TNIの高圧対応ポンプ,『ハイポリッシュフロアポンプ』

手前が『ハイポリッシュフロアポンプ』。奥がTOPEAKのJoeBlowSports。

手前が『ハイポリッシュフロアポンプ』。奥がTOPEAKのJoeBlowSports。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

半年ほど前に,ほんのちょっとだけ顔出ししていたのですが,フォトポタ高圧タイヤ研究所に,TNI『ハイポリッシュ フロアポンプ』というアイテムが仲間入りしていました。

空気圧ゲージがゼロ調整できていないという初期不良で一度は返品となりましたが,その後,無事に正しい商品が返送されてきて,現在まで半年間,無事に活躍してくれています。

さて,Shiro家初の高圧対応ポンプの使い勝手はどんなもんでしょう・・・?




高圧対応ポンプ TNI社『ハイポリッシュ フロアポンプ』

TUFO EliteJet<160gタイヤに,パンパンに空気を入れるために購入したのは,TNI社の高圧対応ポンプ『ハイポリッシュ フロアポンプ』という製品。

前回の記事で簡単に紹介していますが,こちらの特徴は,以下の通りです。

  • 最高で16気圧まで注入可能な高圧対応
  • 注入後にヘッドで空気圧を調整可能
  • 高圧対応品ではかなり安い(5500円)
  • ピカピカしている(笑)

最後のはど~でもいいですが,最大の特徴は何と言っても「16気圧まで入れられるゼ!」という一点です。

購入から半年,従来のポンプ(TOPEAK社の『JoeBlow Sports』)と併用し続けてきましたが,その使い勝手をまとめると以下の通りです。

でも,本当に光り輝いて美しいんです(^^)

でも,本当に光り輝いて美しいんです(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

良い点

まずは,良い点・気に入っている点から。

最高16気圧まで入れられる!

これができなければ即刻ゴミ箱行きですが,そんな心配は無用。ちゃんと16気圧付近まで入れることができます。

TUFO EliteJetは15気圧が上限なのですが,試しに一度だけ16気圧まで頑張ってみて,ちゃんと注入することができました。(タイヤは「鉄製か?」というくらい固かったですが・・・)

JoeBlowSportsと同じですが,見やすいゲージ。目標値の目印(▲マーク)も付いています。

JoeBlowSportsと同じですが,見やすいゲージ。目標値の目印(▲マーク)も付いています。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

空気圧ゲージは16気圧よりも少し先まで刻まれていますし,目標の空気圧の目印をセットすることができるようにもなっているので,この点は使いやすいし見やすいです。

注入後の空気圧調整が可能

ヘッド部に空気圧調整用のバルブが付いています。

空気を入れた後,ヘッドはバルブを加えたままにして,ヘッド部にある小さなボタンを押すと,排気用の弁が開いて空気圧を調整することができます。

写真の真ん中辺りにある,黒い小さなボタンが,空気圧調整用。押すと空気が吐き出されます。

写真の真ん中辺りにある,黒い小さなボタンが,空気圧調整用。押すと空気が吐き出されます。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

空気圧はポンプ本体のエアゲージでだいたい分かりますから,細かいエア調整をするのでなければ,大体このボタンで所望の空気圧に設定できちゃいます。

なので,最近は長年愛用してきたパナレーサーの『デュアルヘッド・デジタルゲージ』の出番がめっきり減ってきました。

やっぱり,人間,一度楽をしてしまうとダメですね(^^;)

イマイチな点

ポンプなんだから,所定の空気圧さえ入れられればいいんでは?という意見もあろうかと思いますが,使ってみると意外とそうでもないんです。

16気圧まで入れるのは猛烈にキツイ!

前述の通り,確かに16気圧まで入れることはできるのですが,簡単にできるわけではなく,とても苦労して16気圧まで辿り着くという感じです。

12気圧あたりから先は,全身でダンシングしながらじゃないとハンドルを押し下げることができません。

ここらへん(12気圧)から先はポンピングが苦しくなってきます・・・。

ここらへん(12気圧)から先はポンピングが苦しくなってきます・・・。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

おいらが低体重(56kgくらい)というのも問題かもしれませんが,簡単に16気圧までポンピングはできる人は少ないのではと思います。

「力=圧力×面積」ですから,もっともっとポンプを細くしてストロークで稼げばいいのかもしれませんが,これ以上細くすると,必要なストロークが長くなりすぎたりして使いにくくなるのかもしれませんね。

いずれにせよ,体重56kgでキツイくらいですから,マツコDX以外の女性の場合は10気圧以上は不可能かもしれません。

まぁ,「16気圧」なんていう化け物みたいな空気圧ですから,そんな簡単に入るほうが不思議といえばそうなのですが(乗用車が2~3気圧ですもんね)。

6月の富士ヒルクライムの朝,駐車場でピョンピョンとダンシングしながら空気を入れているおじさんがいたら,たぶん,おいらです(笑)

ヘッドが使いにくい

フロアポンプを選ぶ際の重要なファクターの一つに「ヘッドの使いやすさ」があるかと思います。

「ヒラメ」のヘッドは使いやすくて有名ですが,今まで使っていたTOPEAKのスマートヘッドも悪くはありませんでした。

しかし,TNIのヘッドは以下のような使いにくさがあります。

  • 装着時のレバーがすごく重い
  • 開放時のレバーもものすごく重い
  • 苦労して開放すると,指をレバーでぶったたかれる
  • 開放時に大量のエラーを大気中に放出してしまう

レバーが重い分,がっちり咥え込んでくれるのですが,開放もすごく重く,モタモタしているとエアが盛大に漏れてしまいます。

この状態から,ヘッドを外すのに手間取り,せっかく入れたエアーが漏れていく・・・。

この状態から,ヘッドを外すのに手間取り,せっかく入れたエアーが漏れていく・・・。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

3.については,TOPEAKのスマートヘッドも同じ問題があるのですが,もともとのレバーの重さがハンパ無いぶん,指を挟まれたときの痛みはこの世のものとは思えないほどで,鍛え抜かれたゴルゴ13ですら,依頼者の名前を白状してしまうレベルです。

ただ,これについては,TOPEAKスマートヘッドと同様,購入直後にビニールテープで保護したので解消されています。

ヘッドだけ別メーカーのに換えられないかなぁ・・・。

レバーにテープやゴムを付けておかないと,いつか死ぬほど痛い目にあいます・・・。

レバーにテープやゴムを付けておかないと,いつか死ぬほど痛い目にあいます・・・。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ヘッドの先端を外して逆向きにつけると,仏式⇔米式を使い分けられます。

ヘッドの先端を外して逆向きにつけると,仏式⇔米式を使い分けられます。

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ポンピング時の音がうるさい

ポンピング時の「擦れる音」が結構気になります。

昼間に外でやる分には全く気になりませんが,早朝ライドで室内でポンピングしたりすると,「キィ~」という音が室内に響き,家事を放ったらかしてトンズラしようという企みがバレてしまうリスクが増大します。

先代のTOPEAK JoeBlow Sportsがまったくの無音だっただけに,残念な点です。

まとめ

ポンプなんだから,空気さえ入れられれば問題なく,ちゃんと16気圧まで入るポンプとしては比較的お値段も安いので,とりあえずは合格点ではあります

しかし,ポンピングの大変さや,ヘッドの使いにくさを考えると,万人にオススメできるポンプでは無いと思われます。

こいつだけ,取り替えちゃおうかな・・・?

こいつだけ,取り替えちゃおうかな・・・?

Nikon D90 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ポンピングの大変さは変えようがないですが(太るとか?),せめてヘッドだけでも使いやすいタイプに交換しようかなぁ・・・?

お金に余裕がある方は,高圧対応ポンプの世間相場である1~1.5万円クラスを購入されたほうがいいかもしれませんね。

貧乏なおいらは,当面はジャンピングポンピング®で頑張る所存です。

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

でも5000円台は安いなぁ・・・

[メーカーサイト]

Amazonも同じくらい

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2014/10/24(金) 20:09:55 ID:de897a42e 返信

    >さん

    タンク付きのポンプってありましたよねぇ。
    そういえば,最近,あんまり見ないような・・・。

    そもそも,あのタンクってなんのために付いているんでしょう!?

    自転車タイヤのバルブ口は狭いから,一気に入れようとするとソコが抵抗になって入りにくい。
    そのために,いったんタンクに貯めておく。

    そんな感じなのかな,たぶん・・・。

    一度もタンク付きのポンプを買ったことが無いので,なんともかんともです。

  2. 名前:Shiro 投稿日:2014/10/24(金) 20:05:46 ID:de897a42e 返信

    >Kさん

    そう,見た目は最高に格好いいポンプなんです。
    なんせ,ピカピカしてますから(^^)

    で,空気圧ですね。

    おいらも,クリンチャーやチューブレスでは6~8気圧くらいで乗っています。

    が,山岳決戦タイヤのTUFO EliteJet

    クリンチャーやチューブレスと違って,リムとビードで抑えているわけではなく,タイヤ単体が「浮き輪」みたいな構造をしているので,高圧に耐えられるのかな・・・?

    とにかくべらぼうに高圧にできるので,路面状況さえよければ転がり抵抗の小ささは驚き物です。

    ただ,凸凹があるとかなりキツイですが・・・。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2014/10/24(金) 19:57:19 ID:de897a42e 返信

    >EXEさん

    おぉ,EXEさんはまさに高級なLEZYNEじゃないですか。

    おいら,手持のLEZYNE用品は「パンク修理パッチセット」しかないですよ・・・。

    目ためは素晴らしいのですが,全般的にガタが多くて,ポンピング時の音も気になります。

    まぁ,頑張ればちゃんと16気圧まで入るので問題無いのですが。

    KCNCのヘッドはコンパクトでかつ使いやすいのですか。
    すばらしいなぁ。

    来月あたりのお小遣いで購入検討です(^^)

  4. 名前:K 投稿日:2014/10/24(金) 13:05:19 ID:99449ed2e 返信

    shiroさん、すいません、何重にも投稿されてしまっているようで・・・>

  5. 名前:えりっち 投稿日:2014/10/24(金) 12:42:49 ID:c284e489c 返信

    Shiroさん、こんにちは。
    ほんとに綺麗なポンプですねぇ。
    私は扱いが雑なので、すぐ傷だらけにしちゃって凹みそうですが。

    それにしても、ヘッドのレバーはメーカーでもなんとかしてほしいですね。
    私も先日、ジョーブローに買い替えたのですが、早速、親指を噛まれました。(親指の爪の中に血豆が・・・)
    shiroさんの記事を読んで「おちゃめ☆さんだなぁ」なんて思ってた自分が恥ずかしいですw
    EXEさんのオススメのKCNCを検討してみますかね。

    それにしてもtufoの高圧対応は、もはや変態の域ですね・・・。
    乗り心地重視でチューブレスを6.8barしか入れない私にとっては想像の閾値を越えてます。

  6. 名前:K 投稿日:2014/10/24(金) 12:19:03 ID:99449ed2e 返信

    カッコいいポンプですね~
    初歩的な問です、ロードで16気圧ポンプって必要なのでしょうか?クリンチャーでも大体7気圧くらいでチューブレスだったら、もっと低い気圧で大丈夫だと思ってて、ジョーブロッカーポンプでも賄えると思ってたんですが・・・

  7. 名前:キナバルの★ 投稿日:2014/10/24(金) 12:18:28 ID:9de5e019b 返信

    Shiroさん、こんにちわ。

    昔々、自転車用の空気入れポンプに、補助シリンダー付(メインのシリンダーの根元に小さいシリンダーが着いており、この補助シリンダー経由で空気を入れます。)のポンプがあった記憶が、おぼろげにあります。それだとただのポンプより楽だった気がします。

    とは言え、そのころの自転車は今で言うママチャリクラスなので、そんな超高圧にはしなかったんですが、それでも違いはありました。

    そんなタイプの空気入れは、もう今は無いんですかねえ?

  8. 名前:K 投稿日:2014/10/24(金) 12:15:46 ID:99449ed2e 返信

    カッコいいポンプですね~
    初歩的な質問です、ロードで16気圧ポンプって必要なのでしょうか?クリンチャーでも大体7気圧くらいでチューブレスだったら、もっと低い気圧で大丈夫だと思ってて、ジョーブロッカーポンプでも賄えると思ってたんですが・・・

  9. 名前:K 投稿日:2014/10/24(金) 12:15:46 ID:99449ed2e 返信

    カッコいいポンプですね~
    初歩的な質問です、ロードで16気圧ポンプって必要なのでしょうか?クリンチャーでも大体7気圧くらいでチューブレスだったら、もっと低い気圧で大丈夫だと思ってて、ジョーブロッカーポンプでも賄えると思ってたんですが・・・

  10. 名前:EXE 投稿日:2014/10/24(金) 01:23:15 ID:13b607c5c 返信

    5500円でこの仕上がりは凄いですね。長年Lezyneを愛用していますが、私のSteel Floor Driveと大体一緒でハイエンド並みの見た目とは・・・

    ヘッドは既成品だと使いやすい事って滅多に無いですよね。3rdパーティのヘッドといえばヒラメが有名ですが、個人的にはKCNCのヘッドがお勧めです。両方持っていますが、ヒラメは重量があり(しかも結構大きい)、雑に扱うとフレームやホイールにぶつけてダメージを与えてしまいそうなのに対し、KCNCは非常にミニマムで軽量なので、万一の際にもダメージは最小限で済むように思います。作動感はいい勝負ですが、同じ使い勝手なら軽い方が楽ですし、なんせオール削りだしで綺麗にアノダイズド処理してありますから、所有する満足感もKCNCの方が上だと思います。

    3年近く使い込んでいますが、今のところ耐久性も問題ありません。ヒラメには古き良き時代の日本製品らしさがありますし、それはそれで素晴らしいと思いますが、実用的な面も加味すると軽量高精度なKCNCの方が使いやすいかなと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です