早送り,ジッパー,鯔(ぼら),欧州共同体(?)

これはアルミホイール(笑) ベタですいません・・・。

これはアルミホイール(笑) ベタですいません・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

冒頭からダジャレで申し訳ないのですが,実は真剣に「ヒルクライム専用ホイール」を考えています。

写真はアルミホイールですが,ねらっているのはカーボンホイールです(^^)




ホイールの悩み

今使っているのは,カンパニョーロのアルミのロープロファイル「SHAMAL ULTRA 2-way FIT」です。

本ブログ内の紹介記事へこちらでも紹介しましたが,ほどほどの軽量であるにも関わらず,ものすごく剛性の高いホイールです。

平地の巡航もいいし,高速(ってほどではないですが)ダウンヒルでもまったく不満の無い頑丈なホイールです。

SHAMALもアルミホイールとしては軽量の部類ですが,それでも,カーボンの超軽量ホイール達と比べると500g程度も重くなっています。

来年の春には再開するヤビツアタックや富士ヒルクライムなどの登り専用に,いわゆる「決戦ホイール」をねらっているのです。

初のカーボンホイールの候補は?

おいらが,次期決戦ホイールを選ぶに当たって考えている前提条件はこんな感じ。

登りでしか使わない
運動神経の鈍いおいらが平地での高速レースに出ることは,今後も無いと思います。もちろん,ロングライドやイベントに出ることはありますが,速度を競うレースに出ることはありません。逆に,ヒルクライムについては末永く楽しむ予定ですので,「登りは決戦ホイール,平地はSHAMAL」という棲む分けになると考えています。
(リムが)軽量なホイールがいいな
ヒルクライム目当ての決戦ホイールですから,やっぱり可能な限り軽量であることが望ましいです。できれば,前後で1200gを切りたいところですので,そうなると,選択肢はローハイトのカーボンということになっていきます。
チューブラーでもいいや
本当は使いなれたクリンチャーがいいのですが,カーボンホイール,特にローハイトの軽量ホイールはチューブラーが標準です(っていうか,クリンチャーをみたことがない)。パンク修理や日常のメンテに心配はありますが,一発勝負の決戦ホイールですから,どんなタイヤシステムでもOKです。そもそも,パンクしたらジ・エンドですし・・・。でも,これで手持ちが,クリンチャー,チューブラー,チューブレスの3種類になっちゃうな。
エアロ性能はあんまり求めない
登りでしか使わないと決めているので,エアロ性能は特に望みません。どんなにがんばっても,ヤビツで30km/hを出すことはできませんから(一部区間のぞく),エアロ性能はどうでもいいです。

こんな使用条件を想定しています。

で,2010年12月現在のwiggle状況や円相場,東アジア情勢,日米の景気動向,家庭内のパワーバランス等を総合的に判断した結果,現時点での次期決戦ホイールは下記に絞られています。

メーカー 製品 重量
(g)
リム重量
(g)
感想
FastForward F2R 1050 250 とにかく軽い。また,リムの強度確保に独自の取り組みがされている(体重制限80kgですが・・・)
ZIPP 202 1095 300 超軽量だし,ツール等での戦歴が違います。ただし,ちょっとお高いのが難点・・・。
ZIPP 303 1171 346 202よりは重量増になりますが,それでもまだ軽量ホイールと言っていい重量。平地でも使える,エアロ特性が魅力。
Campagnolo BORA one 1350 400? 猛烈にかっこいい。Ultra twoの存在は忘れれば大丈夫。が,会社の同僚が先日購入してしまったのが難点(?)
EASTON EC90SLX 1175 250 かなり軽量だけど,公称値と実測値の差が大きいメーカーなのが不安。でも,ものすご~くお安いのが魅力。ZIPPで2セット買えちゃう
Reynolds MV32T UL 1040 215 EXEさんに薦められて急浮上中。しかし,軽いな~。リム重量が半端じゃない軽さ!!DT Swissだし。
【2010.12.19追記】
ヒルクライムで一番大事な「リム重量」をできる限り調べてみました。ハブやスポークが軽くても,慣性の低さが勝負のヒルクライムではリムが重たいままでは意味がありません。

その結果を表に追記してみましたが,MV32T ULのぶっちぎりです!! 場外から急登場のMV32T ULに決定か!?

ちなみに,我がSHAMAL ULTRA 2-wayのリムは430gもあるらしい・・・(涙)

現時点での有力候補順に書いてみました。

これはFFWD(早送り)。FFWD社の社名の由来はコレであっているらしいです。

これはFFWD(早送り)
社名の由来はコレであっているらしいです

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

FastForwardはまだ知名度は低いですが(2006年創業ですから),その性能はグランツールでのクイックステップが証明してくれています(まぁ,何を使っても速いんでしょうけど,こういう人たちは。笑)。

使用しているハブやスポークが,ごく一般的に流通しているDT Swiss製というのも良いらしいです(補修しやすい)。

また,カーボンホイールにしては珍しく,リム表面にクリアコーティングが施されていて,見た目にもものすごく格好良くなっています。

が,なぜか,最軽量のF2Rの扱いがいろいろなサイトから消えているのが気になります。F4やF5,F6は見かけるのですが,本家オランダのサイトからもF2Rは消えています。なんかあったのかな!?

これは,ジッパーです(く,苦しい)

これは,ジッパーです(く,苦しい)

Nikon D90 + SIGMA 50mm MACRO F2.8

第2候補のZIPP202もものすごく惹かれます。ZIPPと言えば,50mmハイトくらいのディープリムが印象的ですが,ローハイト(でも30mmもありますが)の202は,「ヒルクライム専用」として,ツールの山岳コースでは多くの選手が使用しています。以前は「熱に弱い」という欠点もあったそうですが,最近は改善されているようですし。

また,富士ヒルクライム目当てであれば,勾配が緩いですから,いっそZIPP303という選択肢もありそうです。


とかなんとか言いつつも,実は先立つものがぜんぜん無いので,まだまだ夢想状態です。

クランク(105だよ)取り替えも,ブレーキ(TIAGRAだよ)取り替えもあきらめ,ネオモルフェもあきらめ,飲まず食わずで我慢し続ければ,富士ヒルクライムには間に合うかもしれません。

つい先日,本ブログ内の紹介記事へ冬の間にちゃんとトレーニングしなきゃ!と誓ったばっかりですが,昨年末同様,次期パーツにうつつを抜かす今日この頃です(^^)

あ~,こういう時期が一番楽しい。

(おまけ)
上記候補のホイールを使ってるヨ!という方,または,友人・同僚・親戚・先輩・配偶者・元彼が使っているヨ!とう方がいらしたら,ぜひコメントを~(^^)

【2010.12.19追記】
全体重量だけでなく,リムの重量を分かる範囲で併記してみました。その結果,Reynolds MV32T ULの優位性が際立っていることが分かってきました。あぁ,心が思いっきり傾いてしまう~。F2Rのクリア塗装も好きなんだけどぉ~。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2011/01/04(火) 00:12:35 ID:58344c3da 返信

    >EXEさん

    あけましておめでとうございます!!

    すんごいマニアックなショップですねぇ。
    前後で975gって,尋常じゃない軽さです。
    さすがに,お高いですが・・・。

    そうそう,EXEさんにご紹介してもらっていたPBKですが,
    年末にMV32Tが売切れてしまいました(涙)

    圧倒的な格安ぶりだっただけに,残念。
    再度,セールやってくれないかなぁ・・・。

  2. 名前:EXE 投稿日:2011/01/02(日) 00:14:15 ID:c6a9515a6 返信

    あけましておめでとうございます。

    http://www.nano-bike-parts.de/index.php
    マイナーですが、その道の人なら利用する事も多いショップです。ショップのオーナーはeBayのセーラーですし、決済はPaypal可、700EURO以上送料無料です。Carbon-Tiのハブを使ったカスタムビルドのMV32ULTがあるのですが、1000g切りしています。円高の今はかなりお買い得ですね。

    ちょっと勇気がいるかもしれませんが、軽量ホイールに絞るなら良い選択肢だと思います。それでは~

  3. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/30(木) 22:58:49 ID:aeea4e1d6 返信

    >iZZZさん

    フォトポタ日記は,一年中,過去記事コメント大歓迎です(^^)

    ただ,いつもレスポンスは遅いですが・・・。

    EC90ですかぁ,いいですねぇ。
    もともと,RHC号に乗っていたときには,フレームがEASTONということで,
    ホイールもEASTONにして大満足でした。

    ヒルクライムでも,ミドルハイトくらいでも有利に走れるみたいですね。
    今のところ,有力候補のMV32は32mm,F2Rは20mmリムです。
    現在使っているシャマルが28mmですから,ほとんど差が無し。

    あ~,悩むなぁ・・・。

    EC90SLXっていう手もあるんですよね。
    すごくお買い得価格になっています(国内の半額以下)

  4. 名前:iZZZ 投稿日:2010/12/30(木) 20:43:35 ID:0409d6e44 返信

    まだコメント受け付けてますか?
    Cannondale SuperSix3のカーボンホイールを先日来検討して
    EastonEc90 SL クリンチャーの38mmエアロ 1460gを先日来 はいております。検討されている超軽量ホイール、チューブラー、ローハイトに比べると 見た目重視の部分があり 志が低いですが、、、
    それでも軽量で、セラミックハブ、エアロ効果もあいまってきわめて快適な走行です。ヒルクライムもシマノRS80より軽快に感じます。
    ブレーキシューは 6個DT SWISS yellowがついており
    専用にして使ってますがそこそこは止まります。
    思い切って超軽量にいくと感動が待ってるでしょうね。レポ期待しております。

  5. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/29(水) 09:44:24 ID:2cecf8214 返信

    >もきちさん

    す,すいませんです!!

    「気持ち」さん,って不思議な名前だな~と思っていたのですが,
    「もきち」さんでしたね。すいませんです。

    で,そうそう,F2Rが売ってないんですよね。
    どうしちゃったんだろう・・・?

    いろいろ海外サイトを見たところ,

    ×Wiggle
    ×Chain Reaction Cycling
    ×Belati Sports
    ×ProBikeKit
    ○Total Cycing

    というかんじで,1つしか見つけられませんでした。

    WiggleもPBKも,FFWD自体は扱っているのに,
    肝心なF2Rだけ扱ってないのですよね。
    しかも,本国,オランダのサイトからも消えています。なんかあったのかな?

    そんなこんなで,ReynoldsのMV32に傾きつつあるおいらです(^^)

  6. 名前:もきち 投稿日:2010/12/28(火) 08:18:21 ID:f1ac67a0c 返信

    スイマセン「きもち」ではなく「もきち」になります(^^;

    FFWD F2Rが安くて登りでの評判も良かったんですが、最近wiggleから消えてしまいましたね。
    日本で売ってないF2Rのホワイトエディションを自分も狙ってたんですが。。。

  7. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/28(火) 01:18:13 ID:d4c756356 返信

    >きもちさん

    はじめまして~
    コメントありがとうございます!

    おいらは,ホイールに関しては(それ以外もだけど),
    完全に素人であって,なんの調整方法もわかりません。

    なので,できれば,完組の方が助かります(^^)

    今のところ,MV32UT or F2Rのどちらかに絞ってきています。
    正直言って,おいらレベル(ヤビツ42分)では,
    どっちでも違わないのでは?という気もしないではないですが・・・。

    ZIPPはちょいとお高すぎるので見送り気味です。

    いずれもロープロファイルなので,ロゴとか,
    見栄えはあんまり気にしなくてもいいのかな?

    あ,MV32は32mmもあるのか。
    意外と高いなぁ(愛用のシャマル君はF24,R28mm)

  8. 名前:もきち 投稿日:2010/12/27(月) 15:22:58 ID:2ecc34c8b 返信

    初めましてこんにちは。
    いつも楽しく読ませてもらってます。

    自分はPLANET-Xのホイール(50mmリム350g)を使ってます。
    オススメしたい所ですが、日本人と違って向こうの人達は良い意味でも悪い意味でもアバウトなので、完璧を求めるのであればオススメ出来ません。

    自分含め3人程ココのホイールを買いましたが、直ぐに乗れる状態で来たのは一人もいませんでした。(必ず振れ取りやテンション調整をしてます)
    この変を了承した上であれば、安く性能も良いのでオススメですが、不安であれば完組の方が良いです。

    個人的にはReynolds MV32UL T or FFWD F2R(手組みですが) が良いかと。
    ブランド好きであればZIPPでしょうか(笑

  9. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/26(日) 22:16:21 ID:c7cb84566 返信

    >3姉妹パパさん

    こんばんは~

    そう,おいらもぬか喜びしてしまいました(笑)

    ATOMはだいぶ軽いんですよね。
    それでも,PRO3Light+EVO55よりも重たいのですが・・・。

    20Cになれば勝てるか!?

    おいらの今の脳内ランキングでは,

    1. Reynolds MV32T UL
    2. FFWD F2R
    3. ZIPP 202 or 303

    というランキングになっています。
    あぁ,悩ましい&楽しい(^^)

  10. 名前:3姉妹パパ 投稿日:2010/12/25(土) 10:53:56 ID:49c581fe2 返信

    あ,本当だ!
    勘違いしてました、ご免なさい。
    やけに軽いなーとは思ってましたが、残念orz
    あと、ATOMの20Cがショーでは展示されていたという記事も有ります。
    250g位で出ないかなぁー?

  11. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/25(土) 00:29:19 ID:0d7d59bae 返信

    >EXEさん

    あ,本当だ!

    IRCのサイトは猛烈に分かりにくい(ハッチンソンもですが)ですねぇ。
    楽天のお店では,堂々と「チューブレス」と書いてあるし・・・。

    ATOMは少しだけ軽量ですが,それでもだめですよねぇ。
    FUSION3の295gよりはマシですが,270gじゃぁねぇ。

    IRCのヒルクライム用のWOで155なら,チューブ込みで210gくらいですもんね。
    まだ,前後で120gも重い。だめじゃにゃ~

    ミシュランは,PRO3シリーズが好調なうちは,
    チューブレスには進出してくれないのですかねぇ。
    せめて,ビットリアでも出してくれればいいんだけどなぁ~(^^)

    軽量マニアやシリアスライダーの方のページを見ると,
    たまに,Wheelbuilder.comが登場してますね。

    「なんだろ?」と思っていたのですが,
    ホイールのオーダーメイドなんですね。
    が,高いですねぇ! 無理でごじゃいます(笑)

    やっぱり,おいらはPBKのレイノルズかな?

  12. 名前:EXE 投稿日:2010/12/24(金) 22:07:02 ID:99cf21125 返信

    度々すみません。
    Wheelbuilder.comというサイトも紹介しておきますね。カーボンホイールをカスタムビルドしてくれるショップで、例えばリム:MV32ULT,ハブ:Chris King R45,スポーク:CX-RAYで組んで19万円と非常にお高いのですが、その分半端ではない精度で組んでくれるそうで、スポークテンションなども指定できるようです。ハブやスポークカウント次第では市販品を下回ることもできますし、リムハイトを前後で変えることも可能です。

    かなり勇気のいる値段なうえ、オーダーには結構な知識が必要ですが、BESTを狙うならここが一番かもしれません。「おっ」と思われるホイールが作れますしね。

    それでは。

  13. 名前:EXE 投稿日:2010/12/24(金) 13:30:57 ID:99cf21125 返信

    IRCのFormura Hill Climb Racing Onlyはチューブレスタイヤではなく通常のWOですよ。IRCのサイトがヒジョーに紛らわしいのですが、良く見るとTLモデルはありません。念のため。
    チューブレスも200gぐらいになればユーザーが増えると思うんですが、WOより重いとなるとなかなか変更に乗り切れません。PRO3 TLとか出ればもっと普及すると思うんですが・・・

  14. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/23(木) 22:27:36 ID:28ff683fd 返信

    >3姉妹パパさん

    え!? 155g!?!?

    恐るべし軽さじゃないですか!

    チューブ込みで155gって・・・。

    FUSION3は300gもありますから,ほぼ半分(!)
    PRO3Lightだって,本体(180g)+チューブ(55g)で235gもあります。

    どう考えても,155gって尋常じゃないですねぇ。
    まぁ,FUSION3重すぎですけどね・・・。

    そういえば,MAXXISでしたっけ?
    モンバントゥーなんてのもありましたね。
    あれも,UPHILL ONLYでした。

    こういうのもありなのかもしれませんね。
    いや,しかし,新ホイールも・・・(^^)

  15. 名前:3姉妹パパ 投稿日:2010/12/23(木) 11:12:10 ID:6114c517f 返信

    ↓こんなのも有りますね。
    IRC フォーミュラPRO ヒルクライム レーシング オンリー チューブレスタイヤ
    何と155g!
    FUSION3と比べると、前後輪で約300gの軽量化です。
    ttp://item.rakuten.co.jp/spoke-seya/miz_irc_hill/

  16. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/23(木) 01:03:41 ID:28ff683fd 返信

    >3姉妹パパさん

    こんばんは~

    そうで~す。
    もろ「飛び道具」です。

    たしかに,リム・ハブ・スポークを別々に選んで組み上げる,
    という手もあるのですよね。

    おいらの場合,スポークや,そのアレンジ方法の知識は皆無なので,
    なんともダメダメですが・・・。
    現在使っている,SHAMALのG3スポーキングも,
    「見た目がかっこいいから」
    という理由だけで選んでしまいました。

    アルミで1310gとは軽いですねぇ~
    しかもチューブレスとは!

    ATOMなんか付けたら,かなり軽いのでは!?

    冬場のおいらは,膝が痛くて,超低出力なので,
    平地をゆっくりポタするしかありません。

    また,鵠沼海岸あたりで夕日を見ながら,
    ホイール談義でもしましょうか!

  17. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/23(木) 00:56:17 ID:28ff683fd 返信

    >EXEさん

    しかし,Reynolds,見れば見るほど気に入ってきています。
    66Tもかっこいいですよね。

    FFWDも,表面のクリアコーティングが妙にかっこいいです。

    今のところ,ZIPPはあきらめ(高いし・・・),
    FFWD vs Reynoldsになっています。

    あと1ヶ月ほど,ゆっくり悩んでみます~。

  18. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/23(木) 00:53:10 ID:28ff683fd 返信

    >keteruさん

    ん? なんだろ,このURIは・・・。

    伊豆大島ですか!
    いや~,ものすごく気持ちがよさそうですねぇ・・・。

    しかも,往復船+宿泊+大人2名で1万ちょいとはお安い。
    子供もロードバイクに乗るようになったら,
    家族全員で行くのも楽しそう。

    沖縄やハワイは高すぎるから,大島ってのもいいかもな~

  19. 名前:3姉妹パパ 投稿日:2010/12/22(水) 18:55:37 ID:e61b76669 返信

    とうとう、飛び道具ですかー(笑)
    妄想か?はたまた現実か?

    カーボンリムは、少し前に色々調べていました。
    各社のリプレースリムとかも買えるので、自分の気に入ったスポークアレンジで手組を考えての事です。
    ちなみに、FFWDとPLANET-Xのリムは違います。

    ちなみに、カーボンホイールの前に、実測1,310gのチューブレスホイール(アルミリム)を組みました。
    shiroさんと逆で脱チューブラーです。
    ようやく、軽量なチューブレス(クリンチャー可)を組めました!

    色々情報有りますので、今度ご一緒しませんか?

  20. 名前:EXE 投稿日:2010/12/22(水) 01:06:00 ID:6cf9220b6 返信

    ええ、すみません。実はZippユーザーですが、心はいつもReynoldsに傾いています。いや、Envyにも傾いているんですが・・・やじろべえみたいな状態ですが、隣の芝は青く見えるを心に唱えながら物欲を抑えています・・・

    直接MV32ULを使った事はないのですが、同社のSDV66Tを使っていました。その際にあまりの作りの良さに感動したので、Reynoldsを推している次第です。

    さて、何度か大変な長文でお邪魔させて頂きましたが、そろそろ情報も底をつきつつあるので、あとは”~に決定!”と書かれた記事をゆっくりと待つ事にします(笑)

    ではでは~

  21. 名前:keteru 投稿日:2010/12/21(火) 23:40:03 ID:796f99044 返信

     あ、すいません。  これは、ホイールの情報ではありません。
     ただ、『ここ行きたいなぁ~』というもの。
     一周 50Km 高低差400~500mいいなぁ~。

    http://www.tokaikisen.jp/news/rb-0127.htm

  22. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 23:29:51 ID:e6593dfe0 返信

    >EXEさん

    そう,レース写真等では意外と見かけるのですが,
    雑誌等ではほとんど見かけないのですよねぇ,Reynolds。

    見映えでは,やっぱり,Fulcrumやカンパ,FFWDのような
    押しの強いグラフィックには勝てませんねぇ・・・。

    そう,個体差で1000gをきってしまうこともあるみたいですね。
    どんな軽さなんだ > MV32T

    で,EXEさんは,ZIPP303だったんですね(^^)
    てっきり,MV32Tをお使いなのかと思っていました。

    そもそも,ZIPP303だって,相当優秀なホイールですよね。
    見た目もええしなぁ。悩むなぁ~

  23. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 23:28:27 ID:e6593dfe0 返信

    >つるさん

    FFWDは,最近,いろいろと注目を浴び始めていますね。
    RIDLEYなんて,どんどん使っているみたいですし。

    RACING SPEEDは,一度ご近所で見かけたことがあるのですが,
    あの,超かっこいいグラフィックに参ってしまったことがあります(^^)
    ご好意ありがとうございます!

    が,おいらは,のぼり専門家でがんばってみます(^^)

    XLRだと,確かにヒルクライム用でいけそうですよね。

    まずい!さらに選択肢が増えてしまった! うれしい!(笑)

  24. 名前:EXE 投稿日:2010/12/21(火) 14:31:02 ID:a6fa468d4 返信

    PBKは割と有名ですから大丈夫だと思いますよ。

    海外ではReynoldsは結構有名なのですが、見た目が地味なせいか日本ではマイナーですよね。確かに同じ値段なら見た目でBORA ONEを買う人の方が多い気がします。

    あと、カタログより軽いと書きましたが、どうやら個体差で1000gを切っている物もあるようです。リムの重量は逆算すると215gよりもう少し重いはず(ハブ280g、スポーク+ニップル200gで試算)なのですが、それでも十分ですね。

    カーボンホイール用のブレーキシューはSwissstopの黄色が有名ですが、アルミリムと併用すると食い込んだアルミ片がカーボンリムを削るので避けた方が良いです。シューのホルダーごと交換するのが楽でお勧めですよ。

    書いてて凄く欲しくなりました。Zipp303はドナドナしようかな・・・

  25. 名前:つる 投稿日:2010/12/21(火) 00:42:25 ID:00d8ac58f 返信

    FFWDはなかなか評判がいいようですね。

    レーシングスピードでしたら持ってますので試走して頂いてもいいのですが、
    やっぱりブレーキシューが・・・。

    今年の夏(猛暑)に富士山トリプルクライムをした際、
    某ショップの店長様がBORA TWOを使用していましたが、
    下りも全く平気そうでしたよ。(あざみラインでも)
    と言いながら、上りはこっちを勧めていましたが。

    http://blog.goo.ne.jp/ynffc255/e/67ccc014f06f6d3c275b0da3076003a2

  26. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 00:37:47 ID:e6593dfe0 返信

    >Noguさん

    でへへ(^^)

    が,まだまだ先の話だす。
    ヤビツ&FHC専用です(^^)

    が,確かにシューを交換するのが面倒くさいですねぇ。
    カーボン用のシューって,アルミでも使えるのかな!?

    もともと,ほとんどブレーキかけない人ですから。
    いまだに3年前のシューを使い続けています。
    ぜんぜん減りません・・・。

    ZIPP202の知名度はすごいですよねぇ。
    Reynoldsもほとんど同じお値段ですし,悩むな~(^^)

  27. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 00:35:44 ID:e6593dfe0 返信

    >amigoさん

    こんばんは~

    おいらも,もう「来期」です~(^^)
    なんせ,ガングリオンが痛くて,出力50%状態ですから・・・。

    たしかに,そんなに大きな差はないのかもしれませんね。

    おいらレベルの一般人が,
    水泳やるのに,SPEEDO社とミズノのウェアで悩んでいるようなレベル?(笑)

    たしかに,ZIPPだとイバリが利きそうですね。

    しかし,逆にReynoldsだと,
    飛び道具を使っていることがばれにくいかも知れません。
    意外といいかも(^^)

  28. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 00:32:53 ID:e6593dfe0 返信

    >酔人42さん

    これまた,軽い&お安いホイールですねぇ。

    さすがに,Reynoldsの215gには届きませんが,
    250gだって,十分軽いですよね。

    どんどん,選択肢が増えていくのがうれしいような,
    悩ましい今日この頃です。

    情報ありがとうございました!!

  29. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 00:30:53 ID:e6593dfe0 返信

    >EXEさん

    おっと,追記がありました。
    特売情報,ありがとうございます!!

    びっくりするくらいお安くなっていますね。
    もはや,EASTON EC90SLX並みです。

    おいらは,BellatiとWiggleしか海外輸入したことが無いのですが,
    ProBikeKitってサイトは大丈夫なのでしょうかね?

    ちょっと調べてみよう(^^)

  30. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 00:27:26 ID:e6593dfe0 返信

    >EXEさん

    そう,本国HPによると,THIRTY TWOになったようですね。
    妙に分かりにくいモデル名ですが・・・。

    それにしても,驚異的に軽いリムですね。

    FFWDの20mmに比べ,32mmと高いので,
    より薄肉化できるのでしょうかね?

    それにしても,知名度がおそろしく低い気がします。
    もっともっと紹介されてしかるべきだと思うのですよねぇ。

    ただ,見た目(グラフィック)は,
    BORAやFFWDのほうが好みだな~(^^)

  31. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/21(火) 00:23:37 ID:e6593dfe0 返信

    >keteruさん

    カーボンホイール,やっぱり,軽そうですよねぇ。

    先日,FUSION3→PRO3Lightに履き替え(前後で100g軽量化)たときは,
    びっくりするくらい回転が軽くなりました。

    SHAMAL→軽量カーボンだと,400~500gも軽くなります。
    やっぱり,ここ1番の勝負にはカーボンリムに目が行ってしまいます・・・。

  32. 名前:Nogu 投稿日:2010/12/20(月) 22:44:20 ID:905c5cf27 返信

    あ~
    とうとうカーボンホイールに逝っちゃいますか。
    まだ、回りにはカーボンホイールを使っている人はいませんなぁ~。
    でも、リムがカーボンだとブレーキシューも交換ですね。
    シャマルとの両刀遣いだと交換頻度が多そうですな。
    僕は先ず非カーボン系フレームを交換したいでございます。
    個人的には知名度と格好良さからZIPP202がいいかな。
    購入したら試乗させてください。
    でも、ブレーキ変えなきゃダメか。

  33. 名前:amigo 投稿日:2010/12/20(月) 13:25:58 ID:c07816057 返信

    こんちは~
    自分も”来季”(もう積雪でロードは乗れません…)はホイール新調しようかなぁと
    考えてました。たぶん履きっぱなしになると思うので廉価版ディープになりそうです。
    ヒルクライムだけだとリムの軽いディープじゃない方が楽そうですが、
    どうせ決戦用ならどーんとZIPPで(笑)。Reynoldsも良さそうですよね~。

    我々素人には多分「重さ=タイム」ではないでしょうから
    見た目で選んじゃうのもアリ!?

  34. 名前:酔人42 投稿日:2010/12/20(月) 08:58:41 ID:a8d4648a6 返信

    おはようございます。

    お安いホイールですと、イギリスのPLANET-Xも、リム250g、前後重量1180gですよ。
    http://www.planet-x-bikes.co.uk/i/q/WBPX20BLK/planet-x-handbuilt-20mm-carbon-wheelset

    リム:赤、ロゴ:黒、リム:黒、ロゴ:赤の2種類あります。今は売り切れになってますが・・。

    値段も、たしか送料入れても6万円でおつりがきたと思います。

    ググってみると、FastForwardとリムは同じでは?というような記事も見かけました。

    ヒルクライムのインプレをご紹介できるほどの腕(脚?)が無いのが申し訳ないです。

  35. 名前:EXE 投稿日:2010/12/20(月) 01:41:53 ID:0ee162c67 返信

    ちょっと追記です。
    ProBikeKitでReynoldsと検索すると・・・在庫限りですが・・・

  36. 名前:EXE 投稿日:2010/12/20(月) 01:18:05 ID:0ee162c67 返信

    あっ、すみません。ちょっと勘違いしていたようで、正式名称はMV32UL Tでした。Mid-V 32mm(height) Ultralight Tubularの略ですかね?
    これで検索するとCRCなど出てきます。今年?からモデルチェンジして、THIRTY TWOという名前に変わってしまったので、代理店もそれに合わせて書き換えている可能性がありますね。

    リム重量はマークしていなかったのですが、相当軽いですね。LEW RACINGの息が掛かっているという噂もちらほら見かけますが、重量もさることながら作りも良いですからね。DTハブも回すと分かりますが、寸分狂わずという言葉がぴったりなほどしっかりしています。

    EDGE Composites(現在はENVYに改名)のリムで手組みというのもネタが増えて良いかと思いましたが、25mmで250gとMV32には遠く及ばないですね。改めてMV32の驚異的な軽さを認識しました・・・

    Reynoldsは重量のサバ読みが無い事でも有名(大抵下回るほど)ですから、EC90SLXのように裏切られる心配も無いと思います。

    唯一のネックはお値段ですが、これだけ歴然とした差を目の当たりにするともはや迷う余地も無いような(笑)。でも、どれを買うか悩んでる時って楽しいんですよねぇ。

    ハッ、また長くなってしまいました。このあたりで失礼します。

  37. 名前:keteru 投稿日:2010/12/19(日) 23:49:26 ID:e89656cdd 返信

     カーボンリムですか憧れますねぇ~・・・。
     まあ、私はいいとこシマノのDA系統のが精々ですかね~、チューブレス対応のホイールもっと出ないかな?
     自分自身はチューブラーを使う気は今のところ無いんですが、乗り心地はホントいいですよ。 この前CYCLE MODE2010で、Ridley NOAH と BH G5 がShimano FFWD F5R 240Sを付けてまして、これで取りあえず体験済みです。 チューブレスよりも乗り心地はいいと思いますよ。

  38. 名前:Shiro 投稿日:2010/12/19(日) 23:04:03 ID:65eee8b0c 返信

    >EXEさん

    コメント,超ありがとうございます!

    いやはや,MV32T UL。
    調べれば調べるほど,すごいホイールですね!!

    リムが32mmとほどよい高さであることも幸いしてか,
    リム重量が215gしかないそうです(!)

    こりゃぁ,もう,性能面ではこいつしかないであります。

    一方,ハブやスポークは普通の製品を使っているので,
    おっしゃるとおり,メンテナンス性の高さもありますね。

    確かに,このホイールを使い始めてしまったら,
    平地まで乗りたくなってしまいそうで怖いです・・・。

    それにしても,代理店がサボっているのか,
    国内ではそんなに名前聞かないですよね?
    MV32Tって。

    「MV32T リム重量」でググってみたら,
    フォトポタ日記が出てきてしまいましたよ(笑)

    クリンチャーのMV32Cの方は,シャマルとあんまりかわらん感じでした。
    やっぱ,チューブラーで行くしかないにゃ~

  39. 名前:EXE 投稿日:2010/12/19(日) 12:02:02 ID:65ad61dee 返信

    確かにヒルクライム専用なら外周部の軽さが鍵ですね。

    やっぱりお勧めはMV32Tです。
    というのも、まず第一にReynoldsはリムの作りが非常に綺麗なんです。素材がカーボンなのでどうしてもブレーキの利きにムラが出るのですが、ZIPPに比べて圧倒的にそれが少なく、結果的に安心して下れる、という事に繋がります。
    また、スポークがストレートプルではなくJベンドの普通のスポークなので、万が一の時の応急処置に困りません。富士HCの4日前にスポークが飛んでも、タキザワから取り寄せられるんです。こういうメンテナンス性の良さは意外と語られませんが、機材に限りがあるアマチュアにとっては意外と重要なファクターだと思っています。

    あと、リムが低いほど放熱性も下がるので、下りでブレーキを比較的良く掛ける場合はあまり低いリムは適さないようです。例えばF2Rの80kgという体重制限も、体重が重いほどブレーキ摩擦が増える訳ですから、リムへの負担ではなく熱への対策という点で制限しているということだそうです。最近のカーボンリムは熱にも強くなっているそうですし、shiroさんは体重が軽いのであまり気にされなくても良いと思いますが、一応何か判断の際に参考になれば思い書かせて頂きました。

    では、コメント欄に長文失礼しました。

    p.s. カーボンホイール&チューブラーが楽すぎて、いずれ平地でも使ってしまう気がします・・・ そのぐらい楽なんですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です