・・・。
      アンケートに書いてみようっと(^^)

  3. 名前:_toshi 投稿日:2017/03/03(金) 08:43:41 ID:bdde2d489 返信

    Shiroさん(& Noguさん):

    まずはお疲れ様でした。

    続報を楽しみにしています。

    • 名前:Shiro 投稿日:2017/03/05(日) 23:32:29 ID:b3de847fa 返信

      ありがとうございます~

      もう,かつてないくらい,ヘトヘトになりました。
      いっそ,ヒルクライムのほうがよっぽど楽です。

      今思い返してみると,ヒルクライムはほぼ自分のペースで走ることができるのですが,平地レースだと,否が応でも他人に合わせないと走れないです。

      一人で走っていたのではお話にならないので,常に列車を組むことになります。
      適度な列車だといいのですが,高速列車が多くなってきていて,疲れますねぇ・・・。

      江ノ電レベルの電車を組んでくれると助かるのですが(^^;

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です