富士ヒルクライム2012参戦記(レース本番編)

今回はカメラをハンドルバーに固定。全編にわたって動画になる予定だったんだけど・・・。

今回はカメラをハンドルバーに固定。全編にわたって動画になる予定だったんだけど・・・。

SONY DSC-TX10

前回紹介したとおり,当日朝の会場入りが遅かったために,かつて無いくらいバタバタ状態でのスタートとなった,富士ヒルクライム2012(FHC)。

いよいよ,レース本番の様子をご紹介です~(^^)

※今回はハンドルバーにデジカメを固定していたので,レース中の写真は1枚もなく動画のみの紹介になります。この動画作戦がタイムロスになるとは・・・。




今年の作戦

いまさらですが,今年の作戦は例年とほとんど変わらず,こんな感じで望みました。

緩斜面で絶対にサボらない
急斜面から緩斜面に移る直前から加速し始め,緩斜面区間は可能な限りスピードを出して走り抜けます。せこくタイムを稼ぎ,高ケイデンスで脚も少し休められる作戦です。
序盤は抑えよう
いつも序盤で頑張りすぎてしまうので,ちょうどいいいペースの人を見つけて,後を追っていくことにしました。あとは,自制心との勝負だ(笑)
最後の平坦区間(極楽浄土)は完全燃焼
4合目を上りきった後に登場する,とても緩い勾配の区間は,持てる力のすべてを出し切って燃え尽きよう!

極楽浄土が追い風かどうかは運しだい。頼むよ~!

スタート!! ・・・&ポカストップ

整列が遅れたために,3000番台のほぼ最後尾でスタートしたおいら。

スタートゲートをくぐった途端,いろんなことをやり忘れていたことに気が付きます。

まず,両足のシューズのベルクロがまったく閉めていません。おいらのヤビツでは定番のポカですが,さすがにヒルクライム中にベルクロを締めるのは大変なことです(脚止められないし・・・)

また,サイコンの設定(1kmオートラップ,前年自己ベストの読み込み)ができていませんでした。

やむを得ず,スタートしてすぐに道路わきのスペースに停車し,ベルクロを閉めて,サイコンの設定をして再スタートです。

気が付くと,後ろには誰も居なく,本当にドンケツでのスタートとなりました。

ま,計測開始ポイントまでは急いでもしょうがないので,インナー×ローでケイデンスを上げて,体を温めながらゆっくり走ります。

デジカメが絶不調だ・・・

スタート直後からデジカメ(DSC-TX10)の調子がとても悪くなっていました。

本来,最長で29分まで撮影できるので,目一杯長く撮影すれば3回撮影すれば全工程を撮り切ることができるはずでした(3×29分=1時間27分)。

ところが,動画撮影ボタンを押すと,とりあえず撮影は始まるのですが,10秒くらいでOFFになってしまいます。

場合によっては1分くらい続くときもあるのですが,1秒で終わることもあり,もうどうにもならん状態。

前日に,急に思いついて付けたのですが,メモリ(マイクロSD)が悪かったのかなぁ・・・。

前日に,急に思いついて付けたのですが,メモリ(マイクロSD)が悪かったのかなぁ・・・。

SONY NEX-5N + E18-55mm

スマホのマイクロSDを外して使ったのが悪かったのかもしれないなぁ・・・。

計測開始! スタートダッシュ

ダメデジカメを気遣いながらのパレード走行が終わり,胎内交差点を左に曲がると,すぐに計測開始ポイントになります。

いつの間にか,先行していた人たちに追いついていて,交差点内側はずいぶん混雑していました。

また,計測開始ポイントから50mくらいはほぼ平坦なので,ここでもせこくタイムを稼ぐため,交差点を大回りして外側から加速してスタートです。

序盤で飛ばしすぎると脚に来ますが,この平坦区間でちょいとだけ貯金を稼ぐことができ,バーチャルトレーナー(以下,VT)にほんの少しだけリードを保ったまま,料金所を通過です。

呼吸もラクだし,太腿も痛くないし,左脚もOK。いい感じだぞ~(^^)

序盤は抑え目に

料金所を過ぎると,比較的勾配が急な区間が続きます。

いつも,この区間で飛ばしすぎて,後半の疲労を招いています。

多くの人は,この区間は抑え目に走っているのですが,元来の負けず嫌いの血が騒ぐのか(笑),どうしても抜きたくなっちゃうのです。

そこで,今回は,自分とほぼ同じペースの人を見つけて,その人を追い越さないように付いていくことにしました。

また,少し勾配が緩くなってくると,パワーセーブしながらも追い抜きを始める必要がありますが,序盤は混んでいて,右も左もどんどん選手が入れ替わり,後ろに十分注意しながら車線変更してひとり,ひとりと抜いていきます。

また,この頃からデジカメの調子がさらに悪くなり,画面に「データフォルダーの修復をしますか? はい・いいえ」みたいなメッセージが出ています。

このくそ忙しいのに,そんなことできるか,バカヤロウ~!」と毒づきながらも,いろいろメニュー操作をしたりしているうちに,だいぶペースが落ちてしまいました。

そんな,バカデジカメと格闘しながらゆっくり上っているところで,後方から「Shiroさん~♪」という声が。

試走のときにお会いし損ねた,ayumiさんじゃありませんか!(^^)

ちょいと後ろに下がり,「はじめまして~」とか「雨降らなくて良かったですねぇ」とか,我ながらマヌケな声掛けをしてしまいました。もうちょっと気の利いたことが言えんのかね?>おいら。

デジカメ問題で速度が落ちていましたが,ステキ女子に声をかけてもらったことで,パワーが3.5倍に跳ね上がり,一時的にオーバーペースでかっ飛ばしてしまうのでした(笑)

緩斜面はサボらずに(^^)

中盤になってくると,勾配がキツイ区間と緩い区間が交互に現れるようになります。

事前の作戦のとおり,急勾配では黙って耐え,緩斜面では可能な限り速度を上げてサボらない走りを繰り返します。

Edge705の画面を見ると,VTは相当後方に居て,ついに画面外に消えていってしまいました。

去年の自分に100m以上ものアドバンテージを持って走っているのです。

いいぞ~(^^)

く,苦しくなってきた

3合目から4合目にかけては,かなり集団がばらけてきていて,ついていく人も見当たらなくなってきました。

たまに,後方から早い列車が現れるのですが,なかなか乗ることができません。

(「うっ,うっ」という掛け声はおいらではありません。はるか後方から大きな声で近づいてきて,そのまま抜き去っていった方のです。ものすごいエネルギーの人です・・・)

やっぱり,自己申告1時間15分の3000番台の人たちは,本当に早いです。

去年(5000番台),3年前(8000番台)では,ほとんど誰にも追い抜かれることは無かったのですが,今年は抜かれることが多く,レベルの高さを痛感しました。

自分と同じペースの人がなかなか見当たらないため,諦めて,一人旅で走り続けることにしました。

この辺りでも何人もの方に「Shiroさんですね!」「はじめまして~」「ではお先に~」という感じで,あいさつ&追い抜かれていきました。待って~,みんな速いなぁ。

さぁ,最後の急坂を登れば,いよいよ,ほぼ平坦の極楽浄土だ!

極楽浄土で先行集団を死ぬ気で追いかける!

4合目を過ぎ,キツイ勾配を何個かクリアした先には,富士ヒルクライム名物(?)の平坦な高速走行区間(おいらは勝手に「極楽浄土」と呼んでいます。笑)が登場します。

実際には僅かに上りになっているのですが,そこまでが8%くらいの急勾配を走ってきた選手には,ほぼ平らに見えてしまいます。

去年はこの区間で大きな集団で走ることができ,最高46km/hという,とんでもない速さで駆け抜けることができました。

これは,昨年の試走の時の写真。今回は超濃霧・・・。

これは,昨年の試走の時の写真。今回は超濃霧・・・。

SONY DSC-TX10

今回は濃霧に包まれたため緩斜面区間の始まり分かりにくかったのですが,Edge705のプロファイル画面をちゃんと確認し,緩斜面が始まる直前でダンシングでロケットスタートすることができました(^^)

が! 周囲の選手よりも一歩先に飛び出してしまったため,気が付くとおいらの後ろには数名の選手がいるものの,前には誰も居なく,はるか100m先くらいに大きな集団がいる状態。

しかし,いまさら後ろに下がってタイムを落とすのもイヤだったので,強引に先行集団を追いかけることにしました。

ギアを2段ほど上げて,下ハンドルを握って頭を低く下げ,ダンシング体勢。

この状態で3分くらいでしょうか,ずっと35km/h以上をキープして前方グループを一人で追い続けました。

1時間15分30秒~18分00秒ごろまでスパート。どこにこんな力が残っていた!?

1時間15分30秒~18分00秒ごろまでスパート。どこにこんな力が残っていた!?

我がロードバイク人生(5年だけど・・・)の中で,もっとも最高度にエネルギーを解放できた瞬間だったと思います。

何かの安全装置がOFFになってしまったのか,いくらでも力がわいてきて,いつまでも加速し続けられる,そんな多幸感に包まれながら濃霧の中を疾走しました。いわゆる,ランナーズハイという状態なのでしょうか?

そんなこんなで,ほとんど無酸素,ATP-CP運動(笑)を続けた挙句,約2分30秒後には延々と追い続けた前方グループの一番後ろに付けることができました。

ずるずると後退しつつ,ラストスパートでゴール

先行集団の一番後ろを走っていたのは女子選手だったのですが,ちょうど併走になったあたりから,最後の急坂が始まりました。

ここまで集団内で走っていた選手と,延々と一人で加速してきたおじさんでは勝負にならず,あっという間に距離が開き始めてしまいました(涙)

このとき,なんと沿道に居たALL SPORTSのカメラマンが,ずるずると後退するおいらと,元気に上っていく女子選手を1枚の写真に収めていたのです。

どんな写真になっているかは分からないのですが,客観的に見るとかなりヤバイおじさんの写真になっている可能性があります。

「約1kmにわたって延々と女子選手のお尻をめがけて走ってきて,妙な多幸感で笑いながら併走し,ヨダレと鼻水をたらしながらフェードアウトしていくオヤジ」

かなりヤバイです(笑)

フェードアウトした後もゴールを目指したのですが,この日の5合目は霧がとても濃くて,10m先もまともに見えない状況。

Edge705には走行距離も残距離も表示していないので,目視が利かないとなると「あとどれくらいでゴールなのか」がさっぱり分からない状況になってしまいました。

そんな,五里霧中状態で走っていると,急に道が狭くなって左に逸れていきます。

この時点では道が左に曲がる理由が良く分かりませんでした(5合目に巨大浄化槽を設置する工事の影響でした)が,いずれにせよ,まもなくゴールが近いことだけは分かりました。

そこで,本当に最後の力を振り絞って,ダンシングで思いっきり加速をかけたところ・・・,いきなりゴール。

そう,ゴール手前20mくらいだったのです。ラストスパートが遅すぎました(笑)

レース結果&悲劇が・・・

ゴール直前のEdge705の画面では,VTははるか後方で画面から消えていました。

となると,少なくとも去年の自分よりは前を走っていたことになります。

公式サイトでタイムを確認してみると,

「1時間21分21秒」

というのが,今回の正式なタイムでありました。

去年が1時間22分33秒ですから,ちょうど1分だけタイム短縮できたことになります。

ヤビツの時も同じようなグラフを見たような・・・。

ヤビツの時も同じようなグラフを見たような・・・。

予想外の自己ベスト更新で一安心したところで,今回,走行中に取り貯めた動画を振り返ってみようと,デジカメの「Play」ボタンを押して見たのですが・・・。

ぜんぜん,写っていない・・・

細切れでいくつかのシーンは撮れているのですが,肝心な極楽浄土での超頑張りスパートも,序盤での豪快な追い抜きも,いろんな人に声をかけられたシーンも,全く無し。

どび~ん・・・。

SONYのアホ~!

しかも,寒い・・・。

なんの写真も動画もなかったのですが,RUNNETとALL SPORTSは撮ってくれました。今年もまた買ってしまった(^^)

ALL SPORTSは携帯向け壁紙無料ダウンロード中ですよん。

RUNNETの写真。ゴール直前と思われます。いけ~

RUNNETの写真。ゴール直前と思われます。いけ~

RUNNET

極楽浄土に入るところかな? 一人だけ飛び出しちゃった・・・。

極楽浄土に入るところかな? 一人だけ飛び出しちゃった・・・。

ALL SPORTS

次回は,失意のどん底から這い上がり,気力を振り絞ったダウンヒルを紹介予定です(^^)

(おまけ)
全部連結バージョンもあります(^^)

【2012.6.8追記】
今年もALL SPORTSの写真を買ってしまった。去年に比べるとちょっとマシ!?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/09(土) 10:43:07 ID:b1568f90e 返信

    >ラビ君さん

    そう,やっぱり動画の方が臨場感はありますよね,写真より。

    ただ,毎回これを期待されちゃうと困っちゃうな~(笑)

    なんせ,今回は完全に雨予報だったので,
    サイクリング気分で行くことにして,
    前日にがっちりとカメラを固定しちゃったんです。

    当日晴れてきたのですが,なんとなく流れで付けっぱなし。

    来年は,コンパクトなINOUかなんかで臨みます~
    重量・空力がカイゼンされて,シルバー間違いなし!(笑)

    件の不調デジカメは,現在,ウッドデッキで水攻めの刑に処されております・・・

  2. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/09(土) 10:39:18 ID:b1568f90e 返信

    >Noguさん

    意外と動画面白かったですね(^^)

    もう,すっかりレースやる気無しで付けたカメラですが,
    やってみて良かったです。

    重さ&空力的にすごく問題ありそうですが・・・。

    ダンシングの方は,こんなにムラがある走りでいいのか,
    毎年の事ながら不安ではありますが,
    超低体重なので,比較的簡単に繰り出せるところが利点かな?

    あと,第3ウェーブのゴールはすごかったですよ~
    なんにも見えないんですもん。

    しかも「前方詰まっているので速度を落としてください~」
    とのアナウンスがされていました。

    ゴール間際で減速と言われてもねぇ・・・。
    誰も言うことと聞かず,突進していました(笑)

    ただ,下りは比較的ラクでしたよ。
    北麓公園についてからザーザーぶりになりました。

    Noguさん&panpanさんが下山してきたとき,
    そのずぶ濡れぶりにビックリしました。
    おいらは,カッパ無しでDHしたくらいでしたから。

    Noguさんは,もうローラー台再開ですか!すごい!

    おいらは・・・,のんべんだらり~んです(笑)

    やっぱり,どうし~富士山一周~どうし,ですかね?
    奥多摩方面なんかもいずれ行ってみたいのですが。

    あるいは,輪行前提で山梨方面とか。
    夢が(勝手に)膨らみますな~(^^)

  3. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/09(土) 10:32:42 ID:b1568f90e 返信

    >TOMMYさん

    お久しぶりです~

    そう,サラリと書いていますが(?),
    実際には前日は相当うだうだと悩んでいました。

    ウェア類が一番悩みましたが,それ以外でも,
    土砂降りだったら,決戦ホイール(カーボン)で行くか,
    アルミホイールで行くかも悩みどころ。

    交換するとなると,ブレーキパッドもスプロケも交換しないといけない。

    もう,雨・曇りがはっきりしないときの,
    F1のピットみたいな感じでした(笑)

    実は「動画」も当初はやるつもりは全くなく,
    前日予報で雨が確定した段階で,

    「あ~もうやる気無し」
    「せっかくだから,動画でも撮るか?」

    というのりで,急遽やってみたものです。

    TOMMYさんも,そろそろヒルクライム魂に火をつけましょうよ!
    やっぱり,面白いですよ~(^^)

  4. 名前:ラビ君 投稿日:2012/06/09(土) 00:54:59 ID:7f0d2642b 返信

    富士HCお疲れ様でした。
    動画のせいか、自分が走っているかのような緊張感が伝わってきました。

    自分は10kmを超える大会に出る時は、リラックスを目的で「片耳イヤホンで音楽を聴きながら走る。」ということはあってもデジカメで撮影しながら走ると言うという境地にはなれません(苦笑)
    なんという読者想いな人なことか・・・(つーT)ウッ
    それで速いんだから凄すぎですよ!(^0^;

  5. 名前:Nogu 投稿日:2012/06/08(金) 23:55:22 ID:1a31b7cc0 返信

    いやいや、動画は・・・
    かなり笑えますね(キャプションが)
    モーターバイクはあり得んね。
    しかし、緩斜面のダンシング加速はShiroさんをまねたんですが次元とタイミングが全く違いました。
    少ない動画でしたが参考になりました。
    来年は実行あるのみ。
    第3ウェーブのゴールは相当条件悪かったんですね。
    僕がゴールしたころはもう少し霧は晴れていました。
    下りはキツかったが・・・
    何はともあれお疲れ様。
    濃密な二日間でしたね。
    次はロングライドですね。
    今年こそ200km達成しましょう。
    FHC後は毎日ローラーで精進していますよ!

  6. 名前:TOMMY 投稿日:2012/06/08(金) 23:41:52 ID:11af78749 返信

    FHCお疲れさまでした
    前日、直前、当日と続けて読みました
    読むのはあっという間だけど
    実際にはかなり濃い内容なんでしょうね!
    昨年よりもタイム良かったし、一年間頑張ってきた結果ですね!
    おめでとうございます
    新たなファンの開拓もできたみたいで
    良かったですね
    自分は相変わらず乗ってないけど
    毎日家の中に置いてあるので無言の会話
    だけはしてますが・・・
    次の日曜にでも連れ出そうかな・・・

  7. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/08(金) 21:00:07 ID:282b717b4 返信

    >きゃべつさん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます~(^^)

    おいらの595号は,スタートはTIAGRAでしたからね・・・。
    フルデュラにするのに2年近くかかりました。
    その効果が,出たかどうかは,びみょ~ですが(笑)

    おいらなんて,剛脚なんてとんでもないです~

    後半の映像で分かるように,左脚がほぼNGなので,
    左右のバランスが極端に悪くて,
    ヒルクライムのように出力が高いときは,ずっとロスしています。

    秋くらいには,3本ローラーを手に入れて,
    このダメダメ左脚の矯正に挑戦してみたいと思っています。

    「FHCの1時間半」って,本当に,ちょうどいい目標なんですよね。
    おいらも,一年目は,1時間29分50秒でした(笑)
    とにかく,1時間30分を切りたくて夢中で走っていました。

    次なる目標の1時間15分は果てしなく遠いですが・・・。

    おいらの今回の車載は,普通に市販品で妥協してしまいました。
    ミノウラのカメラマウントで,1000円くらいです。

    自作でやったときに比べてかなり軽量(雲台が無いから・・・)ですし,
    思ったほどブレが気になりませんでした。

    難点は,クイックシューではないので,
    一度自転車に固定しちゃうと,外すのがすごく面倒。
    おかげで,レースの前後も含め,今回は写真がほとんどありません。
    自転車にくっつけっぱなしにしていたせいです。

    解決策は,もう一台デジカメを持っていけばいいのですが,
    10gの軽量化も気にするヒルクライムで,カメラ2台というのも・・・。

    なかなか難しいですねぇ。

    来年は,安定性を考慮して,cateyeのINOUでやってみたいな,と思っています。
    今回の大会でもINOUをつけている人を何人も見ました。

    はたまた,ヘルメットに付けるというのも面白いかも(^^)

    女子選手を追いかけるスケベオヤジぶりが
    ばれてしまうリスクがありますが・・・(笑)

    あ,書き忘れていた。

    スバルラインくらい道がきれいだと問題ないですが,
    一般道だと段差がきついので,
    耐衝撃のデジカメじゃないと,
    あっさり壊れてしまうので,ご注意~を!
    (おいらは,IXYで経験済みです)

  8. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/08(金) 20:48:20 ID:282b717b4 返信

    >ayumiさん

    初めて,レースを動画で撮ってみたのですが,
    意外ときれいに撮れるし,
    自分でも手に汗握ってしまいました(笑)

    楽しんでいただければ,なによりです(^^)

    やっぱり,ストーカーサイコンでしたか。
    試走のときに,こっそりとセンサーを仕込まれていたのか・・・(^^;)

    赤いバーテープの人って少ないですから,目立つのですね。
    あと,ぐにゃぐにゃしたチネリハンドルか(笑)

    確かに辛いヒルクライムでは,何かを見たり探したりして,
    気を紛らわす技術(?)も必要ですよね。
    いつも,ヤビツを上るときも写真撮ったり,
    風景を見ていますが,
    そうしないと,あまりの苦痛に泣きそうになっちゃう(笑)

    みんな,速度差はあまりないから,
    お互いの自転車をゆっくりと観察することができるのですね(^^)
    といいつつ,ayumiさんの自転車は覚えていないのですが。すいませぬ・・。

    あの時間帯は,ず~っとデジカメと戦っていて,
    あまりに駄目なので,ついにマウントから外して,
    両手でいじっていました。

    タッチ画面に「はい・いいえ」のボタンが出ているのですが,
    フルフィンガーグローブなので,どうにも押せなくて,
    最後は「あご」で「はい」を選択して,ようやく動きました。

    たぶん,FHC史上初(というか世界初?),
    レース中にあごでデジカメのメニューを選択した男です。

    そういう世界記録は達成したものの,ものすごく速度が落ちていたので,
    ayumiさんの応援で,3.5倍まで速度が増せて感謝感謝です。

    このときの動画も残っていたら楽しかったのにな~
    (あ,駄目か。デジカメが駄目だから減速していたんだ。笑)

    来年は,cateyeのINOUで全コースをフル撮影しますよ~!

  9. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/08(金) 20:36:53 ID:282b717b4 返信

    >takaさん

    こんばんは~!

    そう,マイクロSDの野郎が原因かもしれません。

    一応,デジカメ側でフォーマットはしたのですが・・・。
    書き込み速度はclass4なので,そんなに速くないいですね。

    また,よくよく考えてみたら,
    スマホの調子が悪い(音楽や動画を再生しようとするとハング)ので,
    SDを大容量(16→32G)に変更したときの余り物でした。

    デジカメ(DSC-TX10)は,
     ・防水
     ・防塵
     ・耐衝撃
     ・光学ブレ補正
    という,こういう場面には最適なデジカメ。

    デジカメの問題より,SDの問題の可能性が高そうですね。

    「SONYのアホ~」というより,「Transcendのアホ~」かも。
    後日,検証して見て,訂正します(^^)

    あと,マウントは,今回は簡易な市販品を使ってみました。
    minouraから出ているマウントで,1000円くらいです。

    自由度は低いですが,意外と使えます。軽いですし。
    こちらも,近々紹介しますね~

  10. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/08(金) 20:30:55 ID:282b717b4 返信

    >yasukuraさん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます!!(^^)

    FHCで動画を撮るのは初めてだったのですが,
    予想外に楽しい映像になり,喜んでいます。

    デジカメの調子が悪くて,ずっと操作し続けだったり,
    最後の猛スパートが撮れなかったり,
    悲しい事件はたくさんありましたが,それでも良しです。

    来年は,予備でもう1台持っていこうかな・・・?
    (いや,素直にINOUか?)

    ダウンヒルは,上り以上にカメラの調子が悪かったので,
    ほとんど映像が無いので,あまり期待しないでください・・・。

  11. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/08(金) 20:27:45 ID:282b717b4 返信

    >panpanさん

    お疲れさまでした~ & お世話になりました!

    おいらは,緊張するとすぐおなかを壊すので,
    前日にpanpanさんたちと,眠くなるまで楽しく話すのが
    FHCタイム向上の秘訣です(笑)

    自転車ネタになると,いつも,話が尽きないですねぇ・・・。

    おいらは,今回はべらぼうに早い枠でエントリーしてしまいましたが,
    やっぱり,まわりが速い方が走りやすかったですよ!
    来年はpanpanさんも,みんな一緒に,3枠スタートで行きましょうよ~

    またNoguさんライドでお会いできたらいいですね。
    あ,初出会いの片瀬海岸ウッドデッキも◎です(^^)

  12. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/08(金) 20:23:47 ID:282b717b4 返信

    >_toshiさん

    こんばんは~

    FHCを動画で撮ったのは初めてなのですが,
    家に帰って見てみると,
    自分でも「あ~,なんでそこでちぎれちゃうの!」とか,
    「よしよし,前へ出ろ,前へ」とか熱くなりました(笑)

    たいていは単独で走るヤビツとは違い,
    大勢で走るレースは,それだけで楽しいですね。

    今年は,もうヒルクライムシーズンは終わり(早!),
    ロングライドに傾いていく予定です。

    できれば,初の輪行してみたいと思っています。
    もし,多摩方面に行くことがあったら,
    連絡させていただきますね!!

    (そちらのほうも,峠だらけで楽しそうですよね・・・♪)

  13. 名前:Shiro 投稿日:2012/06/08(金) 20:20:05 ID:282b717b4 返信

    >tac-phenさん

    途中,急に呼吸音が大きくなるのは,
    下ハンドルを握っているときですね。

    前傾姿勢になるので,カメラまでの距離が近くなり,
    うっとうしい,オヤジの息遣いが大きくなります(笑)

    今回は1時間21分でしたが,
    一緒に参加した(しかも初)o-donくんは,1時間14分。

    ひぇ~,みんな速い~

    まだまだ修行の身であります(^^)

  14. 名前:きゃべつ 投稿日:2012/06/08(金) 18:51:59 ID:4e09d7760 返信

    はじめましてー。
    いつも読ませてもらってます、ついでに言うと己の資金力の無さに指をくわえながらデュラSTIのインプレなんかを見させてもらってます!(笑)

    今年の富士ヒルクライム、参加いたしましたよ~!
    残念ながら自己申告1時間30分でしたし(きれなかったけど笑)、剛脚のshiroさんの背中を追いかけることはできませんでしたが、とても楽しかったです!

    僕も何回か車載は試したんですが、やはりいろいろ難しいんですよねー!
    ハンドルは細かい左右の振れが気になったり、ハブはすぐにいじれなかったり・・・。難しいですな!(笑)

    続きも楽しみにしてます。

  15. 名前:ayumi 投稿日:2012/06/08(金) 16:23:32 ID:e9bc494ba 返信

    shiroさんこんにちは!
    すごい臨場感!!そしてはやいですね!
    何度も見入ってしまいました~shiroさんのコメントもおもしろくて^^(例外バイクや途中下車)
    やっぱりFHCはいいですよね~

    沢山のLOOKの中からshiroさんを見つけれたのは…shiroさん探知機をサイコンに忍ばせたのでアラームでお知らせ・・・というストーカーサイコンのおかげ!だと怖すぎ(笑)
    左を見るとあいつと目が合うので
    気を紛らわす為に左を走る方のフレームやホイールをなんとなく見ていました。
    LOOK595、赤いバーテープ、デダステム、チネリハンドル…あ!
    レース中でしたし、何かいじってらしたので(この記事でデジカメと判明!)お声かけはまずいかなと思ったのですが・・・
    「ここで声かけしないと一生あえないかも!」
    (大げさ)と。
    すみませんでした、今になって反省ですが

    ステキ女子かはともかく・・・
    3.5倍UPの起爆剤になれたということは
    お役にたててヨカッタ、のかしら(笑)

    場面が浮かぶ程詳細で、そして高揚感が伝わる臨場感たっぷりな文面のshiroさんのFHCレポは何度拝見しても面白いですね。
    続きも楽しみにしていますね!

    ゴールの動画みたかったです~><

  16. 名前:taka 投稿日:2012/06/08(金) 13:49:32 ID:f0c29d733 返信

    こんにちは。
    いや~FHCお疲れ様でした(^^)

    スマホのマイクロSDを流用しているということですが、デジカメ側でフォーマットしましたか?
    そのままだとAndroidの変なファイルが残っていたりして書き込めなかったりと不具合が起きることがあります(^^;)あとは書き込み速度の問題とか…

    昨年の写真での記事とまた一味違う記事なので楽しめましたね。
    この固定マウンター欲しいかも♪

  17. 名前:yasukura 投稿日:2012/06/08(金) 12:52:34 ID:d94c2d6b5 返信

    はじめまして。
    いつも楽しく見させて頂いてます。
    富士のヒルクライム動画とても臨場感があってとてもよかったです。
    ダウンヒルも期待しています。

  18. 名前:panpan 投稿日:2012/06/08(金) 09:31:43 ID:8d2959a1b 返信

    二日間お疲れ様でした(^^)
    スタートがずっと後ろだったので走行中にお会いすることは無理でしたが(爆)下山後に皆さんに再会できた時はホッとしました。
    相変らず詳細なレポート素晴らしいです。読者が多いのも納得です♪
    また機会があったら、海でも山でもご一緒してくださいませ。

  19. 名前:_toshi 投稿日:2012/06/08(金) 08:49:28 ID:948eae4a1 返信

    私も一緒に戦ったような気分になれました。

    いつかご一緒したいな~

  20. 名前:tac-phen 投稿日:2012/06/08(金) 04:26:42 ID:d672b2f26 返信

    動画から聞こえてくる呼吸音が臨場感を増しますね。

    自分も富士を走った気分になれました。

    1時間30分を大幅に切っているんですね、速い!

    ブログランキング、ポチリ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です