Eliteの真空断熱ボトル「DEBOYO(デボヨ)」 ※冬評価のみ

熱湯をそのまま注げるボトルは貴重な存在。

熱湯をそのまま注げるボトルは貴重な存在。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ロードバイクに乗ると,ものすごく喉が渇きます。

夏も冬もドリンクは欠かせないのですが,いずれの場合も,適温で運ぶのはなかなか難しいものです。

夏場はすぐぬるくなってしまいますし,冬のライドでは,そもそも熱い飲み物を何に入れていって良いのかすら,良く分かりません。

おいらは,普段はPOLAR(ポラー)を使い,どうしても適温で飲みたいときはサーモスの保温マグを使っていましたが,新たに,自転車専用のElite『DEBOYO(デボヨ)』を導入してみました。




定番ボトル,POLAR(ポラー)の悩み

自転車乗りの間で,ドリンクボトルの定番は「POLAR(ポラー)」です。

2重構造となっていて空気層で保温する仕組みで,おいらは過去に3個買い,現在は2個保有しています(1個がなくなった理由は後述)。

しかし,広告で言うほどの効果があるのか?というと,なんとも微妙なところでもあります。

保冷力はそんなに無いよ
真空断熱の「魔法瓶」に比べてしまうと,空気断熱の保冷力はお話にならないくらい弱く,1時間も走ればドリンクはぬるくなってしまいます。ドリンクを凍らせておくという技が一般的ですが,結露で自転車が濡れてしまう,好きなときに好きな量飲めないという新たな問題が発生します・・・。
冬場は全く対応不可
非耐熱のブラスチック製なので,熱い飲み物を入れることができません。初代のポラーは,熱湯(紅茶)を注ぎ込んだところ,グニャ~と変形してしまい,お星様になってしまいました。最初からぬるめに冷まして入れればいいのですが,保温力が低いですから,少し走ればすぐに冷え切ってしまいます・・・

結局は保冷能力の低さが原因で,夏も冬もイマイチになっている状況です。

特に冬場については,人によっては冷たいドリンクを入れて走られているようですが,極度の寒がりのおいらは熱い飲み物(紅茶,ゆず茶,レモネード等)が無いと,寒さで死んでしまう恐れがあり,耐熱のドリンクボトル確保は死活問題です。

Eliteの保温ボトル「DEBOYO(デボヨ)」登場!

フルメンテ2013の消耗品購入のどさくさで(?),Eliteの保温ボトル「DEBOYO」を買ってみました。

こいつは,普通の魔法瓶と同様,真空2重構造となっているので保温能力はかなり高そう。デボヨの特徴は以下の通りです。

名前が変(それかよ・・・)
デボヨって,なんなのヨ。変なのヨ。
高い保温能力
前述の通り,真空2重構造による断熱なので,一般的な魔法瓶と同等の保温能力があります。カタログでは「最長12時間の保温能力」とうたわれています。
ホットドリンクOK!
ステンレス製なので,熱い飲み物も問題なく入れることができます。レモネードやお茶はもちろん,おしるこやカレーうどんだって,どんとこいです(絶対にダメだと思います)
2種類のキャップが同梱
普通のドリンクボトルと同じノズル付きキャップと,ノズル無しキャップの2種類が入っています。前者は自転車に乗るときに使いますが,後者をつければ日常生活でも使えるという2wayなのです。
自転車専用品の強み
自転車専用ですから,もちろん,一般的なケージにフィットするサイズ(直径74mm)です。また,内容量は手ごろな500ml。重量はちょっとあって,310gほどあります。

ホットもコールドもOKで,保温力は高い。

普通のボトルと同じ飲み口なので,走りながらも飲める。

ノズル付きと,ノズル無しの2種類の蓋が付いてきます。

ノズル付きと,ノズル無しの2種類の蓋が付いてきます。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

もう,良いことずくめジャン!

・・・,と思ったのですが,そうは甘くないんだなぁ。

冬場だけ使用の暫定評価→イマイチ

夢のドリンクボトルとして登場したデボヨですが,2週間ほど使った現時点では,

「う~む,どうなんだろ?」

といったところです。

どんなところが,「う~む」なのかと言うと・・・?

熱湯で火傷するかも(っていうか,火傷した)

普通のボトルと同じようにキャップを引き上げて飲むのですが,中の熱湯が舌の上に直接注がれます。

これはもう,人間という生き物の構造上,どうにもならない課題かもしれません。

ストローでホットコーヒーを飲むようなものなので,どうしても,火傷してしまいます。

冷水にはちょうどいいのだけど,ここから熱湯が噴出してくると・・・。

冷水にはちょうどいいのだけど,ここから熱湯が噴出してくると・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

また,ゆっくりとチビチビ飲むという工夫をしてみたのですが,傾けた途端に勝手に勢い良く熱湯が舌の上に注がれ,やっぱり火傷してしまいます。

DEBOYOはケースが変形しなので,普通のボトルのように握って出すのではなく,ノズル横の空気抜き穴により「傾けるだけで出る」仕組みなっているためです。

こんな実験をやっていたら舌が何個あっても足りないので,ノズル付きは諦め,ノズル無しのキャップに換えれば,普通の魔法瓶のように「ふ~,ふ~」しながら飲むことができました。

しかし,これでは,自転車専用ボトルにしている意味が無いような・・・。

保温能力に疑問符?

ポラーに比べれば保温能力は圧倒的に高いのですが,サーモスなどの保温ボトルに比べると,その能力は一段低いと思います。

ステンレスの真空2重構造というのは,どこのポットも似たようなものでしょうから,実は,蓋の部分に問題があるのではないか?と睨んでみました。

蓋の部分の断熱性が弱いので,上部で冷やされて対流し,効率よく(?)冷えていってしまっているのかもしれません。

ためしに,ノズル付きキャップとノズル無しキャップ,さらに,サーモスの3者で保温能力を比較してみました。

80度のお湯でスタートして,窓際で扇風機をガンガン回して走行時と同じ状況にして,時間経過と温度変化をプロットしてみました。

実験開始! うわぁ~,レンズが曇る!(笑)

実験開始! うわぁ~,レンズが曇る!(笑)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

実験風景。窓際のミニ扇風機で冷却中。外気温は10℃ほど。

実験風景。窓際のミニ扇風機で冷却中。外気温は10℃ほど。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ノズル付き蓋は保温力はかなり低いです。ノズル無し蓋はがんばるけど,サーモスには及ばないなぁ・・・。

ノズル付き蓋は保温力はかなり低いです。ノズル無し蓋はがんばるけど,サーモスには及ばないなぁ・・・。

グラフのとおり,ノズル付きキャップはかなり急速に冷えてしまっています(降下率は-15.1℃/時)。

一方,サーモスの保温力(-4.8℃/時)には及びませんが,ノズル無しキャップだと保温力はかなり改善されています(-7.7℃/時)。広告の「最長12時間の保温能力」が何を言っているのか分かりませんが・・・(100度でも7℃まで下がっちゃうじゃん)

イタリアンクオリティー

まぁ,これはいつものこと(?)ですが,イタリアン品質なつくりが見え隠れします。

ノズル無しキャップを使おうとしたら,ご覧のとおり。

外装と分離しちゃいました。良く見ると,内蓋の断熱材も中途半端な形状・・・。

外装と分離しちゃいました。良く見ると,内蓋の断熱材も中途半端な形状・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

内蓋と外装があっさりと分離してしまいました。

接着面を見ると,ほ~んのすこしだけ接着剤が塗られていて,ぜんぜん効いていませんでした。

しょうがないので,セメダインの耐熱接着剤で固定しなおしておきました(^^;)

まとめ

結局,ノズル無しキャップを付けて,啜るようにして飲むのが一番いいみたい(^^)

結局,ノズル無しキャップを付けて,啜るようにして飲むのが一番いいみたい(^^)

Nikon D600 + Nikkor 24-70mm F2.8

まだ冬場にしか使っていないのですが,手持ちのサーモスと比べて「こりゃぁ便利だ!」というレベルではありません。

ノズル付きキャップでは火傷をしてしまうので,ノズル無しキャップを使うのですが,これだと,走りながら飲めるというメリットはなくなります。

そうなると,より保温能力が高いサーモスボトルに軍配があがります(一応,片手で飲めますし)。

項目 DEBOYO
ノズル付きキャップ
DEBOYO
ノズル無しキャップ
サーモス
保温能力
走りながら飲める
(火傷します)
不可
(啜れます)
とまって飲める
(火傷します)

(啜れます)

(啜れます)
ケージへのフィット感 最適 最適 細過ぎ
(保温ケースで改善)

ただ,自転車専用品というだけあって,ケージへのフィット感は抜群で,この点ではサーモスを大きくリードしています(サーモスの場合,ボディが細過ぎるので,保温ケース(袋)などで着膨れさせてやる必要があります)

さすが,自転車専用品だけあって,ケージへのフィット感は抜群です。

さすが,自転車専用品だけあって,ケージへのフィット感は抜群です。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

しかし,冬の使用に限って言えば,普通にサーモスを使っていたほうがメリットが大きそうです。

夏の保冷能力,ノズル付きキャップの使いやすさに期待を残し,半年ほどお休みいただくことになりました。

2014年の夏には頼むよ~ん。

この記事を書いてからも,なんだかんだ言って,使い続けています。

ケージにジャストフィットな使いやすさと,熱湯入れてもふたを開けて「すする」ことができるのは,意外と便利です。

サーモスは保温力がありすぎて,あらかじめ冷やして入れないと飲めませんが,DEBOYOは熱湯を入れてもいずれ冷えますし,ふたを開けてチビチビすするという飲み方ができます。

最近では,日常のお出かけ(家族旅行等)にも持っていっています。意外と冬もいけるぞ!?

おわり。

【おまけ】改めてサーモス

今回,比較したサーモスは,「ケータイマグ500cc」というブツですが,同じ500ccなのにDEBOYOに比べるとこんなにスリム。

右がライバル(?),サーモスの500ccマグボトル。

右がライバル(?),サーモスの500ccマグボトル。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

左がサーモス。間口の狭さが保温能力にも貢献している!?

左がサーモス。間口の狭さが保温能力にも貢献している!?

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

お値段も安いし,飲み口やゴムパッキンなどの消耗品も充実。

片手で開けて,飲み口で冷やしながら飲むこともできる(それでも火傷するときあるけど)。

本来はオフィスなどの室内目的で開発されたみたいだけど,アウトドアはもちろん,自転車用でもどんどん使えます。こっちの記事にしたほうがよかったか!?

【2014.1.23追記】

なんだかんだ言って,冬場も使い続けています。ケージにサイズがぴったりしている便利さと,熱湯でも,ふたを開けて「すする」ことができるのは,意外と便利です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報



冬はサーモスの勝ち?

[メーカーサイト]

Amazonだと相当安いです

[メーカーサイト]

冬に限ってはイマイチ・・・

コメント

  1. 名前:Shiro 投稿日:2013/12/25(水) 19:53:22 ID:4f0b532db 返信

    >hiroppyさん

    コメントありがとうございます!

    ボトル10本!!!
    すごいですねぇ~

    おいらは,星になったポラー1本を含めても,
    今回のデボヨで5本目です。

    B.Freeというのは,本当に普通の保冷ボトルデザインですね。
    うちの子供が使っている,サーモスのとそっくりです。

    ただ,冬に使うと確実に火傷するタイプですね。
    舌の上にどっさりと熱湯が・・・。

    いやいや,そもそも,熱湯を入れること自体が無理か?
    冬は,そこそこの温度の飲み物を,道端に停車して飲むのがいいのかもしれませんね。

  2. 名前:hiroppy 投稿日:2013/12/25(水) 16:29:51 ID:f0b7d3a40 返信

    おじゃまします。

    私もボトルは色々と試しているうちに10本ほどになってしまいました。

    ポラーなど大小色違いで4本あります。。。
    エリートデボヨも良さそうだったので購入してみましたが、飲み口に唇を挟んだりしてイマイチと思っているところです。

    雑誌で見たB.Freeというのが保冷保温能力がたかいとのことで昨年購入しましたがふたが外れやすいとの指摘があったとかで回収になり、今年その改良版が発売されました。

    今はこれが一番と思っています。
    機会があれば試してみてください。

    http://www.worldcycle.co.jp/item/87497.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です