左右ペダリングバランス=50:50の衝撃(?)

本日の主役、右側ペダモニセンサー。

本日の主役、右側ペダモニセンサー。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

この夏のライド記録を見ていて、ふと、すごいことに気が付きました。

ペダリングモニターは左右のパワーバランス(左右の出力の比)を計測できるのですが、その値が、ずっと50:50で完全に左右がバランスしているのです。

どのライドの、どの時間帯を見ても、すべて50:50。

ここまで左右の偏りが無いとは、我ながら素晴らしいペダリングです(^^)



驚異の左右バランス=50:50

例えば、7月に走った「オリンピックコース試走」。

この日のライドは、約160kmを12時間ほどかけて走ったのですが、その時の走行データは以下のとおり。

左右のペダリングパワーが、50:50で完全バランス!

左右のペダリングパワーが、50:50で完全バランス!
(サイコンを途中で誤操作で止めちゃったので、距離は82km)

異様に低い平均パワー(81W・・・)はさておき、その下の「左/右バランス」という項目の数値が、

「50%左/50%右」

となっています。

80kmも走って、左右のペダリングが完全にバランスしているのです(!)

いやぁ、素晴らしい・・・って、本当か?

やっぱり、こんなオチ

左足にガングリオン爆弾を抱えていて、お世辞にも左右バランスがいいとは思えないので、なにかしらトラップ(オチ?)があるに違いないと思い、ペダリングモニターの動きを疑ってみたところ、すぐに原因判明(残念)

右足を外して、片足ペダリングしても、左右ともにパワー値が表示されるのです。

しかも、同じ値。

右側のセンサーが死亡していて、左側のパワー値が右側にコピーされているのでは?という疑念が沸いてきます。

センサー接続状況をサイコン(SGX-CA600)で確認してみると、右側センサーは接続できていないことが判明(!)

右側センサーは「サーチ中」。どこに行ったの~?

右側センサーは「サーチ中」。どこに行ったの~?

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

センサーが本当にぶっ壊れているととても悲しいことになります。(5万円くらい?)

とりあえず、サイコン側からセンサーの電池残量を表示させてみました。

サーチ中なんだから、電圧表示できるわけもなく「--」

サーチ中なんだから、電圧表示できるわけもなく「--」

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

よく考えたら、サイコンと右センサー間は通信できていないのですから、電圧表示ができるわけがなく、案の定「--」表示。

これ以上、調べる術はなさそうなので、とりあえず、右センサーの電池を交換してみました。

初めて、右側センサーのカバーを開けます。

初めて、右側センサーのカバーを開けます。

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

びっくりするくらいスカスカ。電池しか入ってないじゃん!

びっくりするくらいスカスカ。電池しか入ってないじゃん!

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

で、新品の電池(CR2023)に交換して、残量画面を見ると・・・、

おぉ、ちゃんと残量表示されている!!

おぉ、3.2Vに復活!

おぉ、3.2Vに復活! こうなると、左側の2.7Vも気になるが・・・。

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

これで、適当にクランクを回してみると、ちゃんと左右別々の値が計測されます(^^)

右センサー電池の交換後は、逆に左センサーの方が低いくらいになってしまったので、ついでなので左も交換しておきました。

自転車メカにありがちな構造。コインが見つからなかったのでドライバーで。

自転車メカにありがちな構造。コインが見つからなかったのでドライバーで。

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

左も交換。

左も交換。

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

両側ともに3.2V!

両側ともに3.2V! ちなみに、デカイ「90%」というのはサイコンの電池残量。

SONY α7II + TAMRON 28-75mm F2.8

夏のヘタレライド中での電池消耗事件でしたが、これが富士ヒルなどの本番(?)だと、せっかく両側センサーにしているのに意味がなくなってしまいます。(片側計測×2なので誤差が大きい)

というわけで、やたらと長寿命で気が付きにくいのですが、ペダモニセンサーの電池残量には気を付けましょう。

おしまい(^^)

【おまけ1】電池残量アラーム

現行のペダモニでは、左右センサーの電池残量が少なくなると、サイコン上にアラートが出るようになっています。

自分のペダモニ(SGY-PM910H2)もそうなのですが、ファームウェアのアップデートを怠っていたため、残量アラートが出なくなっていました。

ちょっと面倒ですが、アップデートもマメにやっておかないといけないですね。

【おまけ2】ペダルコピー機能

右側センサーが電池切れにも関わらず、勝手に左側センサーの値をコピーして使っていたのは、ペダモニシステムの親切機能のおかげです。

ペダモニには、4つのモードがあります。

モード 動作
左→右へコピー 左側センサーの値を右側センサーの値としてコピーする
左←右へコピー ↑の逆の動き
オート 左右どちらかのセンサーとサイコンの通信が途切れた場合、自動的に反対側のセンサーの値をコピーする
無効 コピーをしない

これらのモードは専用サイコン(SGX-CA600、CA500)で変更可能で、自分の場合、「オート」にしていました。

冬の練習期には、左側センサを外してLGS RHC号に装着していますが、本機能によって、LOOK号・LGS RHC号、それなりの値をちゃんと表示してくれます。

が、この便利機能に慣れてしまっていると、今回のように、電池切れに気が付かないこともありますので、これまた気を付けましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です