Why do you ride on your bike(s) ?

チビ達も自転車大好き。健康のため? 環境のため? 違うだろうなぁ……。
チビ達も自転車大好き。健康のため? 環境のため? 違うだろうなぁ……。
Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

なぜあたなは自転車に乗るのですか,と聞かれたらなんて答えよう。

「そこに自転車があるからだ」という禅問答のような(?)答えもあるもしれませんが,もう少しまじめに考えてみるとどうなんでしょう……?




健康のために乗る?

これは,自信を持って「No!」と言えます。

自転車が趣味なんです,と言うと,「健康にいいですもんねぇ」「体のことを考えて偉いですねぇ」「ご家族も安心ですよね」なんて褒められることが往々にしてあります。

しかし,おいらの場合は,全然健康にいいとは思っていません。

おいらの健康上の悩み(というほどじゃないんだけど)は,低体重,低血圧,本ブログ内の紹介記事へ低脂肪,の3T(?)なのですが,どれも自転車に乗ることによって改善されたとは思えませんし,たぶん,今後も治ることはないような気がします。

自転車をやり始めて2年以上経ちますが,相変わらず,年に何回かは風邪をひいて会社を休みますし,本ブログ内の紹介記事へ走りすぎで脚が痛くなったりもしています。

慣れてくれば,それなりに乗り心地も改善されますが……。
慣れてくれば,それなりに乗り心地も改善されますが……。
Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

そもそもロードバイクは,きつい前傾姿勢(腰痛),一直線に前を見る(首の痛み,肩の痛み),固いサドル(痔?)など,あんまり体に優しいとは思えませんし,落車や交通事故など,下手したら命を失うリスクまで犯して公道を走っています。とてもじゃないけど,「ご家族も安心」できません。

なので,巷の自転車ブームとは真っ向から対抗するようですが,おいらの場合,「健康のために乗っている」はまったくの不正解です。

環境のために乗る?

これでも×です。全然論外です。

よく自動車とエネルギー効率云々で比較して,自転車の環境面での有利性を説いている記事を見かけますが,「じゃぁ,環境のために乗っているのか」となると,これもちょっと違います。

仮においらがメッセンジャーであれば,仕事としてやらなければならない書類の運搬を,より少ないエネルギーで運べる自転車を使っていることは,大いに環境面で有利な気がします。

が,おいらは普通のサラリーマンであり,休日に乗る自転車は完全に「遊び」です。

家で一日ゴロゴロ寝てれば基礎代謝だけで済むのに,本ブログ内の紹介記事へわざわざ富士山まで出かけて5000kcal近くも無駄遣いしているのですから,とても「環境のために乗っている」とは胸を張って言えたもんではありません。

土砂降りの中,無駄に5000kcalも使って富士山チャレンジする。環境に(体にも)優しいとは言えない……。
土砂降りの中,無駄に5000kcalも使って富士山チャレンジする。環境に(体にも)優しいとは言えない……。
RICOH Caplio GX100 +

パンクすればチューブを捨てるし(本ブログ内の紹介記事へシューズに貼ることもあるけど),日常的なメンテナンスでケミカル類もそれなりに消費します。

まぁ,強いて言えば,ツマに頼まれてご近所のスーパーに醤油や牛乳を買いに行くとか,そういうときは,LGS SIX号で行くことで,ほんの少し環境に貢献できているのかもしれませんけど……。

じゃ,なんのために乗っているの?

健康のためでもない,環境のためでもない,じゃぁ,おいらは何で自転車に乗っているのか。いよいよ,この問題の核心です(おーばー)。

それは,ずばり,「自転車に乗るために乗っている」です。

「はぁ?」と思われる方もおられるかもしれませんが,おいらの場合,この表現が一番正確に表していると思います。

自転車に乗ること自体がおもしろく,大好きなので,自転車に乗っているのです。健康や環境もあるかもしれませんが,それらは小さな小さなおまけです。

好きじゃなきゃ,こんな激坂登りません(^^)
好きじゃなきゃ,こんな激坂登りません(^^)
Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

でも,よくよく考えると,おいらに限らず,他の人だって,他の趣味だってこんなもんではないでしょうか。

ゴルフをやる人みんなが「健康のため」にやっているとは思えませんし,釣りをやる人みんなが「晩ご飯のため」にやっているとは思えません。多くの人は,趣味そのものが楽しくてやっているのではないかな,と思います。

自転車を始めるときに,奥様方を口説くには「健康のため」「環境のため」「交通費節約のため」と色々理由をでっち上げる(^^;)必要がありますが,本音は「自転車に乗りたいんだよ!」なんじゃないのかなぁ。

ただ,複数の趣味が合体し,「自転車で美味しい物を食べに行く」や「自転車で素晴らしい景色を見に行く」などもあると思います。この場合は,自転車には多少,「手段」としての側面もあるのかもしれません。

おいらの場合も,最初は写真を撮りに行くための手段としての自転車だったのですが,今では完全に逆。自転車で遠くに行くための自転車です。行った先でいい景色があれば写真にも納める,といった感じです。

じゃ,なんで自転車に乗るのが楽しいの?

これは,十人十色,千差万別,さまざまな宗派(?)に別れると思います。

平らな道をどこまでも行きたい人,やまを登りたい人,下りたい人,ゆっくりポタしたい人,自らの限界に挑戦したい人……。

おいらの場合は,LGS SIX号に乗っているときは,普段見慣れない景色を写真を撮りながら走れるのが好きです。

そして,LGS RHC号に乗っているときは,普段の自分では考えられないくらい遠くまで行けるところが好きです。

朝飯前に立石まで。往復およそ50kmだって自転車なら平気です。
朝飯前に立石まで。往復およそ50kmだって自転車なら平気です。
RICOH Caplio GX100 +

毎週末の早朝に必ず乗っていますが,わずか2時間ほどで40km以上走ることができます。これは,普段の自分(=徒歩)ではあり得ない距離であり,自転車という魔法の道具と自分の脚だけで,とんでもなく遠くまで小旅行?できてしまうことが,純粋に好きです。

さらに,休日を使ってのツーリングともなれば100km以上も走れますから,本当に驚いてしまいます。

自分の脚だけで,こんな遠くまで行くことができます(湯河原付近。家から約60km)
自分の脚だけで,こんな遠くまで行くことができます(湯河原付近。家から約60km)
RICOH Caplio GX100 +

おいらは過去にフルマラソンを数回完走したのですが,タイムはひどい(6時間とか…)し,その後一週間はガタガタで歩けませんでした。でも,自転車だったらそんなことはありません。

早朝に50km走ったって,普通に家族と朝食ですし,150km走った翌日も普通に会社に行っています。

初めての遠出,城ヶ島。一日で100kmも走れることを知った日。
初めての遠出,城ヶ島。一日で100kmも走れることを知った日。
Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

この,普段のダメダメ自分との驚異的なまでの差が大好きです。ドラえもんに,足が速くなる,疲れなくなる魔法の道具をもらったようなものです。

この魔法の道具の楽しさが続く限り,何の目的もなく,遠くへ遠くへ走り続けてきたいなぁと思っています。

だんだんと涼しくなり,自転車に乗りやすい気候になってきました。さぁ,今年はどこまで走ってみようかなぁ……。

今年の秋も行ってみようかな?(箱根の仙石原)
今年の秋も行ってみようかな?(箱根の仙石原)
RICOH Caplio GX100 +


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2009/07/20(月) 23:52:16 ID:8f1089cee 返信

    >pochiさん

    あぁ,なるほど~。

    「なんか,話が繋がらないなぁ?」と思いつつも読んでおりました。
    ちょっとコメント欄が使いづらいんですよね・・・。
    ここ2週間ほど,改善に取り組んでおりますので,今しばらくお待ち下さい。

    で,自転車のきっかけですね。
    フォルムに惹かれる方は多いですよネ。

    おいらも,初めて,
    ロードバイクを見たときは「これだ!」と思いました。

    これ以上ないくらいシンプルさ,
    たったあれだけの部品を組み合わせると100km以上も走れる性能。
    どれを取っても驚きです。

    ところで,ロードバイクに初めて乗ると,
    「羽が生えたよう」とか「後ろから押して貰っているみたい」なんて
    感想を持たれる方も多いそうです。

    が,おいらの場合は,「ケツ痛てぇ・・・」でした(涙)

    でも,数ヶ月乗り込んだ後は,
    「どこまでも行けそう♪」に変わりました(^^)

  2. 名前:pochi 投稿日:2009/07/19(日) 22:40:57 ID:52275c4ce 返信

    Shiroさん。こんばんわ。
    コメント消失していました。
    再挑戦。今度は行きますように。
    続きの前のコメントです。
    私のきっかけは友達でした。
    この車社会のつくば市で自転車のみで生活しています。
    しかも車でもちょっと遠いんじゃないかという距離を平気で走っていて当時は信じがたい気持ちで聞いていました。
    そして自転車を見せてもらうとフォルムの美しさに一目惚れし、乗せてもらうと乗り心地の良さに感動しました。
    そして・・・もう戻れない自転車の無い生活には(?)・・・続きます

  3. 名前:Shiro 投稿日:2009/07/19(日) 22:27:37 ID:376b4fa06 返信

    >pochiさん

    そうですねぇ,スポーツバイクをやるようになると,
    100kmという距離が身近になってきますね。

    おいらが初めて朝ポタに出かけた日は,江ノ島までの道のりでした。
    片道5kmほどですが,「そんなに遠くまでいけるかな・・・」と心配していました。
    今思い返すと,微笑ましくもあります(^^)

    ただ,おいらもpochiさんと同様,乗れない日は逆にストレスが貯まりますね。
    せっかくの週末が雨だったり,体調が悪かったり・・・。
    また,家族で旅行した先で,ローディが列を組んで走っているのを見ると,
    ええなぁ~,と思ってしまいます。

    ただ,6月の富士ヒルクライムで,少し「燃え尽きた」感があり,
    最近では乗れない日のイライラは減ってきました。
    悟りが開けたのかな・・・?

  4. 名前:pochi 投稿日:2009/07/19(日) 12:53:57 ID:52275c4ce 返信

    (すいません)ボタン操作まちがえました。
    続きです。
    惹かれるようになりました。(友達が昼休みに毎日貸してくれたので10kmほど走っていました)そして彼が「pochiさん。自転車やらない?向いてますよ。その体型」と言われ自転車生活が始まったわけです。
    以前は100km走るなんて想像もしませんでしたが、今はまぁ一日は知るなら100kmくらいかなぁという感じです。
    ダイエットが目的というのはちょっと寂しいですね。私の家の近くに女性が店長をしているスポーツバイクショップがあるのですが、彼女が自慢気に「自転車やると痩せますよ」と会うたびに言うのではっきり言って不快です。
    彼女から見ると私はデブなんでしょうかねぇ。それとも女性を見ると必ず言う言葉なんでしょうかね。
    私も自転車を始めてからもお腹が鍛えられるわけではなく、憩室が消失するわけでもありません。でも乗るのはすごく楽しい。
    本当にどこまでも行けそうで。
    弊害は自分が自転車に乗れない日にローディを見ると嫉妬してしまうとこくらいでしょうかね。
    でもShiroさんの時間の遣り繰りを見習って上手く活用するように頑張ります!
    そして死ぬまで自転車とバレエが続けられる体を保つことが目標です

  5. 名前:Shiro 投稿日:2008/09/26(金) 22:00:42 ID:c1a251ebf 返信

    >ariさん

    遅レスごめんなさいです~

    ロードからストリートトライアルまでとは幅広いですね~
    湘南海岸にもトライアル系の人はたくさんいますが,
    みんな,信じられないような不思議な動きをするので,
    いつも感心してしまいます。

    が,不器用な自分では大ケガしそうです(^^;)

    取引先の女性とのやりとりは読んでて笑えましたが,
    優しい応答がうらやましいです。
    うちでは,「この前,100kmも走ってきたんだよ」と話しても,
    「それは大変ですね…」で終わります。かなしい……。

    今週末からだいぶ涼しくなるみたいですし,
    いよいよロードで遠出の季節かな?

  6. 名前:ari 投稿日:2008/09/24(水) 10:18:25 ID:3b074557d 返信

    非常に面白いエントリーでした!
    私も同意見ですが、何となくわかっていることでも、文章にすると再認識させてもらえますね!

    私ariの場合ですが、今から約10年前学生の頃ずっと某自転車のプロショップでバイトをさせてもらっていた影響もあり、今でもロード・MTBクロスカントリー・フリーライド・ダウンヒル・ストリートトライアルと交互に楽しんだりしています。

    最近では子供を公園で遊ばせ、横で手軽に出来るストリートトライアルの地味練習をしてたりします。

    先日、仕事の取引先の事務の女性と話した時です。

    女「ariさんは休みの日は何をしていますか?」
    私「天気の良い日は自転車に乗る練習をしています」
    女「え?自転車に、まだ乗れないんですかっ!?」
    私「いえ。乗れるんですが、もっと上手に乗れるようになる様に練習をしています…」
    女「早く普通にサイクリングとか自転車が乗れるようになるといいですねっ!(笑)」
    私「はい。早く自転車に乗れる様になりたいです(笑)」
    女「今度自転車に乗る練習の時に、転ばない様に後ろで支えるのを手伝ってあげましょうか?」
    私「一人でも乗れる様になる予定なので大丈夫です…」

    私の言葉が足りなかったからなのですが「一般人」と「自転車乗り」の”自転車の練習”の意味の解釈の違いを感じた会話でした!

    最近では涼しくなって来たので、心と体とパーツを”ロード”モードに切り替え中です。

  7. 名前:Shiro 投稿日:2008/09/23(火) 22:29:28 ID:6fd0d9029 返信

    >親方さん

    読んでいて,なるほどなぁ,といろいろと考えてしまいました。

    競技者としての視点になると,楽しいこともあるけど,
    大部分は辛いことになるのですね。

    普通のサイクリングでは,多少辛いこと(パンクや土砂降り…)が
    あっても,基本的にはのんびりペースで,
    いつやめて輪行しても大丈夫です。

    でも,辛いことに耐えた先にある,
    一緒耐えた人と分かち合える喜びってのも羨ましいですね……。
    どうぞ,お怪我の無いようにがんばってください~!!

    ちなみに,おいらは,今日はモロ休日サイクリングでした(へたれだな~)
    11時に家を出て,三浦半島を20km/hペースでのんびり走り,
    おやつ(アイス,どら焼き,ドーナツなどなど)を食べつつ,
    夕焼けまで走って家に帰りました。

    それでも,いつものツーリングみたいに「遠くへ遠くへ」という
    プレッシャーは全くないので,結構楽しく走れました。
    のんびり&短時間の割には,70kmほど走れたので,
    満足な一日でした。この様子はまた後日~!

  8. 名前:Shiro 投稿日:2008/09/23(火) 22:18:41 ID:6fd0d9029 返信

    >Kたろぅさん

    確かに,子どもって自転車大好きですよね。
    おいらの場合,高校卒業~つい最近までは長いブランクがありましたが,
    急にその楽しさを思い出して,ハマっている次第です(^^)

    機材も合わせてってのもいいですね。
    公道を走っているとロードばかりが目に付きますが,
    ひとたび山には入ればMTBが無ければ走れませんし。

    我が家では,一人での遠出はロード,
    家族でのサイクリングはMTBと使い分けています(^^)

  9. 名前:親方 投稿日:2008/09/23(火) 18:26:43 ID:fa8a6107b 返信

    こんばんは
    今日は、チームの仲間と別のチームの人たちと連合軍を組んでデュアスロンに出場したので応援に行ってきました。 ランとバイクの組み合わせを 3人一チームで2チームが出場でした。  見ているとすごいつらそう、特にランが辛かったみたい、(デュアスロンリレーです。
    1走 1.5Kラン+15Kバイク+3Kラン
    2走 1.5Kラン+15Kバイク+3Kラン
    3走 1.5Kラン+15Kバイク+3Kランを走ります)
    ペースが速くてすごい辛いのに走り終わるとみんな楽しかったって言うんです。
     僕は レースの練習をしているとき、いつも自分に自問自答してます。 僕は本当にダメダメなレーサーなので、決して人より速い事もないし辛いことばっかり、しかも大きな怪我もしているので会社で自転車やってますって大きな顔でいえません。 (もう一人レーサーがいますが彼も怪我をしています)。 練習はわざと辛いことをします。本当に辛い。でも何故やめないのかな、僕のチームがあるお店では 日曜日は2手に分かれます、一つは日曜サイクリングもう一つは練習会 日曜サイクリングは決して辛いことはありません、しかも途中に甘い物の休憩付きです。 練習会は辛くて 途中何かを食べたとしてもあくまで補給食。 日曜サイクリングが楽しそうで羨ましい。(日曜サイクリングの常連さんには バリバリのロードレーサーに乗っている人もいます。)
     でも自分たち数人で作ったチームだし、やっぱ練習会だよな なんて思いながら練習会に出ます。 今では他のチームとの合同練習会とかもあって楽しいのは楽しいけど 辛いのはやっぱ辛い。 レースには イニシャルコストもかかるし ランニングコストもかかる。 ホント何やってるのかなーって思うときはあります。
      でもチームの仲間や 他のチームの人また別の自転車好きの沢山の知り合いがいますので、その人たちとの触れ合いが楽しいです。
     でもやっぱり、レースを終わった時のやっぱり楽しかった、次はもっと上手く走りたいって思う気持ちですかね。
     お店で 初めてスポーツバイクを買う人の嬉しそうな顔を見ると、羨ましく思います。
     先日ブルベ600がありました我々の仲間の男の子が完走しましたが、それこそ何故惹かれるのか理解できません。ブルベが楽しいとは皆決して言いません、でも辛い事を楽しそうに話すんです。
     何とも それぞれ個人の感じ方ですね。
    すみません長々書いちゃいました。

  10. 名前:Kたろぅ 投稿日:2008/09/23(火) 00:01:56 ID:2d3c12521 返信

    こんにちは。
     
    子供の頃からずっと好きで乗っているので、深く考えたことがなかったです。
    ひと言で言うなら、やっぱり「楽しいから」ってことになるかと思います。
    機材も、そのときの自分が楽しいと思えるようなモノになっています。

  11. 名前:Shiro 投稿日:2008/09/21(日) 23:53:14 ID:0fab7c9db 返信

    >hiroadさん

    こんばんは~!

    会社で「目的と手段を混同するな!」と怒られたりしますが,
    この場合は,「本来の目的を忘れて目先の手段に走る」ことを戒めているのですよね。

    でも,自転車趣味の場合は,自転車に乗ることが目的であり,手段でもあります。
    思いっきり混同しています(笑)

    でも,同じ自転車趣味にも色んなパターンがあって楽しいですね。
    少しでも遠くへ走る人,とにかく高いところへ行く人,
    1gでも軽くする人,1台でも多く所有する人(^^),……。

    最近は,少しでも長く乗り続けたい,と思うようになってきました。
    短い目で見れば,1日でずっと乗り続けたい,
    長い目で見れば,おじいちゃんになっても乗り続けたい,
    そんな,「長さ優先」の趣味になりつつあります(笑)

  12. 名前:Shiro 投稿日:2008/09/21(日) 23:45:52 ID:0fab7c9db 返信

    >SLENDERさん

    こんばんは~!

    今回は,図書館で書いていたせいか,
    妙に哲学的(?)になってしまいました(笑)

    SLENDERさんもそうですし,多くの自転車乗りの方のHPを見ると,
    あぁ,やっぱり楽しいんだろうなぁ,とニヤリとしてしまいます。
    自転車って,いろいろと理由なんか付けなくたって,
    本来はそれ自体が十分楽しめるチカラを持っていると思います。

    自分んちのチビ達(小学生)を見ていると,
    まったく無邪気に楽しそうに乗り回しています。

    以前,みんなで江ノ島までサイクリングしたときに,
    「僕たちすごいよ! こんな遠くまで来たよ!」
    と言ってくれたときは感激しました(たった5kmなんですが)

    ロードバイクだと,ちょっと最初のうちはしんどい(体が痛い)けど,
    冬が来る前に,早くその楽しさに気が付いて,
    2年3年と続けられる人が増えると嬉しいですね!

    あと,富士山一周については,
    おいらも軟弱なので,御殿場まで輪行してしまいました(^^;)
    nagamaruさん,がんばって~!

  13. 名前:Shiro 投稿日:2008/09/21(日) 23:35:48 ID:0fab7c9db 返信

    >nagamaru_0813さん

    こんばんは~!

    どういうわけか,周りのみなさんには
    必ず「健康」か「エコ」のどちらかで褒められます。

    秋になると,ちょっと太めのビギナーの方を多数見かけますが,
    健康のため「だけ」に走り続けるのって,
    結構しんどいと思うのです。

    「つまんないけど,健康のために自転車がんばってます」だと,
    多分,冬は越せないだろうなぁ,と思います。

    是非是非,「健康はどうかはわからんけど,なんだか凄く楽しい!」
    になってもらえたらと思います(^^)

    で,nagamaruさんはついに茅ヶ崎から自走で富士山一周ですか!!
    いいなぁ~,自分の脚だけで富士山一周。いいなぁ~

    おいらは2年連続で富士山に行って,2年連続で土砂降りです。
    良い天気であることをお祈りします!!
    (Dynapack,結構便利ですよ~)

  14. 名前:hiroad 投稿日:2008/09/21(日) 22:24:10 ID:a33e4bee3 返信

    何故って言われてもわかんない好きなんだもの はいろぉど

    目的のための手段であっても
    それ自体が目的であっても
    やってることが同じなら楽しいほうがいいですよね!

  15. 名前:SLENDER 投稿日:2008/09/21(日) 22:09:40 ID:feb10f246 返信

    今回の記事は「うんうん、そうそう」と、随所で頷きながら読ませていただきました。
    私も「自転車が趣味です」と言うと「健康にいいですね」と良く言われます。
    ですが、私もShiroさんと同様自転車に乗るのが楽しいから乗っているので、
    その結果として健康的なことになっているに過ぎません。
    最近健康の為に自転車を始める方が多いようですが、きっかけは何であれ2年3年と乗り続ける人は、みんな「楽しいから乗っている」となるんじゃないでしょうか。

    Shiroさん、すみませんが以下スペースをお借りします。
    >nagamaruさん
    富士山一周がんばってください。軟弱者の私は1泊2日でした(苦笑)

  16. 名前:nagamaru_0813 投稿日:2008/09/21(日) 16:08:12 ID:7a0d2f2ff 返信

    こんにちは☆

    『なぜあたなは自転車に乗るのですか?』
    非常に面白い問いかけだと思います。
    私の場合も健康や最近話題のエコではないです。
    Shiroさんと非常に近い感覚で乗っている(楽しんでいる)感じです。

    はじめた当初は坂の楽しみを感じてしまい、坂、坂と求めて走っていましたが
    最近は距離(より遠くに)が一番のウェイトを占めています。
    そこに楽しみを感じていると言うのが正しいかな・・・?
    ゆっくり(マイペースで)、長い距離でが今のスタイルです。
    (途中、軽量、軽量と騒いでいましたが・・・)
    まぁ結局自転車と言うもの全部ひっくるめて好きなんでしょうけどね(笑)

    話は変わりますが来月に富士山一週を計画しています。
    (無謀にも茅ヶ崎からの自走です・・・)
    Shiroさんのインプレを参考にさせていただき『TOPEAK DynaPack』を楽天でポチッっとしちゃいました(笑)
    ではまた☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です