2012年2月の読書記録

今月は小説4冊&多数のカメラ雑誌を読みました(^^)

カメラ雑誌の方はさておき,小説の方はどれを読んでも楽しく,珍しく当たり月でした。

ちと読書の傾向が年寄りっぽくなってきた気がしないでもないですが・・・(笑)

2月の読書記録はこんな感じです。

タイトル・著者 プチ感想
70歳のロードバイク―生涯自転車計画スタート!
『70歳のロードバイク
-生涯自転車計画スタート!』
長尾 藤三
図書館で見つけ,中身を確認しないまま読書開始。
速く走るばかりが自転車じゃないとか,スポーツ本来の姿(「競う」のはオマケで本来は「気晴らし」)など,「いいことがいっぱい書いてあるなぁ」なんて思ったら,以前読んで共感した『快感自転車塾』と同じ著者の長尾藤三さんでした(笑)
ちょっと,「なんでもかんでも自転車が最高!」という,自転車原理主義的なところもありますが,それを割り引いても楽しい本です。70歳まではまだ遠い,という人も一度は読んでみる価値アリです。
とんび
『とんび』
重松清
重松清オジサンの典型的な小説。重松ワールド全開です。
「父と息子」という,著者が描き続けているテーマであり,こっちとしても,何度も同じテーマの小説を読まされてきているのに,やっぱり泣けてしまいます。ただ,著者のほかの小説と少し違うのは,「父親も成長していく」というところかな,と思います。腕っ節が強くて気が短い主人公が,妻を持ち,子を持ち,そして,妻を失い,子どもと一緒に成長していく。その家庭で,父と子の関係や,周囲の人間の暖かさに涙してしまいます。もうしばらくは,重松清は読まなくていいです。また泣かされちゃうので(笑)
ブランケット・キャッツ
『ブランケット・キャッツ』
重松清
なんか表紙がとてもかわいくて,つい購入(ブックオフ半額デー) 2~3話だけ読んで保留中。『とんび』による重松熱が冷めるのを待って,いつか読みます(笑)
銀輪の覇者 (ハヤカワ・ミステリワールド)
『斎藤純』
銀輪の覇者
自転車乗りの間では有名な小説でしょう(^^)
メインは,戦前に行われた自転車レースなのですが,レースそのものより,そこに関わる人たちや戦前の世相などが楽しめる小説。詳細はページ下部を参照ください(^^)

重松清『とんび』

予想してましたが,やられました・・・(笑)

子持ちのお父さんは,通勤電車で読んではいけません。(花粉症シーズンはごまかせるかもしれない)

不幸な事故で子どもをかばって亡くなってしまった妻(母)。残された父と息子の,二人三脚の成長物語です。

昔気質の父親は頑固でひねくれていて,それでいて子どもっぽくて,涙もろい。一方の息子の方は,かわいいだけだった幼児から,反抗期や思春期を経て,成人して,社会人になっていく。

そして,この二人を取り巻く周囲の人たち(会社同僚,飲み仲間,友人など)がとても暖かく,古き善き昭和という時代を強く感じます。

映画「ALWAYS」のような人たちだなぁ,と思っていたら,正月に「とんび」もドラマ化されていて,主人公の父親役は堤真一でした。おんなじじゃん!(笑)

録画してあるので,これから楽しく見てみよう~

70歳のロードバイク -生涯自転車計画スタート!

速く走ったり,技術を磨いたり,メンテナンスうんぬんというノウハウ・知識はほとんど載っていません。前半は「自転車」という趣味を一生涯続けていくにはどうしたらいいかという話題,後半は人生のあり方(もちろん自転車絡みで)という哲学的な(?)お話が語られています。

その中でも強く共感したテーマは2点。

■ラクの壁

自転車に載りたくなる理由は人それぞれですが,おいらは,激坂なんかを登って肉体を酷使したときに感じる,妙にさわやかな気持ち(変態?)が好きです。

クルマや自動二輪で登ればすぐにいけるのに,あえて,ひーこら言いながら何倍も時間をかけて自転車で走るのはなぜなのか。

著者は,世の中全部が驚異的に「ラク」になっていく中で,本能的に「もっと体を動かしたい」という衝動が発生しているのではないかと言っています。

移動はクルマ。それもほどんどがオートマチックトランスミッション。上り下りはエレベーターにエスカレーター。水平でさえ“動く歩道”。扉はすべて自動ドアで,その内側は年中エアコン。重い荷物は宅配便。
(中略)
自分では何もしていないのに,時速千kmもの超高速で移動している怖さ。それに比べて20km/hでいいから自分の力で走っている安心感。今の時代,自転車のいちばんの効用はこんなところにあると思うのですが・・・。(p.173~174)

効率とかバリアフリーとか,いろいろあるかもしれないけど,とりあえず歩けるだけ健康で,時間があるときにはなるべく体を動かしていたいと思える一文でした。

■スポーツのあり方について

こんなにスポーツが勝ち負けにこだわるようになったのは,TVや新聞の影響も大きいと思うよ。“スポーツが大好き”という人が,よく聞いてみると“TVでのスポーツ観戦のファン”だったりする。つまり,スポーツは“するもの”から“見るもの”になっちゃった。そうなるとプロセスの気持ちよさなんでどうでもよくて,結果だけが問われる。
(中略)
自分でやらない人は“体にいいかどうか”なんて関係ないからね。自分はソファに寝そべってスナック菓子などをボロボロかじりながら,「こら,しっかり走れ,コノヤロウ」などと無責任なことをやっているワケです。

これも思い当たるなぁ。

自分とはほとんど関係ないのに,TVを通してオリンピック選手を応援して,それでも負けると「だから日本選手はダメなんだ」とか適当なこと言い出しちゃったり・・・。

「アンディはTTが本当に下手だよな」とか言っちゃったり(笑) ごめんなさい・・・ m(_ _)m

斎藤純『銀輪の覇者』

こちらで予告していましたが,ちょうど1週間で読み終わりました。

初めて,自転車をテーマにした小説を読みましたが,予想以上に楽しく読むことができました。

戦前,昭和初期に行われた(もちろんフィクションですが)日本縦断の巨大自転車レースのお話です。

ツールドフランスの黎明期もそうだったようですが,「自転車レース」というもの自体が,まだうさんくさいというか,ちゃんと市民権を得ていない頃の時代設定です。

なので出場選手達も,みんな,ちゃんとしたスポーツマンというよりも,偽名を使っていたり,何かの暗い過去があったり,スパイっぽかったり,もう怪しい連中ばっかりです(笑)

主人公は個人参加だったのですが,レース中に他の選手(3名)に声をかけて,途中からチーム参加扱いとなります(これだけでもビックリですが)。

3名はまったくのド素人だったのですが,チームで走るうちにどんどん上達し,戦略も学び,上位を目指していきます。

いろんな妨害があったり,怪しい人たちの暗躍があったり,自転車小説というよりも普通に冒険小説,ミステリー小説に分類してもいいくらい,いろいろあって楽しめます。

が,最後のほうになると,ものすご~いヒルクライムがあったりして,思わず心拍が高くなってしまいます(笑)

今まで自転車小説は敬遠していたのですが,普通の小説としても,そしてもちろん,自転車好きとしても楽しめる1冊でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/03/09(金) 00:39:43 ID:1deac3747 返信

    >keteruさん

    こんばんは~

    図書館で『空想科学読本』はなんどか読みました。
    (いろいろと批判が多い本ですが,ななめ読みしている分には面白い)

    これの料理バージョンなんですかね(^^)

    確かに,ご飯を「山盛り」にするのって結構難しいですよね。
    日本昔話の盛り方は,内部に柱でも入れないとだめでしょうかね(笑)

  2. 名前:keteru 投稿日:2012/03/07(水) 23:34:47 ID:86ceae8bd 返信

     え~~と、取り合えず二冊ですかね。
     ホントはラノベを4冊読んでるんですが、残念系ラブコメ『僕は友達が少ない2~6巻』ラノベって合う合わないが出やすいんですよね~、これは合いました。

    『空想お料理読本』ケンタロウ×柳田理科雄
     アニメやマンガの中に出てくる料理を、科学的に再現しようと言う本の文庫版です。
     オバケのQ太郎の小池さんのラーメン。 ハクション大魔王のハンバーグ。 うる星やつらのラムちゃんの手料理。 ど根性ガエルの宝寿司・梅さんの寿司。 再現できる物はレシピが出てたりします(さすがにラムちゃんの手料理は無理w) 意外な事に、まんが日本昔話の山のように盛られた大盛りご飯は再現するのに苦労するんだそうです。 巻末でケンタロウ氏が言ってますが、ホントに不毛で出来ている本です。 面白かったけどw

    『まおゆう 魔王と勇者 ①「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 橙乃ままれ
     なんと言いますか、ラノベ…? 元々はネット上に公開されていた~今も読めますが~う~~ん…戯曲? 巻末には”戯曲小説”と書かれています。 いろいろかわってまして・・・まず”登場人物に固有名詞が無い”終始役職名でお互いを呼び合っている。 ”99%がセリフのみで構成されている” 擬音と舞台が記されているだけで、その時の行動とか感情の起伏は書かれていない。 そして何より、タイトルでわかる通り、一応ファンタジー体裁ですが・・・・・・、大方のファンタジーと言うのは勇者が仲間を募り、供に戦い、苦労して魔王の元へたどり着き、戦って勝利して、世界が救われた、チャンチャン♪ ってのを想像しますよね? このお話、最初の一ページ目でいきなり勇者と魔王が挨拶します。

    「こんにちわ」
    「へ?」
    「こんにいわ、だ。 勇者」
    「なっ。 なんだお前っ?」
    「魔王だ。 ・・・・・・あれ? わからなかった・・・か」

     この勇者は魔王を倒しませんでした。 魔王を倒しても世界は滅びの道を歩むと、言う分析を提示されたからです(もちろんそういう舞台装置を作り上げているんですが)。 そして魔王と勇者は手に手を取って、世界を変革するために奔走するというお話です。

     あとは自転車日本一周系のブログを読んでました。
     つい先日、平塚から出発していた”ちっぱさん”が無事一周を達成。  三月末頃出発を表明している方がお二人、お一方はなんと19歳の女の子ですよ。 定年後に~なんて思っていると、出発すら覚束ないんじゃなかろうかと思えてきた今日この頃です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です