[第10回]お尻の痛み・・・

シートはサンマルコに変わりましたが,これは見栄えだけ(^^) セライタリアと特に変化無しです。

シートはサンマルコに変わりましたが,これは見栄えだけ(^^) セライタリアと特に変化無しです。

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

スポーツバイク,特にロードバイクに初めて乗ると,すぐにお尻が痛くなります。

おいらの場合,LGS RHC号に乗り始めたときは「痛くなる」どころでは済まず,激痛になってしまい,100kmを越えるロングライドはおろか,ご近所ポタすらままならない状態でした。

しかし,自転車本で学んだり,走り込んでいく(それほどではないですが・・・)中で会得した小技などのおかげで,今では少なくとも100kmまでは「お尻が痛くて困る」ことは皆無となりました。

「体の痛み」に対する悩みは多いようで,毎年のように(毎月?)どこかの自転車雑誌で特集されていますが,それでも,敢えておいらなりの痛み解決法を紹介してみます。

お尻の痛みを緩和する方法は色々あるのですが,おいらがやってみて,個人的に効果があると思う順番に並べてみました。



第1位:シート高さの調整

これが一番効果があるんじゃないかと思います。

LGS RHC号に乗り始めた頃,あまりの痛みにたまらなくなり,いろんな本で勉強してみたところ,ライディングポジション,特に「シート高さ」がとても大事なことを知りました(おいおい,当たり前だよ・・・)。

最初の頃は,可能な限り高いシートが格好良く,かつ,ペダリング効率がいいと信じていました。両方ともほぼ真実ではあるのですが,限度っちゅうもんがあります。

膝が伸びきってしまうほど高いシートだと,足でお尻を支えるのが難しくなりますから,路面の衝撃はすべてお尻で受けることになります。この頃はレーパンもはいていなかったので,痛みは耐え難いものでした。

BB~シート面が77cmって,いくらなんでも高すぎるって・・・。

BB~シート面が77cmって,いくらなんでも高すぎるって・・・。

Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

本ブログ内の紹介記事へ痛かった頃のシートの高さはBB~シートトップで77cmもありました。おいらが,ヨーロッパの選手のように90cmくらい股下があれば問題ありませんが,コテコテの日本人ですから,80cmしかありません。80cmの股下でシートの高さ77cmって,いくらなんでも無理ですがな・・・。

そこで,一般的に推奨されていると思われる「股下×0.893」で計算して71cmにしてみると,あら不思議!痛みはほとんど無くなってしまいました。しかも,かえってペダリングが軽快に回せるようになるし,いいことだらけでした。

自転車雑誌の写真よろしく,べらぼうに高いシートに無理して乗ると,いずれ,乗れなくなるほどの痛みが帰ってきます。

かといって本ブログ内の紹介記事へ低すぎるセッティングにした場合には,今度は全体重がシートにどっかりと乗ってくるようになります。

何事も程々がよろしいようです(^^)

第2位:秘技! ケツ浮かしの術!

猛烈に効果がある上,コスト0円の必殺技です。簡単な割にはどこの本にも書いてあるのを見たことがないので,本邦初公開です(いや,周知の事実だったりして・・・)

ロードバイクは,タイヤがカチカチ,フレームもカチカチ(アルミだし。ちぇっ・・・),シートもカチカチという「カチカチトリオ®」のせいで,路面の凸凹がそのままシートに伝わってきます。

この「路面の衝撃をシートが拾う」は,どうしようもないこと(後述のように,ある程度緩和できますが)なので,衝撃から逃げるためにはただ一つ,ちょっとだけ尻を浮かせるのです。

前方に小さな段差や横断歩道のペイント(これだって痛いのヨ)を見つけたら,ほんのちょっと尻を浮かせる,実際に浮かべなくても加重を抜くだけでもOKです。

は? それだけかよ・・・」と侮ってはいけません。

この,秘技の効果はかなりあり,特にロングライドでは長い走行時間中に喰らう,小さな衝撃の積み重ねもバカにできません。後半になるほどボディーブローのように利いてきます(涙) また,シートにどっかりと加重している状態では,タイヤで踏んだ段差(=衝撃)は,ホイールやフレームとお尻で吸収しなければなりませんが,お尻を浮かせば,ほとんどを優秀なサスペンションである「脚」が吸収してくれるので,お尻だけじゃなく,自転車本体にも優しいと思われます。

第3位:ライディングポジション改善

前述の,「シート高調整」と「ケツ浮かしの術」でかなり緩和されたのですが,次点でよかったのが,ライディングポジションの改善です。

LGS RHC号の前は,MTB(LGS SIX号)でしたのでアップライトなポジションに慣れていて,ほぼそのままの姿勢でロードバイクに乗っていました。アップライトな姿勢では上半身体重はお尻に集中し,やはり,痛みの原因になります。

そこで,もっと前傾姿勢を深くとれば,腕と足(と腹筋)に力が分散してくれます。やってみればわかります(というか,自然にそうするかもしれません)が,お尻の痛みはすぅ~っと引いてくれます。

しかし,あんまりやりすぎると,前は見えないし腰痛になったりするしで,これまた困ったことがありますので,要はバランスです。お尻が痛いなら前傾姿勢を深く,腕が痛いならもうちょっと起こして,と言った感じでベストポジションを探しましょう♪

また,ハンドルまでのリーチを縮めるために本ブログ内の紹介記事へステムを短めに交換したのですが,このことで下ハンドルを握りやすくなりました。下ハンドルを握るということは,それだけ前傾姿勢になることですから,お尻への負担はさらに減ります。

ただ,このころは07年式LGS RHC号標準のドロップの大きいハンドルでしたので,下すぎて腰が痛くなるという欠点があり,翌年,本ブログ内の紹介記事へFSAのコンパクトなドロップハンドルに交換することで,腰痛からも解放されました(完全ではないですが・・・)

分かりにくいけど,サドルが下がり,ハンドルがコンパクトになっています。

分かりにくいけど,サドルが下がり,ハンドルがコンパクトになっています。

RICOH Caplio GX100

第4位:ようやくレーパン

ここまで,全然お金のかからない対策ばかりでしたが,ようやく王道のレーサーパンツ,レーパン様のお出ましです。

おいらがレーパンを買ったのはかなり遅く,LGS RHC号に乗り出してから半年後のことで,それまでは普通の「短パン」で走っていました。

本ブログ内の紹介記事へ富士山一周ですら,普通の短パンです(恐るべし!)

初めて買ったレーパンは,ショーツではなく冬用のタイツである,パールイズミの「本ブログ内の紹介記事へブライトタイツ」でした。初めてはいてみたときは,まずは,お尻の痛みよりも,タイツの伸縮性によるペダリングの軽やかさに驚きました。そして,100km程度のロングライドをやってみると,さすがにみなさんがおすすめするだけあって,自転車専用のパッドが付いている効果は絶大! お尻が全く痛くありません!!

さらに,去年の夏には本ブログ内の紹介記事へAdidasのビブショーツを導入しましたが,こちらの方がさらにパッドの性能が良いというか,おいらのお尻に合うのか,もっと快適に座っていられるようになりました。

見た目がアレですが,着込んでしまえば,普通の短パンです♪

見た目がアレですが,着込んでしまえば,普通の短パンです♪

Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

適正な前傾姿勢で痛みが和らぐのは確かですが,レーパンをはくことによって,前傾姿勢に疲れたときは完全に直立姿勢でリラックスしてみたり,ハンドルのフラット部分を握って走ったり,ロングライドではライディングポジションの幅が広がります。

まぁ,見た目がアレですが,やはり,スポーツバイクにはレーパン(冬はタイツ)が似合います。

第5位:タイヤ空気圧の適正化

最後はタイヤの空気圧です。

こちらはつい最近のことですが,本ブログ内の紹介記事へエアーゲージを格安で買ったため,タイヤの空気圧をまじめに管理してみることにしました。

自転車生活2年目にして,ようやくエアーゲージを導入!!

自転車生活2年目にして,ようやくエアーゲージを導入!!

Nikon D70 + Nikkor 35mm F2D

以前は,少しでも軽く速く走りたくて,推奨空気圧の上限いっぱい(10気圧とか,11気圧とか)にしていたのですが,そもそも体重55kgで10気圧はいくらなんでもおかしいです。

かといって,あまり下げすぎるとパンクのおそれが出てくるので,まじめに空気圧を管理してみたのですが,おいらの体重の場合,推奨空気圧の下限をちょっと上回るくらいでちょうどいい感じです。

今はPanaracerの「本ブログ内の紹介記事へExtreme EVO3 Protex」ですが,下限7気圧に対し,7.3~7.5気圧くらいで乗っています。

以前より3気圧ほど下げたわけですが,衝撃はだいぶ柔らかくなったのに,軽やかさ(転がり抵抗)については,ほとんど変わらない気がします。技術不足で感じ取れないだけかもしれませんが,お尻への衝撃の低減は確実に感じられます。

というわけで,ほとんど差が感じられないない転がり抵抗と,だいぶ変化するお尻への衝撃を天秤にかけ,なんとなくこの値で落ち着いています。

着外:サスペンションシートポスト

最初の頃,あまりのお尻の痛さに,LGS SIX号で使っていた,サスペンションシートポストを使ってみました。

KING OF 役に立たないパーツ,サス付きシートポスト。すぐやめました・・・。

KING OF 役に立たないパーツ,サス付きシートポスト。すぐやめました・・・。

Nikon D70 + TAMRON 17-50mm F2.8

が,ロードバイクにとってはものすごい重量増加(500gくらいか?)がある割には,意外と効果がなく(=やっぱりお尻が痛い),すぐにやめました。

もっとも,仮に効果があったとしたら,この後,適切なライディングポジションやシート高さを見つけることができなかったでしょうから,まさに失敗は成功の元でした。

まとめ

というわけで,2年間のロードバイク人生(ってほどじゃないでしょ・・・)で学んだ,お尻の痛み回避法でした。

ほぼ間違いなくお尻の痛みが消えるありがたいお話(?)の上,そのうち3つは0円という,お財布への痛みも無い,すばらしい提案です。

実際,自転車雑誌等の記事では,必ずと言っていいほど,

  • カーボンフレーム
  • カーボンホイール
  • カーボンシートポスト
  • ゲル入りバーテープ
  • ゲル入りサドル

なんていう,「痛み緩和パーツ」が登場します。

しかし,これらの,(比較的お高い)パーツを試してみる前に,費用0円で試してみることは結構あります。

「ワシは金はいくらでもあるが,時間が無いんじゃよ」というお方はさておき,まずは,だまされたと思って,シート高さ,ライディングポジション,ケツ浮かしの術あたりから試してみてください。

きっと,痛みのない,晴れやかなロードバイク人生への道が開けることでしょう~(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



最初のころ,良く読みました♪

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2010/10/10(日) 22:13:32 ID:c8f0e4158 返信

    >もじゃ夫さん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます!

    そう,「0.893」ってなんだか不思議な数ですよね。
    意味はわからんのですが,これで合わせるとほぼいい感じに。

    ただ,ペダルのスタックハイト(厚さ)や足首の角度なんかでも
    どんどん変わってしまう要素はあります。

    この値をスタートに,プラスマイナスしてご調整下さい~(^^)

    おいらは,今は72.5cmくらいです。
    本当は72cmがベストなはずなのですが,
    ISPなので切るに切れないのです・・・(涙)

    普通のポストがいいよぉ~

  2. 名前:もじゃ夫 投稿日:2010/10/10(日) 16:09:00 ID:1b35670d6 返信

    「股下×0.893」をやってみたら、確かにお尻の痛みが無くなりました! ありがとうございます!

    自分の場合股下が71cm(←短すぎますよねw ^^;)なので計算すると 63.4cmでした。

    自分の場合、低すぎたようですw

  3. 名前:Shiro 投稿日:2010/09/25(土) 00:13:26 ID:3a61bdbac 返信

    >いそJINさん

    はじめまして~
    コメントありがとうございます!!

    ロードバイクの「尻の痛み」はハンパじゃ無いですよね。

    おいらも,購入して最初に乗った瞬間,
    「とんでも無い物を買ってしまった。絶対無理。返品だ」
    と考えてしまいました。

    それから半年近くは,痛くて痛くてどうにもならないし,
    実際に「ぢ」になっていたと思います。

    しかし,高すぎたサドルを下げて,前傾姿勢をちゃんとしただけで,
    かなり痛みが和らぎました。

    今中大介氏の「ロードバイクが一からわかる本」では,
    ロードバイクの尻の痛みについて,

    「誰もが必ず経験する」
    「フォームを直す良い機会」

    というように,前向きに書かれています。

    ロード乗りの仲間に慣れたと言うことで,
    この痛みもお友達(イヤですが)にして,末永く頑張りましょう!(^^)

  4. 名前:いそJIN 投稿日:2010/09/23(木) 21:17:22 ID:54a2062ce 返信

    こんばんは。
    50歳記念に2週間前からロードバイク始めたものです。^^;;
    この記事には、「ロードバイク お尻 痛い」で検索し、たどり着きました。
    その前からブログ村を通して訪問していましたが。。。
    詳しく書かれていて非常に参考になりました。
    こういう記事を見ると自分だけじゃなかったのかとちょっと安心したり、奥が深いのかと驚いたり・・・
    一応ショップで調整してもらったバイクなのですが、乗り方や姿勢を含め、これから研究を重ねてみようかと思っています。
    超初心者なので、長い時間と試行錯誤が必要そうですが・・・orz

    写真もすごく綺麗、デザインも洗練されていて内容も濃く見やすいですね。他の記事も読んで勉強させていただきます。

  5. 名前:Shiro 投稿日:2009/11/22(日) 09:09:18 ID:054622246 返信

    >rascals81さん

    初めまして!
    コメント遅くなってごめんなさいです。

    最初の頃のおしりの痛みは,まさに拷問ですよね(T_T)
    おいらも最初はそうでした。

    ツールの選手達を見て,そのパフォーマンスよりもなによりも,
    「よくあんな痛ぇの乗っているもんだなぁ」
    と,別の視点で感心してしまいました。

    ただ,尻と腕の両方に分散して体重を支えられるようになれば,
    100kmくらいまではへっちゃらになりますよ~

    で,サドルの高さ計測ですが,靴は履かない状態で計測です。
    両足を10cmくらい開いて,
    股間に分厚い本(エンゾ早川さんによると,「imidas」が適切らしいですが)
    をあてて,床からの高さを測ればOKです。

    ,,,とされていますが,よくよく考えると,
    靴の厚さ,クリートの厚さ,ペダルの厚さは人それぞれ。
    計算で出される長さは「参考値」ですね。

    ほんの1cm(というか5mm)変えただけで,
    かなり変わってきますので,色々試行錯誤してみてください(^^)
    お出かけにはアーレンキーを忘れずに!!

  6. 名前:rascals81 投稿日:2009/11/20(金) 10:36:39 ID:21ad24f3b 返信

    はじめまして。
    先週の日曜日にロードバイクデビューしたものです。

    50km走ったのですが、お尻の激痛で後半は拷問のようでした。早速サドルの高さを見直そうと思っていますが、股下のはかり方は靴をはいた状態で計測するのでしょうか?ご存じでしたら教えてください。

    こちらのサイト大変見やすくて、写真も綺麗で楽しいですね。これからもちょくちょく見させていただきます。

  7. 名前:Shiro 投稿日:2009/01/26(月) 23:05:07 ID:7caa04291 返信

    >親方さん

    あ,ほんとだ!
    レースやっているのに格好悪いかもです(笑)

    やっぱり,THOORKの方が格好いいっす。
    ロードバイクは,シートも格好良くなくてはいけないから,大変です(?)

    でも,我が家のツマのような一般の方々から見たら,

    「イスでしょ?」

    の一言で片づけられてしまうのが,また悲しい(笑)

    ベストポジションを探す作業って,確かにすごく大変ですよね。
    家を出て,2~3時間で戻ってくることが多いのですが,
    最初の頃は,その間に10近く降りて,アーレンキー片手に位置調整していました。
    やっていることだけはメルクスみたいです。

    室内で出来たら楽なのにな~,と思っていましたが,
    やっぱりローラーいいですかぁ。
    いいなぁ,欲しいなぁ。

    毎年,6月頃に「ローラー欲しいパワー」が最高潮に達するのですが,
    梅雨明けと同時にしぼんでしまいます。

    北海道だと,梅雨は無いけど,長~い冬に活用できそうですもんね。
    春を目指して,がんばってください(^^)

  8. 名前:親方 投稿日:2009/01/26(月) 20:19:22 ID:2bb2ecdfd 返信

    こんばんは。 おしりの痛みですか。
    やっぱ、痛みがでるときついですよね。

    僕は前にselle ITALIA XO TRANS AMという かなりコンフォートなサドルを使ってましたが、こけた時の傷が広がって破けてきたのと
    かなりの人に レースやっているのにかっこ悪いって言われて今のselle ITALIA THOORK GEL FLOWに替えました。
      はっきり言って硬かった、レーパン履いても
    硬て~ 痛て~って感じでした。
     でも せっかく買ったサドルをだめにしたくないので、固定ローラーを使っていい場所を探しました。 やっぱローラーは良いですよ。 見つけました、スイートスポット。でも 狭い感じがします。アリオネにしとけばよかったかな。
     今度 新しいフレームが来たら全部見直しです。 あ~うれしいの半分、めんどくさいの半分です。
     あと、一昨日と昨日、車連主催のジュニアの強化研修に息子の引率で参加してきました。
     いや~難しかった、一日目は座学(ルールや体内のエネルギーのメカニズム) 2日目は主に3本ローラーを使っての、ポジションやフォームの改善。 でもためになりましたよ。
    我が家に3本ローラーはないので 息子が乗れるか心配でしたが、最初ちょっと教わると乗れてました、子供はなれるのが早いですね。

     結局、先生方に 3本ローラーで練習させてくださいと説得されて、3本ローラーを購入する事にしました。 (固定ローラーは競技の練習用としてはちょっとむかないみたいです)
     お父さん(自分)も練習だな・・・。
     

  9. 名前:Shiro 投稿日:2009/01/26(月) 09:04:04 ID:7caa04291 返信

    >hiroadさん

    ジーパンでロードはキツイですねぇ。
    おいらも,何回かジーパンでRHC号に乗ってみましたが,
    ケツがいたいのと,足が重いのでなかなか前に進みませんでした。

    昔のレーパンって,今より高かったんですか!
    今でも猛烈に高い気がしているのに・・・。
    アソスなんか買おうとした日にゃ,腰抜かします(オーバー?)

  10. 名前:Shiro 投稿日:2009/01/26(月) 09:00:29 ID:7caa04291 返信

    Forteさん

    こんにちは。

    そう,Forteさんの
    なんか間違った自転車買ったんじゃないだろうか・・・
    は,おいらも全く同じ気持ちでした!!!

    おいらも,家族の手前では「いや~,いいよ」と言っていましたが,
    内心は,「やべぇ。とんでもないモノ買っちまった・・・」と
    思い続けていました(笑)

    今では胸を張って,
    「ケツ? 全然痛くねぇぜ!」
    と言えます(聞いてくれませんが・・・)

  11. 名前:Shiro 投稿日:2009/01/26(月) 08:57:05 ID:7caa04291 返信

    >tamamaさん

    こんにちは~

    ありゃりゃ? tamamaさんまで「カイマノ」ですか!
    カイマンワニにそっくりですよね!(って,どんなワニやねん・・・)

    おいらは,完全に見た目のみで購入しました。
    ホントはアリオネが欲しかったのですが,
    ショップに行ったら,おいら的に超格好良いカラーリングだったので,
    性能も特徴もなんも調べないで買ってしまいました。

    で,tamamaさんもおっしゃるように,結構固いですよね。
    そのうち,記事で紹介しようかと思っているのですが,
    乗り手を選ぶのかもしれませんね。

    鎌倉界隈を走っていると,
    「なんでこんなにきれいなんだろう。あの,腕の余裕はどこから?」
    と思われる人をたまに見かけます。

    そう言う人に限って,背中もきれいにまん丸になっているし,
    羨ましい限りです。

  12. 名前:hiroad 投稿日:2009/01/25(日) 23:48:57 ID:16d00ecd5 返信

    フルアルミでカッチカチのFCRにジーパンで乗ったり
    おろし立てのブルックスサドルにやっぱりジーパンで乗ったり
    私のお尻は酷使されています。

    昔はレーパンのクッションのところがセーム皮だかで
    あまりクッションがなかったし高かったので
    フツーの短パンで走ってましたねー。

  13. 名前:Forte 投稿日:2009/01/25(日) 22:09:00 ID:745c92326 返信

    こんばんは。
    私もはじめ乗ったときは20kmくらいから激痛に見舞われ、「なんか間違った自転車買ったんじゃないだろうか・・・」としょげていた時がありました。結局のところシートポストが高すぎたみたいで、微調整しながら何とか自分のお尻が楽なところが見つかりました。
    でも、低すぎれば今度は足の力が上手く入らなくなるので、なかなかに難しいですね。

    5mmでも変われば感覚が一変するシートポストの高さ、本当に奥が深いです。

  14. 名前:tamama 投稿日:2009/01/25(日) 10:02:34 ID:803259cb5 返信

    こんにちは。
    今回は自転車海苔の永遠のテーマたるお尻の話ですね。

    私は、人よりお尻の皮(肉?)が厚いのか、お尻が痛くなった経験がありません。
    今使っているサドルもshiroさんの影響によりカイマノ(赤)です(ハンドルもマネしちゃいました)。
    結構硬く、スイートスポットが限定されるサドルらしいです。
    それでも、気合を入れて乗るときは、常に骨盤を立てることを意識してます。
    たまに多摩サイで休憩がてら通り過ぎる自転車海苔さんたちを見ていると、サドルの位置がそれほど高くなくても、骨盤が立って、腕がゆったり余裕のある綺麗な(と感じる)フォームの人は結構いますね。
    ただ、ケツ浮かしはあまり意識したことはないです。私の場合、登りでも平坦でも良くダンシングしてるので、結果的にケツ浮かしの役割を果たしてるのかもです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です