超久しぶりの湘南平でタイムアタック

超久しぶり,実に4年10ヶ月ぶりの湘南平です。

超久しぶり,実に4年10ヶ月ぶりの湘南平です。

SONY DSC-TX10

先日,超久しぶりに湘南平に上ってきました。

どのくらい久しぶりかというと,最後に湘南平に上ったのは2008年の1月末ですから,なんと,4年10ヶ月ぶりの登頂です。

最近では,ヤビツばっかり上っていましたが,久しぶりの湘南平はどうだったのでしょうか・・・?




湘南平とは?

湘南平とは,平塚と大磯の境目辺りにある標高200m弱の小山で,湘南エリアのロード乗り(MTB乗りも)の間では,ヤビツほど険しくないので,人気のあるヒルクライムスポットのひとつです。

富士山の手前に,丘みたいに見えるのが湘南平。標高は200m弱です。

富士山の手前に,丘みたいに見えるのが湘南平。標高は200m弱です。

SONY DSC-TX10

おいらは,2007の5月5日にLGS RHC号で初登頂に成功し,その後,9月24日には朝食前に軽く登頂。そして,2008年の1月27日には交換したばかりのコンパクトクランクで上っていました。

おいらの記憶(と記録)に間違いが無ければ,湘南平に上ったのはこの3回だけ。バイクは全部LGS RHC号であり,595号になってからは一度も上っていないようです。

当時は「10%のキツイ勾配が続く!」なんて書いていましたが,バイクもカラダも桁違いに(?)進化した,4年10ヵ月後のチャレンジではどうなるのか,気になるところです。

まだまだ暑いのだし,のんびり上ればいいのに,「せっかく行くんだからタイムアタックしよう!」となってしまうのが,坂バカの悲しいサガです・・・(笑)

行ってきましたよ(^^)

今回,湘南平に行ったのは,9月8日。まだまだ日中の気温が30℃を越える残暑の中でのアタックとなりました。

この日は午前中は子どもの面倒を見ていたので,出発は午後2時。

我が家から湘南平の麓までは,R134をひたすら西に20kmほど走る道のり。この区間は,信号の数も少ないし,アップダウンもほとんど無いので,ほぼ,ローラー台感覚で走ることができる,ウォームアップにはちょうどいい区間です。
(っていうか,暑すぎるんだけど・・・)

R134を西に走る。妙に空いているな・・・。

R134を西に走る。妙に空いているな・・・。

SONY DSC-TX10

花水川に出たらサイクリングロードを走る。不安なくらい細いし,草だらけ・・。

花水川に出たらサイクリングロードを走る。不安なくらい細いし,草だらけ・・。

SONY DSC-TX10

午後3時半に湘南平の麓に到着しました。

ここまでの20kmで500ccのボトルを飲み干してしまったので,自販機でスポーツドリンクを補充して,アタック開始です!(^^)

ここから頂上までは信号無しの1.5kmの上り。分かりやすいスタート地点です。

ここから頂上までは信号無しの1.5kmの上り。分かりやすいスタート地点です。

SONY DSC-TX10

といっても,ヤビツのように公式の計測区間(名古木交差点~頂上看板)があるわけではないので,勝手に,自分流の公式計測間を設定しました。

【計測開始】麓の「いらっしゃいませ湘南平」看板
【計測終了】頂上の駐車場入口

タイムアタックの様子

現地に到着するまで,湘南平のコースの様子は100%忘れてしまっていました。

スタート地点にある看板を見ると,なんと,頂上まではたったの1.5kmしかないことが判明(感覚的に,5kmくらいあるのかと思っていました・・・)。

その看板を横目にスタートしたのですが,その直後から,急勾配が始まります。4年前に感じていたとおり,10%前後の急勾配が序盤から続くので,それなりに脚にこたえます。

スタートするとすぐに楽しい上り坂。ここに住んでいたら,毎日上るだろうな~

スタートするとすぐに楽しい上り坂。ここに住んでいたら,毎日上るだろうな~

SONY DSC-TX10

そして,300mほど走ったところでしょうか,湘南平名物(こんなの名物に思っているのは自転車バカだけだと思うけど),一直線の上り坂が登場します。

ま~~っすぐな上り坂。勾配はずっと10%くらい。きついけど短い。

ま~~っすぐな上り坂。勾配はずっと10%くらい。きついけど短い。

SONY DSC-TX10

まるでヤビツの「蓑毛激坂区間」に近いものがありますが,蓑毛は勾配が14%くらいあるのに対して,湘南平はもう少し優しくて,10%程度に抑えられています。

この区間は,時折ダンシングを交えながら,割と軽快に上ることができました。

厳しい一直線区間を過ぎると,急に勾配は緩やかになり,いくつかの大きなカーブを曲がると急に視界が開けてきます。

一直線区間が終わると,勾配はかなり緩くなります。

一直線区間が終わると,勾配はかなり緩くなります。

SONY DSC-TX10

遠くに大山やヤビツ(うそ。さすがに認識できず)を望みながら,ここもダンシングで加速しながらゴールを目指します。

今回は,明確なタイム目標があるわけではないので,とりあえず,90%くらいの力で走って,無事にゴール地点(頂上の駐車場入口)に到着です。

ヤビツの看板と同じく,上ったロード乗りの95%は撮るであろう写真。

ヤビツの看板と同じく,上ったロード乗りの95%は撮るであろう写真。

SONY DSC-TX10

久しぶりの湘南平アタックの結果は?

麓の看板から,頂上の駐車場入口までのタイムアタックの結果は,以下のとおりです。

タイムは8分58秒!! ・・・といっても,初めて計測したので,このタイムがどうなのか分からん・・・。

タイムは8分58秒!! ・・・といっても,初めて計測したので,このタイムがどうなのか分からん・・・。

SONY DSC-TX10

【本日の走行データ】
 コース :麓看板~頂上駐車場入口
 所要時間:8分58秒
 走行距離:1.72km
 標高差 :145m
 平均心拍:168bpm
 最大心拍:180bpm
 ケイデンス:57rpm

この記録がどの程度のレベルなのかは,今回が初計測なので,比較できるのは次回以降です。

走ってみた感想の方は,4年前に上ったときよりも,明らかに余裕でした。

90%くらいの力で手(脚?)を抜いて走っていたのに,勾配10%の一直線坂もたいして苦じゃないし,ゴールが見えてくると「あれ,もうゴール?」という感じでした。

この原因を分析するとこんな感じです。

  • 距離が短い:普段上っているヤビツ峠が12kmですから,1.5kmの湘南平はわずか1/8の距離しかありません。そう考えると,24kmの富士ヒルクライムって・・・。
  • バイクが良くなった:この日の595号は通常練習仕様なので,アルミホイールShamalを装着して重量は7.5kgです。4年前のときは,アルミのLGS RHC号は9.5kgほどありましたから,その差はさすがに大きいです。
  • 体が鍛えられた(?):これはちょっと怪しいですが・・・(笑) 4年前はまだヒルクライムバカにはなっていなかったので,一年中山を登っているわけでもないし,ローラー台練習もやっていませんでした(持っていなかった)。この差もあるのかな,いや,あるとうれしいな。

こんなさまざまな要因により,不敵にも「湘南平なんて余裕じゃん?」という感じで上れたようです(笑)

ヤビツと違い,湘南平のゴール地点は視界が開けています。今回は行かなかったけど,展望台にも,鉄塔にも登れるのですごく景色がいいです。

ヤビツと違い,湘南平のゴール地点は視界が開けています。今回は行かなかったけど,展望台にも,鉄塔にも登れるのですごく景色がいいです。

SONY DSC-TX10

まあ,1.5kmの小山と,12kmの峠では苦しさは比較にならないはずで,こういう,余裕ぶっこいた発言をするくらいなら,ちゃんと峠で成績を出さんかい!といったところです。

それは,もう少し涼しくなる,10月まで待つとしましょう。

10月からは管理職になっちゃうし,練習時間が限られ,土日も忙しいし,自転車どころじゃないから,ひょっとすると,ひょっとすると,自己ベスト更新は無理かもしれないな~。

と,軽く自己ハンディキャップ(笑)

おしまい。

復路はY's茅ヶ崎に寄ったりする。(何も買わないけど・・・)

復路はY’s茅ヶ崎に寄ったりする。(何も買わないけど・・・)

SONY DSC-TX10

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/01(月) 20:14:14 ID:b560abed4 返信

    >くじらさん

    こんばんは~

    あら,ニアミスしていましたか!(^^)

    この日はスタートが遅かったので,
    特に帰り道(平塚→藤沢)はかなり飛ばしていました。

    ほぼ40km/hくらいで巡航していたのですが,
    ホイールが超軽量(前後1000g)なせいか,
    慣性が効かず,ずっと漕ぎ続けるので辛かったです。

    R134のような平坦ロードは,軽量ホイールは苦手です・・・。

    まぁ,これも練習と思えばいいのですが,
    やっぱり,平地はすいすい~っと走りたいですね(^^)

  2. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/01(月) 20:11:21 ID:b560abed4 返信

    >_toshiさん

    こんばんは~

    急に涼しくなりましたねぇ。

    が,そう思っていると急に暑い日も来るので,
    この時期はウェアも,走る場所も悩みますね。

    データの二ツ塚峠というのは,
    勾配5.3%というので「激坂」ではないし,
    距離もそこそこあるので,楽しそうですよね。

    あぁ,書いているうちに坂を上りたくなってきました。
    道志みちやスバルラインみたいに,
    10km以上上り続けるのって,すごいですよね。

    坂が好きじゃない人から見たら,まさにドMですね(笑)

  3. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/01(月) 20:07:12 ID:b560abed4 返信

    >こたさん

    埼玉から自走で箱根を越える!?

    また,ハードな企画ですねぇ。いいなぁ,ロングライド。

    R134のいいところは,割と路肩が広くて走りやすい上に,
    とにかく信号の数が少ないのがありがたいです。

    ほぼCRみたいな走りができるので,
    練習にはもってこいです(^^)

    あと,自転車で腹が減ったときには,
    パスタもいいですよね。
    食べ過ぎると再スタートできなくなりますが・・・(笑)

  4. 名前:Shiro 投稿日:2012/10/01(月) 20:05:13 ID:b560abed4 返信

    >Popuさん

    こんばんは~

    そう,おいらも,初めて挑戦したときの「激坂感」が
    拡大されて頭に残っていました。

    が,実際に走ってみると,たったの1.5kmしかありませんでした。
    ヤビツでデイリーまで走るより楽なのでは・・・?

    その割には景色は最高(今回は急いでかえってしまいましたが),
    ですから,NEXを背負って上るのもいいかもしれませんね(^^)

  5. 名前:くじら 投稿日:2012/09/30(日) 07:49:05 ID:63012d721 返信

    ははーん。
    なるへそ。お久しぶりですー。

    実はこの翌日は登山にいったのですが、
    前日のこの日、ウォーミングアップもかねて
    ロードで江ノ島までいったのですよ。
    その途中でなんとシロさんをみました。
    134で江ノ島向かう途中ね。
    というかちょっとだけ後ろを走りました。
    信号二つくらいぬけたらあっという間に
    置いてけぼりでしたが。
    後ろ姿みて、やたら軽そうにペダルを
    こぐなーと思って見とれてました。
    体重も僕とは違って軽量級ですしねー。

    その日はやたら後ろにつかれて、
    追われる日だったのでまったくウォーム
    アップにならなかったのを覚えてます。笑

  6. 名前:_toshi 投稿日:2012/09/29(土) 21:16:41 ID:c68324568 返信

    Shiroさん:

    一気に涼しくなりましたね。
    「暑さ、寒さも彼岸まで」って昔の人はうまい事を言ったもんだ。

    さて、基本的に余り坂が好きではない私ですが、今日はプチヒルクライムをしてきました。
    青梅から五日市と言う所に抜ける二ツ塚峠です。
    データはこんな感じ。
    距離:2.8km 全体平均斜度:5.3% 最大標高差:146m

    一応リンクを: http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=0d3028b18d140a88210dbe673f022461

    心拍計は持っていないし、時間も計りませんでした(^^ゞ

    ではまた。

  7. 名前:こた 投稿日:2012/09/29(土) 16:52:57 ID:238c50789 返信

     先々週に埼玉の自宅から自走して箱根を越えよう、なんてバカ企画をやった時、まさしくR134を西に走りました。ここはホントに気持ちのいい道ですよネェ もうちょっと海が見えてくれるとうれしいんですが。
     しかし、この近辺にこんなおもしろそうなところがあったんですネ。行って見たいような気もしますが、さすがに埼玉からでは、行くだけで脚が終わります(笑)

    >復路はY’s茅ヶ崎に寄ったりする。
     ここの前のコンビニの駐車場で、パスタをむさぼり食いました(笑)

  8. 名前:Popu 投稿日:2012/09/29(土) 14:15:38 ID:a35cafe78 返信

    こんにちは。

    湘南平は、自分もロードレーサーを買って少し経った時に行ったのみで、ここ数年は行ってません。どうも当時の激坂のイメージが激しすぎて、ついついR134を走っていても通過してしまいます(大笑)

    私も来月にでも行ってみようかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です