チューブレスタイヤに釘が刺さる現象に遭遇!

うんぎゃ~,買ったばかりのROADLIITEチューブレスが!!

うんぎゃ~,買ったばかりのROADLIITEチューブレスが!!

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

先日の記事で少し紹介したのですが,思いついて夕方ライドに出かけた日,こんなすごい状況に遭遇していしまいました。

「また,パンク!?」

と笑わないでください。

これは,パンクじゃないんです。

チューブレスタイヤに長い釘が刺さっただけです(笑)

長いけど,要するにこんなお話です(^^)

  • 買ったばっかりのチューブレスタイヤ,IRC「ROAD LITE TL」に釘がグッサリ!
  • そのまま気が付かないでしばらく走ってしまうくらい,バーストもしないし,エア漏れもしない
  • 応急修理は,タイヤを外して,クリンチャー用のチューブを入れるだけ(もちろん,釘は抜いておく)
  • 本格的修理は,タイヤの裏面(=チューブ膜)にパッチを当てるだけ
  • 総じて,チューブレスタイヤのパンク対応は楽だわ~(^^)


謎の釘刺さり現象に遭遇!

葉山付近の細い半島の道を走っていたところ,リアタイヤから「カツ,カツ,カツ」という音が聞こえてくるようになりました。

「あれ? スピードセンサーマグネットがぶつかってるか?」なんて思ったのですが,あいにく後続の自動車が多くて停まることができず,500mくらい走ってから路肩にとめることができました。

で,リアタイヤを見てビックリ。

冒頭の写真の通り,使い始めて間もないIRCの「ROADLITEチューブレス」に釘がガッツリとタイヤに食い込み,頭だけが半分飛び出ている状態でした。

我が目を疑いました。

どう見ても,釘の本体部分(?)?はタイヤの中にグッサリと入っているのに,走行できてしまっているのはどういうことなんでしょう!?

手で触ってみると,釘はカチカチに固く刺さっていて,全く動く気配がありません。

指でつついても,ビクともしません。

指でつついても,ビクともしません。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

当然,エアーが漏れているかと思ったのですが,耳を近づけても何も音がせず,ボトルの水をかけても何もおこりません。

しかし,その状態で釘を手でグイグイ押すと,エアーが漏れて水が泡立ちましたので,釘はタイヤ内部まで貫通しているのは間違い無さそうです。

・・・

この,「釘はブッ刺さっているけど,エア漏れしていない状態」をなんと呼ぶのでしょう?

広辞苑によると,「パンク」とは「タイヤのチューブに穴があいて空気が抜けること」を刺す指すようです。

この定義によると,確かに釘で穴はあいているのですが,空気が抜けていっていませんので,パンクではなさそうです。

また,Wikipediaにでは,「何らかの原因でタイヤの空気が漏れ,そのままの状態では走行できず,すぐに修理する必要がある状態」とあります。

空気は漏れていないし,しかも,そのままの状態で走行までしてしまっています(すぐに修理する必要はありそうですが・・・)。

一体,これはなんという現象なのでしょう?

パンクじゃないしなぁ・・・(く,苦しい)

パンク修理に着手!

屁理屈をこねていますが,そう,素直にパンクです(笑)

すぐにバーストするクリンチャーと違って,チューブレスではスローパンクとなることが多いはずですが,こんなにもパンクに強いとは思いませんでした。

美しい海とデカイ釘。ある意味,絶景である。

美しい海とデカイ釘。ある意味,絶景である。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

しばし,チューブレスの強さに感動して写真を沢山撮っていましたが,早く修理して走り出さないと夕日を見逃してしまいます。

と言っても,出先でのチューブレスタイヤの修理はとても簡単で,クリンチャー用のチューブを入れちゃうだけです。

具体的手順は,

  1. エアを抜き,タイヤを外す
  2. 異物を除去する
  3. チューブレスバルブを外す
  4. クリンチャー用のチューブを入れる
  5. タイヤをはめる
  6. エアーを入れる
  7. ブログに記事をアップする(人によりけり)

というもので,普通のクリンチャーのパンク修理に比べれば,手順3のチューブレスバルブの取り外しくらいです。

とりあえず釘を抜く。でけぇ~~~!

とりあえず釘を抜く。でけぇ~~~!

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ホイールについている,チューブレス用バルブを外します

ホイールについている,チューブレス用バルブを外します

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

あとは,予備のチューブを入れれば完成

あとは,予備のチューブを入れれば完成

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ただ,一点だけだいぶ焦りました。

予備のチューブのバルブが短くて,そのままでは携帯ポンプでエアを入れられないことに気が付きました。

そこで,エクステンダを装着したのですが,ここにも落とし穴があり,チューブのバルブとエクステンダの装着部分に隙間があって,シューシューとエア漏れしてしまうのです。

幸い,過去の苦い経験から,バルブに装着できるサイズのOリングを何個か持ち歩いていたので,これを装着することでエア漏れが解消されました。

バルブにつけた,小さなO-リング。命拾いしました(^^)

バルブにつけた,小さなO-リング。命拾いしました(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

やっぱり,何事も沢山経験しておくことが大事ですね(イヤですけど)。

本格的修理@家

応急的にチューブを入れたチューブレス(ややこし!)ですが,その走り心地は悪くなく,稲村ヶ崎までの約10kmのコースを30~40km/hで巡航してもなんともありませんでした(自分が鈍いだけか?)

一瞬,「このままチューブ入りでもいいか」と思ってしまいましたが,無駄に重いタイヤも嫌ですし,表面に大きな穴が開いたタイヤに乗り続けるのも,精神衛生上よろしくありませんので,家に帰ったら恒久的な修理に着手です。

チューブレスタイヤの恒久的な修理方法は,これまた簡単です。

具体的な手順は,

  1. 穴があいている場所に,裏側からパッチをあてる
  2. ブログに記事をアップする(しつこい?)

だけです。

「チューブレス」といっても,タイヤの内側に,普通のクリンチャーのチューブに相当するゴムが張り付いているような作りです。

ですので,穴の開いた部分に,普通の修理用のゴムパッチを当ててあげれば,基本的な修理は完了です。

家の工具箱を探すと,遥か大昔にWiggleで購入した「チューブレス専用」と書かれたハッチンソンのパンク修理キット「Rep’air」を発見。

おフランス製,パンク修理キット。中身はふつ~(笑)

おフランス製,パンク修理キット。中身はふつ~(笑)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

チューブレス専用と言っても,中身は普通のパッチとゴム糊のセットですが・・・(笑)このパッチを,クリンチャーのチューブ修理と同様に貼り付けて,とりあえずエア漏れはなくなります。

普通にゴムパッチをあてる。裏側から貼るのって,なんか新鮮(^^)

普通にゴムパッチをあてる。裏側から貼るのって,なんか新鮮(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ただ,今回はタイヤ表面の方にも釘が貫通した大きな裂け目がありますので,こちらを放っておくと,そのうち亀裂が大きくなったり,内部のゴムパッチがはみ出てきたりしそうな感じ。

デカイ裂け目。なんとかせねば。

デカイ裂け目。なんとかせねば。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

こちらについては,どういう接着剤で補修するか悩んだのですが,瞬間接着剤でやった場合,カチカチな「異物」になってしまい,いつか内部のゴムを傷つけてしまいそうな気がしました(先日の,EliteJet<160gパンク事件では,その点が疑われています)

そこで,せっかく手元におフランス製のゴム糊(もちろん,Rep’airのですが,たぶん普通のゴム糊)があるので,こいつを埋め込んでみました。

ゴム糊充填中。

ゴム糊充填中。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

仕上がり状態。見栄えは悪いけど,走れば削れて滑らかになるでしょう。

仕上がり状態。見栄えは悪いけど,走れば削れて滑らかになるでしょう。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

強度がどれくらいあるのか,イマイチ怪しいのですが,とりあえずはタイヤゴムと一体化してくれているように見えます。

この状態で,いつもより高めの7.5気圧まで上げて1日放置してみましたが,特に亀裂が広がったりするようなことはありませんでした。

あとは,実走行でどれくらい強度があるかですね。

おわりに

今まで,10000km以上もチューブレスタイヤを使ってきましたが,パンク(と言い切ろう)に遭遇したのは初めてです。

バカでかい釘が刺さるという派手な事故だったのですが,それでも,破裂することがないどころか,気が付かなければそのまま走れてしまうほどパンクに強いということを知りました。

釘は内部まで,がっつりと食い込んでいました。ひぇ~

釘は内部まで,がっつりと食い込んでいました。ひぇ~

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

さすがに,このままの状況で何キロも走れば,そのうち穴が拡大してエア漏れが始まるのだとは思いますが,いきなり破裂してしまうクリンチャー(過去のクリンチャーのパンクは全部破裂でした・・・)に比べたら,大きなアドバンテージだと思います。

50km/hでダウンヒル中,左コーナーに差し掛かった時点で釘が刺さって前輪が破裂し,コントロールを失ったところに,対向車線に神奈川中央交通バス(秦野~ヤビツ峠)が迫ってきたら・・・。

というわけで,今回の痛い(そうでもないけど)経験からは,「今後も絶対にチューブレスで行く!」という教訓を得ました。

それにしても,本当,頑丈だなぁ・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

驚異的な耐パンク性能です

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/03(水) 19:36:16 ID:f7be4c642 返信

    >i-HTT-TMさん

    ほんと,チューブレスはパンクに強いんですねぇ・・・。
    今回はエアを抜いてから釘を抜きましたが,お父さんと同じようにペンチで釘を抜いていたら,そのまま走れたかもしれませんね(^^)

    そうそう,接着剤。

    探したら,うちにも「ウルトラ多用途」ありました!

    確かに,こいつは固まっても柔らかい(?)ので,こいつの方がおあつらえ向きかもしれません。
    いわゆる「ボンド」のパワーアップバージョンという感じでしょうか。

    おフランス製のゴム糊がだめなときは,こちらでも試してみます!
    (ゴム糊は強度が全然ないので,ダメな気がしているんです・・・)

  2. 名前:koukuruma 投稿日:2014/09/03(水) 19:21:17 ID:5d9da762a 返信

    そうですよねー
    ママチャリだと完全にゴムだけで空気入れなくていいやつがあるんですけどねー。

  3. 名前:i-HTT-TM 投稿日:2014/09/03(水) 02:16:25 ID:e90c2a203 返信

    shiroさん
    チューブレスってやはり強いですね。
    私はクリンチャーとチューブラーしか使っていないので自転車ではチューブレス事故には遭遇しませんが、父のバイクのリアタイヤにshiroさんが戦ったのと同じくらいの大きさの釘が刺さったことが。その場でエイヤとペンチで引き抜きましたが、エア漏れすることなくバイク屋まで乗っていきました(笑)

    私はクリンチャーが切れたときに、一応応急でタイヤブートも持ち歩いていますが、補修にはボンドのウルトラ多用途S・Uというものを導入してみました。
    私はまだこいつの使用に出会っていませんが、FBで自転車乗りに聞いてみたところ使っている方には好評なようです。
    こいつ、「超速硬化」と書いてあるわりには「弾力性のあるゴム状になる」と書いてあり・・・、さらにゴム金属ガラス石スチロール皮プラスチック布などに使えるとか・・・
    読んだ感じ矛盾点を覚えますが・・・要するにさっさと乾いてなんでも接着するゴムだそうですw

  4. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/02(火) 23:16:00 ID:53f88b663 返信

    >koukurumaさん

    あまり付き合いたくはないのですけどね・・・。

    今まで10000km以上も無パンクだったのになぁ。
    ここ3ヶ月で3回もパンクしています。どうしたもんだか。

  5. 名前:koukuruma 投稿日:2014/09/02(火) 21:04:50 ID:0fcfa6f75 返信

    大変でしたねー!
    これからもパンクともうまく付き合っていかなきゃですね!!

  6. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/02(火) 19:32:28 ID:16bb21247 返信

    >_toshiさん

    そう,チューブレスタイヤの真価の一面を堪能できました(したくないんですが・・・笑)

    乗り心地もいいし,メンテもほぼフリー(テープやチューブが無い)ですし,チューブレス大好きです。

    個人的には,やっぱり,FUSION3がいいのですが,いかんせん,8000円/本は高いなぁ・・・。

    おっしゃるとおり,他のメジャーなタイヤメーカーからもどんどんチューブレスが出てくるといいのですけどね!

    BSなんて,タイヤと自社のチューブ(R’Air)合体させるだけじゃん(笑)

    そんなに簡単ではないんでしょうけど・・・。

  7. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/02(火) 19:29:47 ID:16bb21247 返信

    >えりっちさん

    恐ろしい体験話,ありがとうございます m(_ _)m

    やっぱり,ダウンヒル中にバーストすると,とんでもないことになりますよね・・・(涙)

    イベント中の事故で,周囲に人がいてくれたのが不幸中の幸いでしょうか。

    山奥で人通りが少なく,携帯電波も入らない場所で,同じような状態になったら,本当どうなっちゃうんだろう・・・

    ダウンヒルは嫌いだけど,ヒルクライムが好きな以上,避けては通れないダウンヒル。

    やっぱり,これからもチューブレスだなぁ・・・。

  8. 名前:Shiro 投稿日:2014/09/02(火) 19:26:01 ID:16bb21247 返信

    >mikkunnさん

    画鋲が刺さったまま帰宅ですか!
    まぁ,おいらも釘が刺さったまましばらく走っちゃいましたが・・・(^^;

    チューブレスの着脱は,一番最初にやったFUSION3では5時間もかかりましたが,それ以降は全然手間取らないですよ~。

    IRCのチューブレス専用タイヤレバーがすごく使いやすく,クリンチャーと変わりません。
    是非お試しを!(^^)

    釘は,相等に浅い角度で刺さっていて(ほぼ水平),リム側の傷は皆無でした。

    これでリムまで傷ついていたら,泣くに泣けないですもんね。

    ご心配ありがとうございました!

  9. 名前:_toshi 投稿日:2014/09/02(火) 09:00:39 ID:985fe309d 返信

    Shiroさん:

    おー、チューブレスの真価が発揮された事例ですね。
    私もチューブレスを使い始めてもう4年近くになりますけど今までこのような事態には至っておりません。
    やっぱり「いきなりズバーン」じゃなくてこれだけの物が刺さっても「ごく普通に停車できる」アドバンテージは大きいですね。
    なかなか「これだ!」って言う良いチューブレスが出てこないのが思案処なんですけど、こう言う事例を目の当たりにするとやっぱりチューブレスが良いなぁ。
    ミシュランかBSかコンチが他の全てを凌駕するほどのすごいのを出してくれないか熱望中です。

  10. 名前:えりっち 投稿日:2014/09/02(火) 01:35:37 ID:42665167b 返信

    こんばんは。
    チューブレスいいですよね。わたしもIRCのPro light使ってますが、異物貫通しても「ん?乗り心地が嫌にいいぞ?」ぐらいのスローパンクですw。以前はクリンチャーでしたが、昨年、イベントで峠の下り右コーナー手前でフロントチューブがバーストし、リムからタイヤが外れ一瞬で右肩から落車。鎖骨・右手のひら・肋骨の骨折、それに伴う肺挫傷で大会役員に人生初の救急車呼んでもらいました。幸い頭部は無傷でしたが、ヘルメットの内装があちこち割れていてぞっとしましたね。それ以来、下りがあるコースでは常にチューブレスを選択してしまいます。メンテの時、タイヤがリムから外れにくいんですけど、これが最後においらの命を救ってくれるかも?と思っちゃうんですよねぇ。

  11. 名前:mikkunn 投稿日:2014/09/02(火) 00:30:46 ID:dc112c5e8 返信

    画鋲刺した事有りますが、気がつかずに帰宅しました。
    自転車を部屋に持ち込むため、タイヤを拭いていて気付きました。画鋲が刺さると言えばあの中学校の所ですので、約20キロ、気付かずに走った事に成ります。
    シーラントが入っていたので穿刺部を下にして画鋲を抜くと、数秒で止まりました。しかし、チューブレスのタイヤ交換に辟易していたので、現在はクリンチャーです。
    それにしても、刺さった釘奥まで入ってましたね。リムは大丈夫でしたか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です