富士山ヒルクライム初挑戦!(後編:山中湖~藤沢まで)

この記事は,富士山ヒルクライムシリーズの後編です。
前編がまだの方は,本ブログ内の紹介記事へこちらからどうぞ~

前編では,富士スバルラインを2合目付近まで登ったけど,雷雨で引き返してきたところまで書きました。

大月~富士吉田は妙に距離あって疲れたし,体調はイマイチだし,せっかく登った富士山も途中で雷雨だし,徒労感に襲われながらも帰り道についたのですが,本当の地獄(ちょいオーバー)はこれからでした……。




富士吉田~山中湖(1:00~1:45)

富士スバルラインの料金所付近ではいったん雨がやんだのですが,山中湖に向かった途端に,また激しい雷雨になります。

山中湖に向かうR139は渋滞していて,車の横を通らなければならないのですが,風雨(この辺はなぜか風が強かった)が激しくて,まっすぐ走るのに苦労しました。何度か,富士急のバス停(屋根付き)に非難しようかとも思ったのですが,やむどころか雷雨はますます激しくなるので先を急ぎます。

しかし,雷雨の中を走っているため,補給がろくにできません。カロリーメイトやどら焼きは沢山持っているのですが,なんせ土砂降りなのでどうにもこうにも……。

山中湖畔のデニーズに到着。この汚れぶりが,雨の激しさを物語ります……。
山中湖畔のデニーズに到着。この汚れぶりが,雨の激しさを物語ります……。
RICOH Caplio GX100 +

そこで,山中湖畔のデニーズに入り,昼食と採ることに。

本ブログ内の紹介記事へ去年の富士山一周では,ウィンドブレーカーを持っていなかったために全身ずぶ濡れで,とても店に入る状態では無かった(店も無かったけど…)けど,今年は平気。上半身はぜんぜん濡れていないし,レーパン(ビブニッカー)はすぐに乾いてくれたので,怪しまれることなく(十分怪しいか…)ゆっくりと昼食を採ることができました。

山中湖の写真はコレ1枚だけ。もう写真を撮る気力が……,ほんの少しだけある♪
山中湖の写真はコレ1枚だけ。もう写真を撮る気力が……,ほんの少しだけある♪
RICOH Caplio GX100 +


山名湖~道志みちへ(2:00~3:00)

帰り道の選択肢はいくつかあったのですが,輪行して帰るにはパッキングする気力が起きないし,篭坂峠や乙女峠を越える元気もありません。

そこで,基本的には下り坂一辺倒のはずの「道志みち」を通って厚木経由で帰ることにしました。

山中湖畔を半周し,「道志みち」に向かいます。
山中湖畔を半周し,「道志みち」に向かいます。
RICOH Caplio GX100 +

しかし,走り初めてすぐに「ありゃ?」ということになりました。山名湖を離れた途端,結構登り始めるのです。ずっと下りと思っていただけに驚きつつも,なぜか急にやる気が出てきて,ぐんぐん坂を上ります。

午前中から調子が悪くてエンジンのかかりが悪かったのですが,今頃になってようやく本調子です(遅すぎだよ!)

一部,8%近い坂もありましたが,軽く腰を浮かしてガンガン登ります。なんだかんだ言って,今日一日で一番調子が良かった時間帯かもしれません。

道志みち最高地点の山伏峠のトンネルにて。さようなら,富士山!
道志みち最高地点の山伏峠のトンネルにて。さようなら,富士山!
RICOH Caplio GX100 +

峠の頂上のトンネルで一休みし,今度は数十キロに渡る長~いダウンヒルに突入します。雨はまったく止む気配もなく,激しく体にたたきつけます。が,ウィンドブレーカーのおかげで寒くも冷たくもなく,また,パーカーなのでヘルメットごとカバーできるので頭も濡れません。ただ,風切り音が激しいので車の接近はバックミラーに写るヘッドライトが頼りです。

まだ午後3時なんだけど,かなり暗くなってきています。真っ黒な雲が……。
まだ午後3時なんだけど,かなり暗くなってきています。真っ黒な雲が……。
RICOH Caplio GX100 +

もっとも,こちらも40km/hくらいで走っているので,そんなにじゃんじゃん抜かれるというわけではないので,そんなに危険も感じず,シャ~っと快調に下り続けました。

さぁ,今日の「そのとき」です(4:00)

急にへNHK的になりますが,今回のツーリングでも,やはり,コレがやってきてしまいました。

ずっと続くダウンヒル。雨は降っているけど意外と気持ちよく下り続け,ちょっと気がゆるんできたのかもしれません。

前方に小さな水溜まりが見えたのですが,避けるのが遅れ,そのまま通過してしまいました。その直後,車体の前の方から,「ジュッ,ジュッ」という音が聞こえ始めます。

「まさか…」と思って車速を落としてみると,前輪が路面に触れるたびに,貯まった水をかき分け,「ジュッ」という音とともにエアーが漏れていることが分かりました。


おお,神よ! なぜあなたは,我を見放したもうた……!


そう,パンクです…。前輪に,大きな金属物が刺さっていて,激しくエアーが漏れています。指で金属物に触れた途端に飛んでいきました。

雷雨の中を走り続け,ここまで80kmもがんばってきました。時刻は午後4時。藤沢までは残り約90km。

シューシュー抜け続けるエアーと共に,おいらの気力も大気中に放出されていきました……。

このタイヤにしたとき,「本ブログ内の紹介記事へ63年間はパンクしない♪」とか思っていたのですが,「今日がちょうど63年目でして」などという,落語みたいなオチを考えながら,途方に暮れるおいらでした……。

雨中のパンク修理(4:00~5:00)

さて,おいらの気力はすべて大気中に放出されてしまいましたが,パンクを修理しないことには家に帰ることができません。「せめて,景色のいいところで直そうかな…」ということで,渓谷にかかる橋の上で修理することにしました。

R139を離れ,道志渓谷にかかる橋の上で修理することにしました。がんばれ,俺……。
R139を離れ,道志渓谷にかかる橋の上で修理することにしました。がんばれ,俺……。
RICOH Caplio GX100 +

しかし,眼前に広がる絶景を前にパンク修理は難航を極めました。

もともと,今使っているPanaracerのExtreme EVO3 Protexは本ブログ内の紹介記事へ最初の交換の時から,嵌めづらくて苦労したのですが,雨中を走行した後では,その苦労は何十倍にも跳ね上がりました。

雨中走行をしたことがある人なら分かると思うのですが,タイヤは路面の油や砂埃などがこびりつき,真っ黒(もとから黒いけど)になっています。

このヘドロのような汚れのおかげで,タイヤをリムから外そうにも,どうやっても外れてくれません。レバーは滑るし,手も滑る。肝心なタイヤはゴムがふやけているのか,いつもよりさらに粘り続けます。背中に雨を受けながら格闘し続け,なんと30分もかけて,ようやくタイヤをリムから外すことができました。

作業完了。石炭でも掘っていたのか?
作業完了。石炭でも掘っていたのか?
RICOH Caplio GX100 +

しかし,今度はチューブが出てきません。普通なら,するっと抜けるはずなのに,これまたどうしても出てきません。そこで,家の鍵に付いているミニスイスアーミーナイフで切り裂き,細切れにして外に引きづり出しました。

そして,今度は替えチューブを入れ,タイヤをリムに戻します。新品の時のように,リムに入れるのにも死ぬほど苦労するだろうな,とげんなりしたのですが,神は見捨てていませんでした(おーばー)。あれほど苦労して嵌めたExtrem EVO3 Protexでしたが,このときに限って,素手で,タイヤレバー無しですんなり入ってくれました。

そして,いつもの(ってのもイヤな話だけど),本ブログ内の紹介記事へTOPEAKのマイクロロケットでエアを入れて,RHC号とおいらは,失意のどん底から立ち上りました。

修理時間は約1時間。現在時刻は夕方5時。暗くなる前に,雨が小降りのうちに終わっただけでも,世界一運が良かったかもしれません(運が良ければパンクしないよ…)。

ものすごい時間と体力のロスでしたが,藤沢までの残り90kmを走り始めました。

さぁ,藤沢まであと90kmだ。がんばれ,俺&RHC号!
さぁ,藤沢まであと90kmだ。がんばれ,俺&RHC号!
RICOH Caplio GX100 +


やたらと長い「道志みち」,そして藤沢へ(5:00~8:30)

猛烈に苦労したものの,なんとかパンク修理を完了し,藤沢に向けて再スタートしました。

ようやく雨も小雨になってきましたし,しばらくは緩い下り坂が続くので,なんとか調子を取り戻して走り続けました。

んが……,長い。妙に長いんです,道志みち。

どっかの,なんとかという地方の夕方。良い景色でした。場所分からないけど……。
どっかの,なんとかという地方の夕方。良い景色でした。場所分からないけど……。
RICOH Caplio GX100 +

地図をコピーして持ってきていたのですが,家のインクジェットプリンタ(複合機)でのコピーなので,雨に濡れてしまい,「水墨画」のような状態になっており,自分が今どこにいるのかさっぱり分かりません(涙)

しかも,ずっと下りだと思っていたのに,最後の方には何度も何度も上り坂があり,その都度に心が折れそうになりました。

ずっと下りだと思っていたのに,ちょこちょこ100mくらいの小山がある……。
ずっと下りだと思っていたのに,ちょこちょこ100mくらいの小山がある……。
POLAR心拍計のデータから作成 +

が,幸い,コンパクトクランクですので,どんなにクタクタになってもファイナルローにしてやれば,歩行者より遅いかもしれませんが,どんな坂でもゆっくりと登ることができます。

そうやって,ひとつひとつ山を越え坂をこえて,厚木の街に着いたのが夜7時。

おぉ,夢見まで見た約束の地,「藤沢」の看板が!!(おーばー)
おぉ,夢見まで見た約束の地,「藤沢」の看板が!!(おーばー)
RICOH Caplio GX100 +

さすがにここまで来れば道も分かりますし,ポラール様の目標到達距離に頼らなくても,感覚で分かります。もう力を残す必要も無いですから,軽くダンシングをしながら,藤沢までの20kmを走り抜けました。

結局,藤沢に着いたのは夜の8時半。朝の8時から走っているので,丸一日,自転車に乗っていたことになります。

こんな時間まで走ったのは初めて。でも,あと少し!
こんな時間まで走ったのは初めて。でも,あと少し!
RICOH Caplio GX100

今回のツーリングでは,楽しかったこと(少ないけど),辛かったこと(多い),今後のノウハウなど,様々な発見がありました。これらは,また次号,「まとめ編」にて紹介することにしますが,とりあえず一番楽しかったことを一つだけ記して,本日のところはこれにおしまいにします。

今回発見した新しい楽しさ,それは,「雨の中を自転車で走ること」です。(準備さえできていれば)意外と楽しいことが分かりました。

それではまた~(^^)~~

初めての富士山ヒルクライムチャレンジ,フォトアルバムはこちら~!



【本日の走行データ】
 コース :大月→富士吉田→富士山2合目→山中湖→津久井→厚木→藤沢
 所要時間:8時00分~20時30分
 走行距離:165km
 最高速度:62km/h

 最高到達:1512m(無念!)
 合計登坂:2383m
 平均心拍:104bpm
 消費エネルギー:4832kcal+α(パンク修理。1000kcal?笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2008/08/15(金) 23:25:33 ID:15f45f3ea 返信

    >親方さん

    こんばんは~

    僕もだいぶ心が折れまくっていたのですが……。
    なんせ,帰り道に選んだコースが悪かったです。

    せっかく輪行グッズを持ってきているのに,
    鉄道からは遠く離れた山里を走る「道志みち」。
    今回のプチ反省点です。

    水墨画笑っちゃいますよね。我ながら(^^)
    TriBoxの外側のスペースに入れていたのですが,
    そこは防水では無かったので,なんともかんとも。

    雨のパンクは本当にげんなりでした。
    手の真っ黒ブリは相当にひどく,
    なんと,今日になっても爪の間がまだ黒いのです。
    ブルベで1000km走る人達ってのは,どうなっているんでしょう……。

    そうそう,実は来年の夏に家族で北海道に旅行します!
    僕は一時期道東(標茶町)で暮らしたことがあるので,
    本当は道東に行きたいのですが,家族の希望もあり,
    札幌~富良野界隈になりそうです。

    今,密かに,どうやって自転車を持っていくか画策中です(笑)
    実現したら,是非色々教えてください~!!

  2. 名前:親方 投稿日:2008/08/14(木) 18:46:49 ID:10ccff013 返信

    本当にお疲れ様でした。
    スゴイですね、僕だったら天気が悪くなった時点で気持ちが折れてしまいますね。
    本当にハラハラドキドキでした。
    地図が水墨画って笑っちゃいけないけど笑っちゃいました。

    雨のパンクは最悪ですね、
    チューブが抜けない時ってあるんですね、 
    真っ黒な手印象的でした。
    読みながら、自分がこうなったらどうだろうとか
    考えていました。
    僕はよく考えると、ロングツーリングや輪行ってしたことがありません。
     周りの人がすごすぎて、びびっているのかな。 周りの人は300kmは当たり前、今度1000km走ろうよって誘われます。
     でも長い距離走りたくなりました、明日天気が大丈夫だったたら、100マイル走ってこようかな。 今度の土日は いよいよ休みも最後、ツールド北海道の練習が待ってます。
     僕は先週の土曜日から夏休みなのですが
    モチベーションが上がらず、チョコットしか走ってません(250kmくらい)。
     shiroさん、今度 北海道に走りに来て下さい
    。 全面的にサポートしますよ。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2008/08/13(水) 23:54:46 ID:e542b8ae8 返信

    >akiさん

    こんばんは~

    行く前には,4時間も雷雨の中を走ることになるとは
    思いもよりませんでした。

    しかも,雨中パンク。
    たまたま軽トラのおじさんが,橋の上で停まり,
    「お,おにいちゃんパンクかい?」
    と聞いてきたときには,
    思わずヒッチハイクを頼みそうになりました(笑)

    一番辛かったのは,津久井~厚木区間の
    小さなアップダウンでした。
    厚木に着いたときには,本当にホッとしました。

    次回チャレンジの時は,
    どうにもならないときには,
    akiさんにお助けメールを送るかもしれません(笑)

    また,「まとめ編」を作りますので,
    ぜひご参考にどうぞ~。

  4. 名前:Shiro 投稿日:2008/08/13(水) 23:47:21 ID:e542b8ae8 返信

    >少年おやじさん

    滑り止めシート,すんごく便利です!
    完璧にフレームをガードできるし,何たって100円ですし。

    今週末には,もう一回家でやってみて,
    最小サイズに切って運搬しやすいようにしてみます。
    (ベルクロも買ってみました)

    今回は,さっとあきらめて帰ってきましたが,
    根性で登っていたら,
    下手すると帰ってこれなかったかもしれません……。

    あれから1.5時間かけて五合目まで登ったとしたら,
    時間はさらに遅くなるし,体力も心配。
    まぁ,やっぱり「生きて帰ること」が大事ですね。

    ちょっと最近,サイト名の「ポタ」から
    だんだんかけ離れてきているのが気になりますが……。

  5. 名前:Shiro 投稿日:2008/08/13(水) 23:42:19 ID:e542b8ae8 返信

    >tamamaさん

    お疲れました~(笑)
    そうです,たいていの事がへっちゃらになってきました。

    デニーズで食べだ後,入り口付近に観光の人達が何人か居て,
    「傘無いよ~。困ったなぁ。どうする?」
    などと話していましたが,
    雷雨の中,全く気にせずにそのまま歩いて
    RHC号にまたがって走り出しました。

    みんな,「え!?」という感じでした。
    おいらはもう,雨なんて全く気にしません。
    実生活には役に立たないんですが,
    少しだけ経験値があがりました(^^)

    とは言え,雨中走行は,
    滑りやすいだけじゃなく,前も見にくくて危険ですから,
    tamamaさんも十分お気を付けて~

  6. 名前:aki 投稿日:2008/08/13(水) 18:10:53 ID:4567452f6 返信

    Shiroさん、大変でしたね。
    前編、後編をハラハラ、ドキドキ、わくわくしながら読まさせていただきました。臨場感にあふれてますね。それにしてもめったにない経験をされましたね。自分だったら勘弁願いたいですが(笑)。厚木を通られる時ご連絡くだされば、軽いお食事など差し上げたのに(爆)。本当にご苦労さまでした。

  7. 名前:aki 投稿日:2008/08/13(水) 18:10:31 ID:4567452f6 返信

    Shiroさん、大変でしたね。
    前編、後編をハラハラ、ドキドキ、わくわくしながら読まさせていただきました。臨場感にあふれてますね。それにしてもめったにない経験をされましたね。自分だったら勘弁願いたいですが(笑)。厚木を通られる時ご連絡くだされば、軽いお食事など差し上げたのに(爆)。本当にご苦労さまでした。

  8. 名前:少年おやじ 投稿日:2008/08/13(水) 08:56:19 ID:3f8b0a858 返信

     shiroさん、お疲れさまでした。
     「滑り止めシート」がお役に立ったようで、良かったです。

     天気が悪いと一気に気持ちも萎えてしまいますね。また、注意力も
    散漫となりトラブル発生の原因にもなりますね。

     途中で引き返すことは苦渋の選択ですが、それよりなにより無事に
    帰る事が最終目的なので、なかなかの好判断だと思いました。
    「元気があればいくらでも挑戦できる。ダァーッ!」(笑) 

     そうそう、買うなら「軍手」はかさばるので「綿手」がいいですよ。
     おせっかいな「少年おやじ」でした。

  9. 名前:tamama 投稿日:2008/08/13(水) 08:01:49 ID:3c476e4cd 返信

    お疲れさまー

    かなりすごい事になってましたね。
    でも、こんだけの体験をすると、たいていの事がへっちゃらになってくるんじゃないでしょうか。
    まさに、自転車経験値が跳ね上がってますね(shiroさんの経験値が100あがった!チロリ~ン♪)。

    私は、やっと休みがとれたのでこれから帰省です。でも、へたれなので、いきなり輪行です。都心を抜けたらちゃんと走ります(誰に言い訳?)。雨が降りそうで心配なのですが、この記事のおかげで勇気が沸きました。
    やっぱり、ロングライドは、ちょっとだけ「冒険」ですねえ~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です