ヒルクライムシーズンを控えた練習計画に黄色信号・・・?

4月29日のヤビツハイシーズンを目指してるのですが、低空飛行中・・・。

4月29日のヤビツハイシーズンを目指してるのですが、低空飛行中・・・。

昨年の4月29日、長年の夢がかなってヤビツ40分切りを達成できました。

今年も2月に入ってしまい、2019年のヤビツ・ハイシーズンまで3か月を切っています。

昨年は思い付きで日々の練習をしていましたが、今年はTrainingPeaksというサービスで目標(レース・イベント等)に向けたトレーニングプランを構築することができます。

昨年末に思いついてプランを立ててみたのですが、予想通り、順調に目標未達状態が・・・(>o<)



目標未達中・・・

たいていのスポーツはそうですが、自転車も1日限りのトレーニングは役には立たず、比較的長期にわたるトレーニングの蓄積によって効果がでます。

特に(素人の)ヒルクライムの場合、他人との駆け引きはほとんどないですから、ほぼ持久力勝負であり、より地道な努力が必要になってきます。

その、地道で長いトレーニングを少しでも効率的にできるのが、流行の「パワートレーニング」。

パワートレーニングの場合、自身のFTP(Functional Threshold Power)を基準として日々のトレーニング量をTSS(Training Stress Score)という形で表し、さらに長期(4週間=42日)のTSS積上げ量をCTL(Chronic Training Load)として管理します。

略語ばっかりで分かりにくいですが、超簡単に言えば、「日々の頑張り度合を計測して、4週間分積上げて管理する」というものかと。

で、この「4週間分の頑張り度合いの積み上げ」であるCTLがどこまで上昇したかが、「シーズンに向けてどれだけトレーニングを積んだか」の指標になります。

プロ選手だとCTLが100TSSを超えるそうですが、ド素人である自分の場合、昨年のヤビツ記録達成時のCTLが55、ピークはもう少し後の5月15日で59でした(><)

昨シーズンは、5月15日にCTLがピーク(といっても59)に達していたようです。

昨シーズンは、5月15日にCTLがピーク(といっても59)に達していたようです。

でしたので、今年はそれを少し上回るCTL=60に到達できるよう、TrainingPeaksさんにトレーニングプランを作ってもらいました。

その結果が、これ。

4月29日にCTL=60になりたいのですが、低迷中・・・

4月29日にCTL=60になりたいのですが、低迷中・・・

う~む、全然到達していない・・・。

カレンダーを見ると、そんなにサボっているわけではなく、平日夜はほぼ全部ローラー練習をやっています。

が、1回あたりの実施時間が30~50分程度と短いため、毎日のTSSは30~60程度にとどまっているため、その積算であるCTLも低空飛行になっているのだと思われます。

1月の様子。サボった日も何日かありますが・・・(^^;

1月の様子。サボった日も何日かありますが・・・(^^;

今後の取り組み

繰り返しですが、トレーニングは勉強に似ていて、一夜漬けでやっても身につくものではありません。

試しに、先週の土曜日、ご近所湘南国際村往復のたった60kmで200TSSも稼ぐ、ハードな走りをしてみましたが、CTLのグラフに大きな変化はありませんでした(><)

たった60kmで、200TSSを稼ぐのは相当に頑張る必要がありました。・・・が、あんまり効果なし(><)

たった60kmで、200TSSを稼ぐのは相当に頑張る必要がありました。・・・が、あんまり効果なし(><)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

やっぱり、地道な努力が必要なようです。

TrainingPeaksは将来の計画を入力しておくことで、その時点でのCTLを予測してくれる機能もありますので、日々の予定に従って練習を積めば、確実に目標CTLに到達するはずです。

今頃知りましたが、こうやって、先の練習量の予定(TSS)を入力しておくと、先々のCTLをちゃんと計算してくれます。

今頃知りましたが、こうやって、先の練習量の予定(TSS)を入力しておくと、先々のCTLをちゃんと計算してくれます。

しかし、昨年はZWIFTの面白さにドはまりして毎晩90分くらい回し、TSSも90~100くらい積んでいましたが、今年はZWIFTも少しマンネリになってきています。

そこで、一つアイデアが。

ヒルクライムは、本番の競技時間がとても短い(ヤビツ40分、富士ヒル80分)ので、やろうと思えば、毎晩、自宅のローラー台練習で本番と同じ状況を再現できます。

ヤビツも富士ヒルも自作動画がありますから、これを見ながら、ずっとFTP前後のパワーで走れば、ほぼ本番並みの練習になるのでは?と思われます。

こんな映像(↓)のノーカット版が無数にありますから(^^;

また、昨シーズンの1月~3月はZWIFTにハマりすぎて実走をほとんどしなかったので、そろそろ、先走ってヤビツを練習として走るのもいいかもしれません。

ZWIFTだけじゃなく、もっと工夫して、楽しく苦しみましょう!

で、実際にそうしてみたら大変なことに・・・(つづく)

衝撃映像(?) 詳細はまた次回に!

衝撃映像(?) 詳細はまた次回に!

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Nogu 投稿日:2019/02/04(月) 07:47:10 ID:09f2ad8e6 返信

    なんだか変換もダメダメですね😅

  2. 名前:Nogu 投稿日:2019/02/04(月) 07:46:17 ID:09f2ad8e6 返信

    私は全くやれていません
    週末久しぶりに乗りましたが身体がついていきませんでした
    今の状態デパートヤビツすら完走無理です。
    そろそろトレーニング開始しなくては

    (膝痛も出始めました)

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/02/05(火) 00:20:55 ID:1b4ac4044 返信

      誤変換、誤字脱字はお互い様です(^^)

      そう、1年前は簡単に回せていた負荷ができないと、がっかりするのと同時に、「ちゃんと練習すれば回せる」という、変な自信(?)にもなります。

      やりゃぁ、できるだけどねぇ、だといつ迄もだめですけど(^^;

      さぁ、あと数か月、富士山目指して頑張りましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です