シルバーウィークにおススメ,「お絵かきしりとり」!

左上から,クマ→マリ→リンゴ→ゴリラ→ラッパ→パラシュート→トリ(?)→リス→スイカ→カネ→ネコ→コドモ。鳥のクオリティが・・・(笑)

左上から,クマ→マリ→リンゴ→ゴリラ→ラッパ→パラシュート→トリ(?)→リス→スイカ→カネ→ネコ→コドモ。鳥のクオリティが・・・(笑)

XPERIA Z3 Tablet Compact

家族で旅行やイベントに出かけて,長~い時間,待たされることってありますよね。

例えば,浦安にある,世界的に有名なネズミ遊園地にシルバーウィークのど真ん中に行ってしまったようなときです。

1時間や2時間待ちなんていう長い行列の中,どのようにして時間を過ごしていますか?

先日の記事(SNSホリック)とも少し関係があるのですが,話の中身は真逆で,「デジタルデバイスも使い方によっては楽しい♪」というお話です。

SNSホリックに気を付けましょう(^^)

おいらが愛する(最近,うるさいバカが多すぎて,「最愛」ではなくなってきた)スタバでの出来事。

賑やかな男女5人の若者(たぶん大学生)が入店してきて,「5人並んで座りたいんです」と店員に頼んだところから,世にも奇妙な物語が始まります・・・。

Shiro家も年に1回くらい,家族でネズミーランドに出かけるのですが,人気のアトラクションはやっぱり待ち時間が長く,1時間くらい待つこともあります(それ以上だと,おいらの左脚が耐えかねる)。

ここ数年の傾向ですが,周囲のお客さんは以下の3種類が圧倒的に多いようです。

  1. スマホでSNSをやっている人
  2. スマホでゲームをやっている人
  3. 二人だけの世界にドップリ浸かっているカップル

3については,まぁ,いいでしょう。

できれば家でやってもらいたいところですが,この際,見逃しましょう(笑)

オジサン的に気になるのは,やっぱり,1と2。

せっかく仲のいい人たち(ですよね?)で楽しいところに来たのに,その相手を見ることも話すことも無く,液晶画面の中の友人や仮想世界と対話しているようです。

それこそ,家でやればいいのにぇ・・・(^^;)



意外と楽しい! 「お絵かきしりとり」はどうでしょう?

Shiro家は,子供が小さいころは「指相撲」「しりとり」「絵本」あたりが,待ち時間つぶしの定番でした。

しかし,さすがに中高生になってくると,指相撲は恥ずかしいし,しりとりもどうしたものかと(絵本は?笑)

そこで,オススメなのが「お絵かきしりとり」

言葉ではなくて,絵でつなげていくのです。

相手が「リンゴ」の絵を描いてきたら,こちらは「ゴリラ」「ゴンザレス」の絵を描いて応えます。

こういう絵の押収を繰り返していき,紙面が一杯になったらおしまい。

う○こ→琴→トンボ→帽子→塩→音符→プール→ルビー。「プール」が素晴らしい。

う○こ→琴→トンボ→帽子→塩→音符→プール→ルビー。「プール」が素晴らしい。

XPERIA Z3 Tablet Compact

もちろん,相手が書いた絵を,次の人が正しく理解するとは限りません。

「ねこ」を書いたのに,次の人はそれを「いぬ」と解釈してしまい,悩みに悩んで「ヌクレオチド」などを書き始めるかもしれません(どんな絵だよ・・・)。

ヌクレオチド。普通に「ヌンチャク」とか思いつかないものか・・・?

普通に「ヌンチャク」とか思いつかないものか・・・?

XPERIA Z3 Tablet Compact

最後まで書き終わった後,「なんだ,猫だったのかよ!」と笑いあうのが楽しい遊びです。

勝ち負け? よくわかりません(笑)

ただ,次男坊が「プリン」を書いたことがあり,このときは,さらに大笑いでした。

紙の手帳でもタブレットでもいいのですが,誰が書いてもヘタになる,タブレットの方が面白い感じです。

練習中。どんなにがんばっても,うまく描けないところがいい(笑)

練習中。どんなにがんばっても,うまく描けないところがいい(笑)

XPERIA Z3 Tablet Compact

仲間といる時はなるべくデジタル機器を使わないようにしているのですが,こういう楽しい使い方もあるもんだ,と気が付きました。

ものは使いようですね。

特に小さいお子さんがいるご家庭では,一度お試しになってはどうでしょう?(^^)

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:ばしばし 投稿日:2015/09/22(火) 07:29:44 ID:ef23505f5 返信

     この手の遊びは私もよくやりました.私が小学生の頃はまだ電子携帯型のゲームが少なく,仲間と時間待ちの列に並んだときによくやったのが「長い長いゲーム」.同サイズの紙を,紐状に手で切れないように破くゲームでした.制限時間を決めて,誰が一番長い紐状にできたかを競う単純なものです.当然細くした方が長くできるのですが,切れ易くなり折角の成果が無になる可能性も高くなります.単純故,場面によっては盛り上がったものです.

     と,上で「携帯ゲーム」と記載したときに思い出したのがこれ.
    http://www.amazon.co.jp/lm/ROPWI67NA6F2P
    そういえば,これらでも楽しみました.当時400円程度だったと思いますが,なんかとんでもない金額が付いており吃驚です.

    • 名前:Shiro 投稿日:2015/09/22(火) 22:44:13 ID:4aefdec3a 返信

      こういう,単純な遊びって意外と楽しいんですよね(^^)
      紙を細長く切る,ってのも素晴らしいアイデアですね!

      どんなところでもできますね!
      しかも,リスキーなのが面白い!(^^)

      そういえば,中学校のころに将棋が流行ったのですが,
      学校では将棋盤持ち込み禁止になりました。
      そこで,なんと,紙の駒を作って遊んでいました。
      中には勝手に銀とか,目立ちにくい駒を増産している奴までいました(笑)

      また,amazonで紹介の奴ですが,昔やっていましたねぇ。懐かしいなぁ。
      あのシンプルなゲーム達,今は無いのかなぁ・・・!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です