11,145kmブリのビッグイベント発生!

おぉぉ、4年ブリのこの光景 (><)

おぉぉ、4年ブリのこの光景 (><)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

いきなり衝撃的な、心臓に悪い写真ですいません・・・。

超久しぶりにパンクです。

最後にパンクしたのがいつか思い出せないくらい長い間、無パンク走行を誇っていたのですが、油断大敵、とんでもなく手間のかかるパンクトラブルで、最終的には過去に経験したことのない最終手段(?)での帰還になってしまいました。

いやはや、腕が筋肉痛です・・・



11,145kmブリのパンク事故発生!

次男坊は、週に何回かは学校(多摩地区)までの片道45kmを自転車で通っています。

親としては、子供の通学路を把握しておく義務があります(?)ので、一緒に自転車で学校まで走ってみることにしました。

午後から雨予報だったため、午前中に帰ってくるべく、ほとんど休むことなく境川CRを北上します。

早朝の境川CRは人もいなくて快適です。

早朝の境川CRは人もいなくて快適です。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

早朝のCRは誰もいないので、快適にミニトレインで走っていたのですが、油断大敵、町田駅付近で未舗装区間(!)が現れました。

急には止まれなくて、数十m砂利道を走ってしまいましたが、その後は自転車を押して歩くことで難を逃れました(逃れていないのですが・・・)

まさかの砂利道!!

まさかの砂利道!!

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

数十m走ってしまってから押し始めたのですが、時すでに遅し・・・

数十m走ってしまってから押し始めたのですが、時すでに遅し・・・

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

未舗装区間を押して越えた後は、また舗装道路を軽快に走っていったのですが、学校まであと5kmほどの地点で、前輪から「パン!」という、例の乾いた切ない音がして、徐々に空気が抜けていきました。

すぐに歩道に退避して前輪の様子を調べると、少量のシーラント漏れが見つかりましたが、少なくともバーストではなく、ゆっくりと空気が漏れているようでした。

徐々に空気が抜けて、こうなりました(><)

徐々に空気が抜けて、こうなりました(><)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

エンドレスパンク修理、エンドレスポンピング

過去、チューブラータイヤでのパンクは4回ほどですが、すべて、シーラント材(NoTubes)の追加注入で対応してきました。

今回も予備で1本のNoTubesを持っていたのでバルブから注入し、携帯ポンプでエアを入れ始めたのですが・・・

空気を入れても、漏れが止まりません・・・。

空気を入れても、漏れが止まりません・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

いくらやっても、どこかからエアが漏れてきてしまい、なかなか膨らんでくれません。

次男坊号に備えてあった、ちょいと高性能のポンプ(後日紹介予定)だとかなりカチカチに膨らむ(たぶん5気圧くらい)のですが、それでも、数分でヘナヘナに戻ってしまいます。

このポンプだと、なんとかパンパンになるまで入れられるのですが・・・。

このポンプだと、なんとかパンパンになるまで入れられるのですが・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

なんか、いろんなところから漏れ始めました・・・。

なんか、いろんなところから漏れ始めました・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

1時間ほど空気を入れては空になることを繰り返したのですが、どうも、パンクで空いた穴が大きくて、シーラントでは完全には塞ぎきれない模様。

そこで、パンク修理はあきらめ、なんとかして、次男坊の学校まで行って部室(自転車部です)でホイールを借りることにしました。

なんとか無事に生還!

先に次男坊を偵察に行かせたところ、部室には未使用ホイールがゴロゴロあることを確認。

我が前輪は、高性能ポンプでパンパンに入れれば500mくらいは走れます。学校までは約5kmですから、10回ほど同じことをやればたどり着けます。

停まるたびに100回、合計で1000回ほどポンピングし続け、なんとか学校に到着しました。

500m走って100回ポンピング。徒歩よりはギリギリ速い(笑

500m走って100回ポンピング。徒歩よりはギリギリ速い(笑

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

一番程度の悪いホイール(前・タイヤ付き)を、貸出簿に記載してお借りし、家までの復路45kmを走りました。

途中雨が降り始めたのでかなり飛ばして家まで走りましたが、なぜか、足より腕が筋肉痛です(笑)

前輪をお借りしました。ガタガタでしたが、ありがたや~

前輪をお借りしました。ガタガタでしたが、ありがたや~

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

次の10,000kmに向けて

冒頭にも書いた通り、前回のパンクがいつだったのか思い出せないのですが、フォトポタ日記の過去ログを漁ってみると、2015年4月にヤビツタイムアタック時にパンクしたのが最後でした。

悲劇のヤビツタイムアタック ー 30kmダンシングはキツイ!

前回予告したとおり,先週の土曜日に,4月に入って2回目のヤビツ峠タイムアタックに出かけてきました。

高すぎたタイヤ空気圧を,体重(絶賛増加中)に合わせて適正化し,さらに,序盤の飛ばしすぎを抑えたクレバーな走りを目指します。

スタート地点の名古木交差点でNoguさんと待ち合わせ,気合を入れてスタートしたのですが・・・。

この時から4年9カ月、11,145kmブリのパンクです。

前回、「無パンク10000km!」と喜んでいた時も、そのすぐ後にパンクに遭遇(10,613km)しており、今回も10,000kmをちょっと超えたところでパンクです。

無パンク20,000kmへの道は遠いですねぇ・・・。

10,613kmブリのパンク事故発生!
-->シーラント剤NOTUBES。最高です!(^^)Nikon D600 + ...

現在、前輪(Reynolds)は次男坊の学校に残置されてるので、詳細状況はよくわかりません。

エアを入れたときに、タイヤの側面全体からシーラントがにじみ出ていましたので、内部のチューブの損傷が大きくて、シーラントでは塞ぎ切れないのだと思います。

その結果、大量に入れたシーラントはタイヤ内部にあふれかえり、(チューブではなく)タイヤでエアを短時間ながら保持し、500mくらいは走れたのだと考えています。

タイヤの側面全体からシーラントが滲みでていました(なぜかバッタが・・・?)

タイヤの側面全体からシーラントが滲みでていました(なぜかバッタが・・・?)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ロングライド時には、SHAMAL(+チューブレス)で走ることに決めていて、チューブラーはヒルクライムかご近所ライドにしか使ってきませんでした。

が、今回のように、SHAMALを子供使われてしまうと、自分はチューブラーになってしまいますので、ちゃんと対策しないとだめですね。

  • 交換タイヤ(+TTP1)を持っていく
  • 高性能ポンプをもっていく(CO2も)
  • カーボンクリンチャーホイールを買う

このあたりが主な対策でしょうか(多少間違っているような・・・)

いろいろ学んだ、11,145kmブリのパンク事故でした。

おしまい。

4年も使ってなかったら、シーラント剤も一部固まってました。たまに使用しておくべきですね。

4年も使ってなかったら、シーラント剤も一部固まってました。たまに使用しておくべきですね。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



シーラント剤で修復できなかったのは初めてです


お求めの際は大型ボトルがおススメです


今回大活躍のポンプ。これじゃなきゃ、帰ってこれなかったカモ・・・

コメント

  1. 名前:類我野 投稿日:2019/09/30(月) 21:01:44 ID:d11246fac 返信

    秋田市は概ね12月から3月頃までは積雪や残雪のため外乗りがが厳しくて…
    その前後も降ったり消えたりで、しかも寒くて外乗りの機会が少ないので、1年間外乗りの機会がある(と、思われる)関東以南の皆様に比べれば半年近い差があるのでは…?
    12年間っても外乗りはその半分位しか出来てないでしょうから…
    その半分は屋内なので、ローラーではパンクしないか?

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/09/30(月) 23:55:02 ID:d0546fbb0 返信

      おぉ、ローラー台込みでしたか!!
      それであれば、自分も結構長く無パンクです(^^)

      去年は、屋内2000km、屋外4000kmとだいたい2倍くらいです。
      というわけで、実質的に無パンク20000kmくらい達成かな・・・?

      寒すぎるのも乗れないですが、今年の夏みたいに暑すぎても乗れないんですよね。
      結局、春・秋しか屋外ライドしてないなぁ・・・。

      あ、そうそう、ローラーでパンクしたことありますよ~(^^)
      エア抜き過ぎて過熱で

  2. 名前:類我野 投稿日:2019/09/28(土) 19:18:52 ID:de6261274 返信

    ありゃぁ、大変でしたねぇ

    私はロードバイクに乗り始めてからの12年間、タイヤやチューブ交換はした事がありますが、まだパンクの経験がありません

    対策まだありそう
    ・ママチャリ用の無パンクタイヤ(総ゴムや中ウレタンの重っいヤツ)を履く
    ・スペアのタイヤホイールセット(前後)を背負って走る
    ・スペアのバイクを背負って走る
    などは如何でしょうか?

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/09/29(日) 23:54:31 ID:b31ca7c18 返信

      12年間、無パンクとは!!!
      まさか、1年で1回しか乗っていないとか・・・?(なわけないか)

      しかし、12年も無パンクというか、生涯無パンクということですもんね、すごすぎです!

      ご提案以外の対策としては、「S-Works Tarmcを丸ごと1台背負って走る」というのもありですね。まず、買わないとな~(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です