おかわりです。POLARの『ソフトストラップ』をまた購入・・・(T_T)

去年とそっくりの写真ですが,新聞の日付を見てやってください。また,買ったんです・・・。

去年とそっくりの写真ですが,新聞の日付を見てやってください。また,買ったんです・・・。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

一年前(2015年)にも同じような写真を使っていたような気がしますが,よく見てください,新聞の日付が2016年です(わざわざこんな写真を・・・笑)

そう,一年前とまったく同じものをまた買ったのです。

そんなに沢山あってもなぁ・・。



まさかの,心拍センサー用ベルト断線v2

昨年,GARMIN純正の心拍センサー用ベルト『プレミアムハートレートセンサー』が断線したのを機に,POLAR社の『ソフトストラップ』Amazonで購入しました。

GARMIN「プレミアムハートレートセンサー」復活への道(後編)

GARMIN Edge810J付属のハートレートセンサー(通称,ダメセンサー)の断線問題については,前編にて詳しく紹介しました。

やらなくてもいいのに(?)わざわざ実証試験までやって,不具合原因が確かに「ベルト内部の断線」であることを確認しました。

後編は,問題の「断線ベルト」をよりお安く手に入れる方法について紹介しましょう(といっても,一瞬で終わるのですが・・・)

純正の半額以下の1980円というお安さが心配ではあったのですが,つい先日までは全く問題なく,純正のベルトと同様に使えていました。

そう,つい先日までは・・・。

こちらは,去年の『ソフトストラップ』購入時の写真です。

こちらは,去年の『ソフトストラップ』購入時の写真です。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

先週,世間を騒がしていた(?)595号RD自爆大破事故のあたりから,心拍をうまく拾ってくれなくなったのです。

595号は外を走れる状況ではなかった(RDハンガーの信頼度が低い)ので,連日,屋内でローラー台練習していたのですが,いつものと同じように装着しているのに,心拍が途切れがちになり,ついには全く拾ってくれなくなってしまいました。

ただちに,こちらで示した秘伝の術をすべて試してみたのですが回復せず,2月20日昼ごろ,医師によって「残念ながら,ご断線です」と判定されました。

合掌・・・。

再度,『ソフトストラップ』を購入!

なぜ断線してしまったのか原因はわからないのですが,もしかしたら,RD自爆事故対応時の異常な興奮によって,設計時の想定を大幅に超える過大な心拍が入力されたからかもしれません(絶対に違うと思うけど)。

しかし,過去を嘆いていても現在の心拍数は表示されませんので,もう一回,POLARの『ソフトストラップ』を購入しました。

サイクルチャレンジカップ藤沢(CCCF)は再来週だし,迷っている暇なんてないんです。

左が,断線宣告された,ソフトストラップ2015。右が,新たに購入したソフトストラップ2016。

左が,断線宣告された,ソフトストラップ2015。右が,新たに購入したソフトストラップ2016。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

購入価格は去年とほぼ同じの2054円(税込),パッケージも外観も変更はなく,そのままGARMINのセンサーを取り付けて使える・・・と思ったのですが,なぜかうまくいきません。

GARMINの心拍センサーを『ソフトストラップ』にパチンと嵌めようとするのですが,どんなにきつく押し込んでも,心拍センサーが外れてしまい,固定できません。

ひょっとして,違うモデルを買ってしまったか!? パッケージ開けちゃったけど,返品大丈夫か!?」と焦ったのですが,どう見ても,前回と同じ『ソフトストラップ』に間違いはなく,グレードなどの設定も無さそうです。

すっかり困り果ててしまったのですが,ふと,昨年の『ソフトストラップ』と並べてみると,接点部の形状が微妙に異なることを発見!

左が今回購入の2016年モデルで,右が2015年モデル。ゴムの高さがだいぶ違います。

左が今回購入の2016年モデルで,右が2015年モデル。ゴムの高さがだいぶ違います。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

去年の記事でも紹介したように,もともとGARMINの純正ベルトとは接点部の形状が異なるのですが,この1年でさらにランニングチェンジをしたようで,2016年モデルは2015年モデルと比べて,金属部周囲のゴムの高さがだいぶ高くなっているようです。

この変更に何の意味や目的があるのか分からないのですが,出っ張っているなら削ればいいだけなので,削ってみました(乱暴な発想である,笑)

削る,というより,ちょん切ったのですが(^^)

削る,というより,ちょん切ったのですが(^^)

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ニッパーでチョキチョキとゴムを切ること5分。

ちょっと切りすぎてしまった気もしないではないですが,無事に,心拍センサーがパチンと嵌ってくれるようになりました。

ほっ! 無事にセンサー部が装着できました(^^)

ほっ! 無事にセンサー部が装着できました(^^)

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ちょっと削りすぎた気もしないではないですが,大丈夫でしょう。

ちょっと削りすぎた気もしないではないですが,大丈夫でしょう。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ふぅ~,危ない。危うく虎の子の2054円を失うところでした(世界一貧乏な595号乗りです)。

今後の対応

正直言って,なぜ断線してしまったのか,さっぱりわかっていません。

過去に一度だけ,洗濯物に混ぜて洗ってしまったことがあったのですが,もう半年以上前の話ですし,今頃になって突然断線する理由が思い当たりません。

原因はなんにせよ,名前の通り,今までよりももっとソフトに扱ってやる必要がありそうです。

  • 洗濯機で洗わない
  • いきなりデブにならない(最大でXXLサイズです)
  • 重量物を釣ったりしない
  • RDディレイラを壊して,想定外の不整脈を発生させない
センサーとの接合部に,わずかに隙間が見えます。汗が入り込んでしまいそうなので,汗をかかないようにします(無理)

センサーとの接合部に,わずかに隙間が見えます。汗が入り込んでしまいそうなので,汗をかかないようにします(無理)

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

普通のサラリーマンにできる対策はこれくらいかなぁ?

来年,3つ目のストラップ(純正をカウントすれば4個目だ)を買うことにならないように,大事に大事にしてきましょう。

おわり(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



GARMINと同じくらい,断線しやすいようですので気を付けて!

コメント

  1. 名前:お囃子 投稿日:2016/02/27(土) 15:24:59 ID:f527493b9 返信

    いつも楽しく拝見しております。
    自分もガーミンのストラップが反応しなくて、買い替えました。
    ポラールより、キャットアイの方がお値打ちでした。ご参考にどうぞ。
    (当然、問題なく使用しておりますよ)

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/02/27(土) 23:53:15 ID:6d869b4e1 返信

      ガーミンはあっさり断線したんですが,まさかの,ポラールも断線してしまいました・・・(涙)

      そうですね,今度切れたら,キャットアイにしてみよう!!(^^)

  2. 名前:ノリノリ 投稿日:2016/02/27(土) 10:25:35 ID:e632be696 返信

    久しぶりのコメントでお邪魔します。リヤディレイラーの一件はお疲れ様でした。今回の心拍センサーのストラップの件ですが、ガーミンのvivosmartは検討の対象にならなかったですか?ガーミン版のスマートウォッチ!腕で心拍計れてガーミンのサイコンとベアリングできるやつです。僕は今購入を迷ってるところでして。こちら北海道でしてあの乳バンド付けるの冷たくてなんとかしたいのです。ご意見をお聞かせくださいませ!

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/02/27(土) 23:50:15 ID:6d869b4e1 返信

      あぁ,なんてことを書くんですか。
      せっかく,忘れようとしていたのに・・・(笑)

      そうなんですよ,vivosmartにするか少し悩んだんです。

      以前の記事でも書いたのですが,おいらも心拍ベルトつけるのがすごく苦手で,「この冷たさで心臓発作起こすかも・・・」と恐怖しています。

      だから,vivosmartも考えたのですが,お値段は10倍以上するし,普段,腕時計をする習慣がないんです。

      でも,いつかはvivosmart買ってみようかなぁ・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です