ついに(もう?)次男坊,ヤビツ初登頂

淡々と登る次男坊。あと,たったの(?)6kmだぞ!

淡々と登る次男坊。あと,たったの(?)6kmだぞ!

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

先週の土曜日,関東地方に久しぶりの快晴がやってきました。

学校の期末テストもあって,3週間ずっと自転車に乗れていなかった次男坊(中3)は,さっそく「自転車に乗ろう!」と騒ぎ始めます。

(父も3週間乗っていないので騒ぎ始めます,笑)

どこに行きたがっているのか,薄々は分かっていたのですが,まさか本当に行くことになるとは・・・(^^)




初ライドから5回目でヤビツ

5月にCOLNAGO PRIMAVERA号を妹から譲ってもらってから,次男坊は4回しか乗っていません。

特に,幾多の苦労を乗り越え,ドロップハンドル化してからは,わずか1回しか乗っていません。

それでも,「ど~してもヤビツに登ってみたい!」ということなので,以下の約束をして登ることにしました。

  • 水は停まって飲む: まだ,走りながら飲むことができないので,タイミングを見てパパが停めて補給しながら走る
  • フラットペダル: ビンディングを使いたがっていましたが,さすがにまだ無理
  • 父が伴走する: いくら元気な中3男子といえど,文系部活でほとんど運動経験無しですから,万一に備えて,パパと一緒に登る

父が表ヤビツを登ったのは,ルイガノRHC号からLOOK号に乗り換え,ロードで27回,合計7000kmも走ってからでした(ちなみに1回目のタイムは44分)。

たった5回目,合計で100kmも走っていないのにヤビツを登りきれるのか半信半疑ですが,ダメなら帰ればいいだけですし,なにより本人のやる気(珍しい)にほだされて,初挑戦です。

毎度のことながら,よくこんなところ走るもんですよね・・・。

毎度のことながら,よくこんなところ走るもんですよね・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

初ヤビツアタックの様子

いつものように,序盤・中盤・終盤の3つにわけて,走りの様子をお伝えします。

一子相伝?,お約束のポカスタート

麓のコンビニでアイス補給(登る前に?)したあと,次男坊が先頭でスタート!

が,いきなり歩道を走ってしまいます(笑)

すぐに車道に下りますが,そのときの衝撃か,フロントでチェーンがインナー落ちしてしまい,コンビニに戻って再スタート。

親子揃ってスタート直後のポカ(サイコンスタートミス,ベルクロ締め忘れなどが人気)は健在です(笑)

序盤の激坂にビックリ!

2度目はちゃんと車道を走り,無難にスタート。

しかし,すぐに現れる9%前後の激坂に,「こんなのが10km以上も続くの!!?」と驚いていました。

優しい(?)父は「ここだけだよ~。後は緩い坂ばっかりだよ~」と励ましつつ,ゆっくりと序盤の激坂を登ります。

2個の信号には見事に引っかかってタイムロスしつつ,蓑毛の激坂に近づいていきます。

このまま登ると大変そうなので,いったん停車して,ドリンクを補給します(走りながら飲めないので)。

補給後はだいぶ元気を取り戻したようで,先ほどの「後は緩い坂ばっかりだよ~」がウソであることには気が付きつつも,14%の激坂を無言で淡々と登ります

蓑毛の激坂(14%ほど)はさすがにキツイ。顔を上げるんだ,次男坊!

蓑毛の激坂(14%ほど)はさすがにキツイ。顔を上げるんだ,次男坊!

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

途中,2人ほどライダーを追い越し,ちょっとオーバーペース気味だったので,おいらが先に立って少しセーブして登りきりました。

その後の,丸坂は持ち前の低体重のおかげが,あまりケツに痛みはないらしく,ひょいひょいと登っていってしまいました。

中盤の様子

ヤビツの中盤は5~8%くらいの坂とカーブがダラダラと続きます。

意外なことに,この辺が一番疲れていたようで,あとどれくらいでゴールなのか,ブーブー文句を言いながら登っていきました(喋れているのだから余裕あるだろうけど)。

大部分は5~6%ですが,たまに10%越えの激坂があります。おぉ,初ダンシング(^^)

大部分は5~6%ですが,たまに10%越えの激坂があります。おぉ,初ダンシング(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

また,いつの間にか,走りながらボトルを掴んでドリンクを飲むようになっていました。

習うより慣れろなのかな・・・?

あれ? いつの間にか,走りながら飲んでる!(^^)

あれ? いつの間にか,走りながら飲んでる!(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ど根性の終盤

菜の花台展望台を過ぎた後は,感覚が麻痺して気が付きにくいのですが,序盤と同じくらいの急勾配が繰り返されます(8~10%)。

これには,次男坊も疲労が溜まっていきます。

もともと文系部活&電車通勤ですから,ほとんど運動らしきことをしていなく,さすがにエネルギーが切れかけています。

おいらも後ろから,横から,前から声をかけながら伴走していたのですが,そのうち,200mくらい先にライダーを発見しました。

前走者を見つけたおかげで,気持ちが折れずに速度があがる次男坊。

前走者を見つけたおかげで,気持ちが折れずに速度があがる次男坊。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

同時に次男坊も発見したようで,生意気にも追走体制に入り,なんとか追いつきました。

このへん,親子だなぁ・・・(笑)

ゴール!

最後は,一度抜いたライダーの方とデッドヒートになりながら,無事にゴールすることができました。

タイムは,途中,2回の信号停止と1回の給水停止を含んでいますが,

56分34秒

でした。3回のストップが無ければ,55分くらいでしょうか。

頂上で撮り忘れてしまいました・・・。

頂上で撮り忘れてしまいました・・・。

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

ゴール後,クッタクタになっていた次男坊に「また来るかい?」と聞いたら,「もう嫌だ・・・」とポツリ。

それから数分,「世界一旨いコーラ」を飲み干した後には,「最初の激坂(たぶん蓑毛)からならもう一度登れるかも!」と元気が回復。

「世界一旨いコーラ」を飲む次男坊。この後すぐに体力・気力が復活しました(笑)

「世界一旨いコーラ」を飲む次男坊。この後すぐに体力・気力が復活しました(笑)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

さすがに,初回から1日2回は死んでしまう(たぶん父も)ので,はやる気持ちを抑えて,来週以降にとっておくことにしました。

勉強でも遊びでも,限界まで頑張ったという経験に乏しい次男坊ですが,人生初,クッタクタになるまで自転車で走ったことは,大きな経験や自信になったようです。

必死にペダルを回して登る次男坊の,後ろから,横から,前から声をかけ続けましたが,もうその必要はないのかもしれません。

改めて,「若さ」というパワーのすごさを思い知らされた気がします。

意外と,わき見して風景を楽しんでいました。やるな・・・。

意外と,わき見して風景を楽しんでいました。やるな・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

次回は,次男坊を少し先にスタートさせて,思いっきり追いかけるのもいいかもしれません。

ビンディングは・・・,まだお預けだな。追いつけなくなるかもしれないから(笑)

おしまい(^^)

おまけ(思わぬ収穫?)

ヒルクライムは「ゆっくり走ってもあまり楽にならない」と思っていました。

主抵抗が速度の二乗に比例する「風」である平地なら,ゆっくり走ったほうが相当楽です。

それに比べてヒルクライムは主抵抗が重力ですから,速くても遅くても必要なエネルギーに大きな差は無いと思っていました。

しかし,今回,次男坊にあわせて,いつもより15分も遅いペースで走ってみると,呼吸も脚も本当に楽でした。

やっぱり,いつもの「序盤に飛ばしすぎる走り」は,カラダに相当の負担を強いていることを体感しました。

気をつけましょう(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2015/07/15(水) 21:05:03 ID:91deab2f4 返信

    >Ottyさん

    ありがとうございます~(^^)

    そう,本気でやるようになったらかなわないですよね,きっと。

    友人のお子さんもロードに乗り始めて数ヶ月で,クリテリウムの表彰台に乗っていました。

    いつか,軽くぶち抜かれるんだろうなぁ・・・。

    潔く,引いてもらおう(笑)

  2. 名前:Shiro 投稿日:2015/07/15(水) 21:03:11 ID:91deab2f4 返信

    >Kurapyさん

    次男坊は,毎週のようにヤビツに通うバカオヤジを見て自分も行く気になったようです。

    また一人,被害者を出してしまいました(笑)

    そうですよね,Kurapyさんの友人息子さんもデビューされていましたね!

    たしか,うちのと同い年くらいだったはずです。

    若いって本当にすごいですよね。

    パワーも持久力もそうですが,「できないかもしれない」という不安や心配が最初からないみたいなんです。

    見かけたときは,是非,父の方に声援お願いします。おいていかれそうなので(笑)

  3. 名前:Shiro 投稿日:2015/07/15(水) 20:59:12 ID:91deab2f4 返信

    >_toshiさん

    本当,意外と早くきました(^^)

    フラペだし,練習して無いし,ぜんぜんなのですが,若さでカバーできてしまうのが羨ましい限りです。

    今のところ,パパのアドバンテージは,約3kgの車体重量差と,カーボンホイールくらいですが,すぐに抜かれてしまいそうです。

    うれしいような,むなしいような・・・(笑)

  4. 名前:Otty 投稿日:2015/07/15(水) 12:28:31 ID:b10747583 返信

    デビューおめでとうございます!!

    子供は本気で乗るようになったら速くなりますよ〜。
    ウチはまだ親父の背中を見せつけていますが‥‥いつ抜かれるか?

    子供と一緒に走るのはいいですよね^^
    脚が楽だし(笑)

  5. 名前:Kurapy 投稿日:2015/07/14(火) 22:53:26 ID:bf83183d9 返信

    Shiroさん、息子さんのヤビツデビューおめでとうございます。また1人、ヤビツに引き込みましたね(笑)
    ダンシング、いい感じで先が楽しみです。私のお仲間の息子さんも最近ヤビツデビューをして2回ほど一緒に登ったのですがなかなかさまになっています。息子さんたちはともに常日頃父親のBike熱を肌で感じているのでしょか。いいなぁ、子供とヤビツ。お見かけした時は声を掛けさせていただきますね♪

  6. 名前:_toshi 投稿日:2015/07/14(火) 21:26:05 ID:15d3472b7 返信

    Shiroさん:

    その日は意外と早く来ましたね。

    やっぱり若さですなぁ、私にもこんな元気な時期があったっけ(遠い目・・・)

    うちにも息子がいて、高校生の時だったかな「自転車に乗ってみようかな」と言っていた時期が有ったのですけど、実現には至りませんでした。

    さー、パパが敗れるXデイはいつなのか?!
    (ちょっとだけ楽しみにしていたりしてm(__)m )

  7. 名前:Shiro 投稿日:2015/07/14(火) 20:43:18 ID:a501a7e3d 返信

    >バッシーさん

    はじめして。
    コメントありがとうございます!!

    富士ヒルに出られたんですね!
    お疲れさまでした~(^^)

    初参加で,雨だけは回避できてなによりです。
    また,目標も目の前じゃないですか!

    少なくとも,おいらの「シルバー」よりは現実的だと思います(^^;)

    次男坊はスポーツも勉強もイマイチ真剣にできないのですが,ロードだけは別世界のようで,夢中になって漕いでいました。

    いつかこういう日が来たらいいな,とは思っていたのですが,実現できるとはうれしい限りです。

    別記事でも書こうと思っているのですが,世界で唯一,「抜かれても悔しくない人」を見つけられました(^^)

    意外と,向こうは悔しがっているかもしれませんが(笑)

    温かいコメント,ありがとうございました!

  8. 名前:バッシー 投稿日:2015/07/14(火) 07:33:43 ID:f23bf091e 返信

    はじめまして、富士ヒルの情報を検索して、このブログにたどり着き、いつも楽しく拝見させていただいてます。
    初コメです。

    私は、50過ぎてロードにはまり、最近は、ヒルクライムもやるようになり、富士ヒルは90分切りを目指して頑張っています。
    今年初参加で100分でした。多分、このままでは無理かなぁ!
    川崎市在住で、宮ヶ瀬に良く行きます。ヤビツは裏からばかりです。

    今回のブログ、とても感動しました。
    私にも息子がおりますが、息子が中学生の頃は、自転車に乗る余裕(時間)も無く、とても羨まし思います。
    是非、息子さんと沢山の劇坂を楽しんで下さい。

    このブログを出勤前のマックでコーヒー飲みがなら読んでいるのですが、何故か泣けてしまいました。親子でヒルクラム羨ましいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です