GARMIN「プレミアムハートレートセンサー」復活への道(後編)

GARMINなのに,POLARの心拍ベルト!?

GARMINなのに,POLARの心拍ベルト!?

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

GARMIN Edge810J付属のハートレートセンサー(通称,ダメセンサー)の断線問題については,前編にて詳しく紹介しました。

やらなくてもいいのに(?)わざわざ実証試験までやって,不具合原因が確かに「ベルト内部の断線」であることを確認しました。

後編は,問題の「断線ベルト」をよりお安く手に入れる方法について紹介しましょう(といっても,一瞬で終わるのですが・・・)

要するにこんなお話です(^^)

  • GARMINの心拍センサー用のベルトは高い
  • POLARのベルトが互換性あるようで,お値段は半額以下
  • 買ってみたら,無事に使えました(^^)


ライバル他社のベルトが使えるらしい!

前編の最後に触れたように,GARMINのプレミアムハートレートセンサーのベルト(ストラップとも)は,伸縮素材で使いやすいのですが,反面,断線しやすいという致命的な欠点があります。

おいらのベルトもめでたく(?)断線と診断されたので,ベルトを買いなおすことにしました。

しかし,プレミアム・・・のベルトは冗談のようにお高い(約4300円)ので,「少しでも安いところないかなぁ?」とAmazonを探していたところ,不思議な商品を発見しました。

「GARMIN ハートレートセンサー ベルト」というフレーズで商品検索したのですが,なぜか,トップに出てくるのは,ライバルPOLAR社の『ソフトストラップ』という商品。

お値段はGARMINの半額以下の1982円とそそられるものがありますが,他社(しかもライバル)の製品だから,羨ましくはありますが,しょうがないところ。

が,気になったので,カスタマーレビュー(購入当時で60件以上ありました)を見てみると,オドロキの事実が!

多くのレビュワーの方々が,

  • Edgeで使えるよ!
  • Garminで使えるわ♪
  • ガーミンで使えるぜ!

などなど,GARMIN Edgeシリーズで使えるとの報告を書いていました。

Amazon以外で調べても同じで,どうやら,POLARの『ソフトストラップ』はGARMIN Edgeシリーズでも使えるようです。

驚いたことに,GARMINどころか,CATEYEやsunntoなどでも使えるそうです。

ほんじゃ,POLARのベルトを(^^)

こんな,ちょっとオシャレな箱に入っています(^^)

こんな,ちょっとオシャレな箱に入っています(^^)

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

GARMINのベルトは4300円。

それに対して,POLARは1980円。

おまけに,GARMINには「断線しやすい」という特典付き。

GARMINの社長でもない限り,POLARのベルトを買ったほうがおトクそうですので,GARMINの平社員ですらないおいらは,無難にPOLARの『ソフトストラップ』を購入しました(^^)

上がセンサー部。下がPOLARのベルト。微妙に,POLARの方が端子間隔が広いです。

上がセンサー部。下がPOLARのベルト。微妙に,POLARの方が端子間隔が広いです。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

センサー部との一体感はすばらしい。

センサー部との一体感はすばらしい。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

見た目は,端子間の距離がGARMIN純正よりほんの少し長く見えますが,センサー部を装着してしまえば特に問題はありません。

さて,装着できるのは当たり前として,気になる,心拍計測機能の方は・・・

おぉ,ちゃんと心拍が計測できている! (こんなに表示しなくてもいいけど)

おぉ,ちゃんと心拍が計測できている! (こんなに表示しなくてもいいけど)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

無事に計測できました!(^^)

今まで半年以上悩んできた(ウソ。放っておいただけ)のに,ベルト交換によってあっさりと解決です。

純正との差ですが,装着感についてはほとんど差が無く,緩く巻いてもずり落ちないので,締め付け感が無くていい感じです。

ベルトを固定する「フック」も純正と同じ形式です。

ベルトを固定する「フック」も純正と同じ形式です。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

上がGARMIN,下がPOLAR。肌触りに違いはありません。

上がGARMIN,下がPOLAR。肌触りに違いはありません。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

強いて言うなら,接続部分の端子形状が少し違っていて,POLARの方が金属部分をカバーするような形状になっていますが,どちらでも大した差は無いと思います。

左がPOLAR,右がGARMIN。微妙に端子部の形状が違います。

左がPOLAR,右がGARMIN。微妙に端子部の形状が違います。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

先日の剣崎灯台ツアーで,100km,8時間着用しましたが,装着しているのを忘れるくらい柔らかタッチでしたし,もちろん,ちゃんと計測もできていました。

心拍センサーの異常が分かってから,以下のように修理計画が進んでいきました。

  1. 純正の心拍センサー一式交換(10000円)
  2. 純正のベルトだけ交換(4300円)
  3. POLARのベルトだけ交換(1980円)

1,2,3と進むにつれてどんどん安くなり,当初予定の1/5以下になりました(^^)

浮いたお金(10000-1980=8020円)は,KASK MOJITO基金へ寄付しておきました。あと少しだ!

おしまい。

【おまけ】

本文中でも触れましたが,POLARのベルトは,CATEYEやsunntoでも使えるとの事。

ということは,逆にCATEYEやsunntoのベルトをPOLARやGARMINでも使えるのだと思います。

各社のベルトのお値段を見て,一番お安いのにするのも手かもしれませんね(^^)

【おまけ2】

今のところ,なんの問題も無く動いていますが,メーカー非推奨の他メーカー品ですから,ひょっとしたら急に計測できなくなったり,センサーが爆発炎上するかもしれません(しないと思うけど)。

1980円ですが,自己責任でお願いします~(^^)

【2016.02.29 追記】
キレやすいGARMINの心拍ベルトの代替として登場した『ソフトストラップ』ですが,わずか7ヶ月後の,2016年2月に断線してしまいました・・・。そろそろ,腕時計型心拍計(Vivofit HR)に乗り換えようかな?と検討しています。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



サイズは3種類あるので気を付けて!

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/07/26(日) 15:45:44 ID:ed10244bb 返信

    >takaさん

    こちらは,図書館からVAIO Pです(^^)

    POLARのいいですねぇ,純正よりずっといい。
    柔らかいし,断線しないし,お安いし。

    端子の間隔は,普通に作ると,このくらいになっちゃうんでしょうかね!?

    ちなみに,昔のPOLARのベルトも持っているのですが,端子部の形状が異なり,GARMINには使えませんでした・・・。

    にしても,皮脂コーティングで動作不良って,すごすぎです!

    ちなみに,我が家の自家用車は長年洗車してなく,泥コーティングされています。

    少し洗うとすごくきれいです(笑)

  2. 名前:taka 投稿日:2015/07/26(日) 05:44:44 ID:8734f3d39 返信

    こんにちは。出張先からタブレットで書いてます(笑)
    で、今回はPOLARのソフトストラップ…。やはり皆さん同じことをやりますね~。

    前回のコメントで「キレイに手洗いしたら復活した」と書きましたが、当方のは断線ではなくベルト部分を長年の汗と皮脂?でコーティングしていたようで、それをきれいさっぱり洗い流したらまた使えるようになりました。

    POLARとGARMINで心拍ベルトに互換性があるのはANT+対応だからなんでしょうかね。まぁそれ以前に心拍センサーがくっつく必要がありますけど…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です