夏の給水事情2011(その1:ボトルの小型化)

季節に限らず,いつでも水(ボトル)は必要です。 ロケ地:七里ガ浜

季節に限らず,いつでも水(ボトル)は必要です。 ロケ地:七里ガ浜

Sony DSC-TX10 + Carl Zeiss Vario-Tessar

本ブログ内の紹介記事へパーツ紹介のページにも書いていますが,なぜかボトルとケージが増えています。

これは,スポーツバイクに初めて乗ったとき(LGS SIX)に,ボトルを装着することで,「アスリートっぽくて,かっこいいカモ♪」と浮かれてしまったところが原点だと思われます(笑)

そして,今年も給水が重要な季節が近づいてきました。

今回から,「小さめなボトルに乗り換えた」「LOOKケージにした」「ケージ・ボトルで悩む」という,3つのネタでLOOK号の水周り事情を紹介したいと思います。




でかいボトルの難点

真夏以外の時期では,定番のポラー保温ボトルを使っています。(ちなみに,真夏は激冷えドリンクを飲むために本ブログ内の紹介記事へサーモスの魔法瓶を使っています)

ポラーボトルは,本ブログ内の紹介記事へLGS RHC号の時(2007年)に買ったのですが,当時は「でかい方がいいだろう」ということで,普通の500ccボトルより一回り大きい,750ccボトル(24oz)にしました。

最初のうちは「大は小を兼ねる」というわけで,特に大きな問題はなかったのですが,最近では以下のような欠点が気になり始めました。

トップチューブにぶつけることが多い
特にシートチューブ側のケージに装着したときが顕著ですが,なんせボトルサイズが大きいですから,ケージから外そうとすると,トップチューブにぶつかりやすくなってしまいます。フレームサイズが小さいLGS SIX号では,ボトムチューブのケージでも装着するのに一苦労です。
500ccの飲料しか買わない
家を出るときには750cc満載でスタートするのですが,途中のコンビニや自販機で補給するときは,普通は500ccのドリンクになります。すると,750ccのボトルは無駄に大きいだけになってしまいます。体がおおきく,大量に飲む人であれば,1リットルの飲料買ってその場で250cc飲んでから入れれば良いのですが,そんなに飲まないし・・・。
ヤビツにはデカすぎる
ヤビツTTの時にも,もちろんドリンクを持っていきますが,過去の経験では300ccくらいしか飲んでいない感じです。富士ヒルクライム(24km)で750ccがちょうどなくなりますから,半分のヤビツ(12km)では,妥当な線だと思います。これに対して,やっぱり,750ccのボトルは大きすぎです。
でかすぎるんだよねぇ。シートチューブ側だと着脱すら難しい。

でかすぎるんだよねぇ。シートチューブ側だと着脱すら難しい。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

というわけで,別に大きくても致命的ではないのですが,「無駄に大きい」というのが気になっていました。

ジャストサイズの590cc(24oz)ポラー登場!

富士ヒルクライムに備えて,本ブログ内の紹介記事へ雨対策品をWorld Cycleで調達していたとき,送料無料の調整も兼ねて(通販では,ついついやってしまいますね・・・),590cc(20oz)のポラーボトルをポチッてみました。

今まで使っていた750ccボトルは,LGS RHC号のホワイトカラーに合わせて,真っ白ボトルにしていました。

しかし,今見てみると,自転車も白,ボトルも白だと,なんのアクセントもなくなり,ちょっと寂しい感じの自転車に見えてしまいます。

そこで,今回は,「青ベースのクマ模様」というデザインを選んでみました。

左が750cc,右が590ccです。590ccはクマがかわいい。

左が750cc,右が590ccです。590ccはクマがかわいい。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

我が家の子供たちは,なぜかクマが好きなので,到着したらすぐに「なにそのクマ~!」と食いつかれてしまいましたが,無事においらのLOOK号に収まることができました。

使い勝手

ん~,普通・・・(笑)

サイズに関しては,予想通り,特に問題なし。

シートチューブ側のケージにも無理なく着脱できます。

シートチューブ側のケージにも無理なく着脱できます。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

朝ポタで走る(30km)ときもちょうどいい容量ですし,ドリンクパウダーも500cc用ですから,味も薄くなりすぎずに助かります。

今日,ヤビツTTに行ってきましたが,容量590cc満タンでスタートして,ゴールでは100ccほど余るくらいでした。タイムの方は,,,聞かないでください(涙)

また,雑誌等では絶賛されている,ポラーボトルの保温性能については,使っている人は全員気づいていると思いますが,まぁ,気休め程度であり,これは590ccも750ccも変わりありません(笑)

見た目は,真っ白だった750ccよりも,少しだけ見栄えがよくなったかな?と思っています。これで,保温能力さえ強力ならばパーフェクトなんだけどなぁ~。

Before(改善前).

Before(改善前).

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

After(改善後). おぉ! 見違えるようだよ!! (笑。ぜんぜんわからん)

After(改善後). おぉ! 見違えるようだよ!! (笑。ぜんぜんわからん)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ただ590ccのボトルを買っただけにしては,やたらとデカイ記事ですいません(笑)

次回は,LOOKケージについて紹介予定です。

今年は,このクマと走ろう(^^)

今年は,このクマと走ろう(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

おしまい。

【2011.7.3追記】
小さいほうのサイズを500ccと書いていましたが,正しくは590ccです。20ozだす。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



どうも,クマデザインは売り切れみたいです


アマゾンにはありやした

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/04(月) 22:41:21 ID:878f00d74 返信

    >Noguさん

    やっぱ,24ozはデカいですよね・・・。
    LOOKも微妙~にスローピングしているので、
    シートチューブへの装着は事実上無理です。
    (填められるけど、走行中飲むのは困難)

    それ以上に、今回のみなさんのコメントで、
    ボトルは握って飲むのだということを知りました。
    おいらは、自転車生活を始めてからずっとポラーだったので、
    「吸う」のが当たり前なのかと思っていました。
    ショック~!!

    固めのポラーか、変形しない魔法瓶しか使ったことないんだもん。
    ま、いいか(笑)

    でも、確かにHC中に飲むのってかなり難しいですよね。
    飲んだ後の10秒は呼吸が乱れ放題になります。

    Nogu妻さんのBianchiも小さめフレームだから、
    確かに24ozは無理そうですね。
    最近のフレームはみんなスローピングが多めだから、
    シートチューブはツールボトル用になってしまいそうですねぇ。

  2. 名前:Nogu 投稿日:2011/07/04(月) 19:16:03 ID:1e5283832 返信

    ディープ?なネタです。
    僕はご存知のようにポラーの20ozの青いのと白いの2個使ってます。
    真夏はダブルボトルで1個は水にしています。
    24ozは確かに大きいですね。
    スローピングの最近のフレームだと余計に大きく見えます。
    保冷効果は確かに微妙ですね。
    僕は氷をいっぱいにしてドリンクを注いでいます。(薄まりますがちょうどいい感じです)
    ポラーの欠点はボトルが硬い。
    握りつぶして飲む事が僕には無理です。
    どうしても吸ってしまうのでHCでは苦しいです。
    なのでFHCように柔らかい保冷なしのボトルを新調していました。(前のは何故か穴があいてしまいました)
    保冷効果は無いけど握って飲めるのでHCにはいい感じです。
    余談ですがNogu妻のBianchiはスローピングが気付き20ozのボトルも厳しいです。

  3. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/03(日) 23:00:08 ID:c44efcc3c 返信

    >AG-SYSTEMさん

    ツールボトル,慣れるとやめられませんよねぇ・・・。

    おいらも,ず~~っとサドルバッグをつけていません。
    最近ではトップチューブのトライボックスも外してしまいました。

    ただ,夏場にはどうしてもダブルボトルにしたいのです。
    1本はスポーツドリンク,もう1本は体にかける真水に。

    この悩みは果てしなく続きます(第3回で紹介予定です)

    ちなみに,ツールボトルは普通のボトルで十分いけます。
    おいらは,最初はNalgenの広口ボトルを使っていましたが,
    いまは,普通のLOOKボトルに工具一式をぶっこんでいます。

    間口が狭いですが,意外といけますよ(^^)

  4. 名前:AG-SYSTEM 投稿日:2011/07/03(日) 22:47:04 ID:48c9b262b 返信

    以前は750cc+500ccが標準装備でしたが、最近は750cc+ツールボトルの方が安定してます。
    と言うか、ツールボトルが便利すぎて手放せません(笑)
    中身は500ccのアクエリを750ccまで薄めたものを持って行き、補充はミネラルウォーターがほとんどです。

    ゲージとツールボトルをELITEで統一してるのでドリンクボトルもELITEにしたいんですが、店頭で一度も見たことがなく、かと言ってボトル1本の為にわざわざ通販を使うのもアホらしくて未だ買えずにいます・・・^^;

  5. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/03(日) 22:21:46 ID:c44efcc3c 返信

    >keteruさん

    おいらも,ポラーの保温力は,
    ほとんど期待してないですよ~

    ほんと,無いよりはマシ程度ですので,すぐに温かくなります。
    今日も,ヤビツのふもとで凍り入りのCCDでスタートしましたが,
    ゴールでは温かくなっていました(タイムは聞かないでください・・・)

    おいらは,割と気軽に手放ししています。

    最初の頃は超苦手でしたが,今では,
    疲れたら走りながらストレッチしています。

    が,極端に軽いホイール(うちのばあい,MV32Tのフロント)だと,
    挙動が怪しくなるときもあり,油断はできません。

    今年もスカパーは見れないので,なんも見れなさそう。
    昨日,「世界不思議発見」でジロを見られたのでヨシとしましょう(^^)

    ミステリーハンターが初体験でロード(コルナゴCLX?)を
    颯爽と乗りこなしているのをみて驚愕しました。
    おいらなんて,1ヶ月くらいかかったぞ!?

  6. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/03(日) 22:16:33 ID:c44efcc3c 返信

    >かんたろーさん

    あぁ,そうでした。
    みなさん,「握って飲む」なんですよね。

    おいらは,それを知らずに「吸い込んで飲む」でやってきたので,
    いまだに,その癖が直せません。
    もともと極めて握力がない(たぶん,20kg台)なので,
    全然握っていません・・・。

    それにしても,固いボディですよね。
    ケージへの着脱時にいつもそう思います。

    キャメルバックのストロー付きのヤツですね。
    おいらも,1つだけ持っているので,こんど試してみようかな?

    ヤビツTTでも,ドリンクを飲むと心拍が上がります。
    飲み方がヘタなので,かえってロスにつながっているような・・・。

    EOSにニッコールかぁ。いいな~

    っていうか,全部,EOSに乗り換えたい気もしています(ぼそっ)
    やっぱり,AF速いもんな~

  7. 名前:Shiro 投稿日:2011/07/03(日) 22:12:44 ID:c44efcc3c 返信

    >takaGTさん

    ポラーのボトルは,実に利用者が多いですね。
    保冷力は,本当に全然あてにならないですけどねぇ・・・。

    夏場に,期待して冷たいものを入れると,結露してしまい,
    飲み口は砂だらけ(気にしないけど),
    フレームにも雫がかかる(すごく気にする。笑),
    という状態になります。

    おいらは,真夏期間はサーモスです。
    ハードな走りをするときはポラーですが,
    真夏は極端にハードな走りをしないので,
    のんびりとサーモスの蓋を開け閉めしながら
    冷たいドリンクを満喫しております。

    慣れると,サーモスも走りながら飲めますよん(^^)

  8. 名前:keteru 投稿日:2011/07/03(日) 21:56:19 ID:34e32dd13 返信

     ・・・・・・5月ごろ~、500mlのボトル一本空けるのに3~4時間位掛かってた私、飲まなすぎだろ・・・と・・・・・・・。
     走っている最中に、飲むのが苦手なんですよね~、1~2回口にする程度で、ほとんど休憩中に飲んでます。 出来なくは無いけど苦手です。 走りながら補給食を食べるなんて怖くて出来ません。 両手放しなんてした事無いです。
     そんな私でも、ポラーの500ml、キャメルバックの500mlは持ってます。 ポラーのボトルは私の使い方の問題か、半分凍らせて持って出ても30分で温くなってしまいます。 何が悪いんでしょうね?

     そう言えば、もうツールが始まってたんですね、昨日レース終了後のハイライトの時に気が付いて、その辺りから辛うじて見れました。 今日は最初から見れてますが、新城選手も別府選手も出てなくて、ちょっと見るモチベーションが上がり難いツールになってます。

  9. 名前:かんたろー 投稿日:2011/07/03(日) 21:10:21 ID:73bf3374c 返信

    こんばんは。
    去年はポラーボトル(大)と(少)使ってましたが、長時間の使用はボディが固いので握力が無くなってきて厳しくないですか?
    握力55kg以上はあると思いますが、早く飲みたくてグイグイ押しすぎ?

    今年はキャメルバックのジェットバルブ(大)とストロータイプの2種類を試してます。ストロータイプはハァハァいってる時に飲むのは苦しいですが、慣れるとボトルを逆さにしなくて良いだけタイムアタック中のペースダウンを少なく出来そうな気もしますので、もうちょっと使い込んでみようと思います。

    余談ですが、ポラーボトルのボディーにキャメルバックのキャップという使い方も出来ます。
    EOSボディーにニッコールレンズが付いたようなお得感です。(笑)

  10. 名前:takaGT 投稿日:2011/07/03(日) 20:50:22 ID:f4c1741f0 返信

    ポラーのボトルを使っている人って多いですね~。
    僕はCAMELBAKですが保冷力はポラー同様に気休め程度ですね(^^;)それでも無いよりはあったほうが良いです。
    サーモスも持っていますから夏でもコレを使えば、ドリンクを冷たいまま運搬できるのでしょうけれど夏は自転車以外でしか使いませんね(^^;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です