2020東京オリンピック・ロードレースコースを試走してきました!

来年の本番に備えて、試走に行ってきました!(^^)

来年の本番に備えて、試走に行ってきました!(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

先週、2020東京オリンピックでのロードレースコースを試走してきました。

代表選手に選ばれる可能性もゼロではない(いや、ゼロだ)ので、念のため、試走です

いやはや、こんな激坂をコースに入れるとは、何とも鬼ですなぁ・・・(^^;



2020東京オリンピック・ロードレースコース

2020東京オリンピックでのロードレースコースは、大会公式HPにて紹介されています。

7月21日には、プレ大会も開催されていて、一般のニュースでも紹介されていました。

コースの大部分は、過去に何度も走ったことのある「道志みち」や「篭坂峠」ですが、まったく近づいたこともない「三国峠」などの未知の道もあります。

本来なら、オリンピック本番と同じ条件で走りたいところですが、富士ヒル以降全く走ってなく、FTP=150Wくらいしか出なさそうなので、以下のように(かなり)縮小した手抜き試走にしました。

  • 篭坂峠、富士山麓は省略
  • 三国峠の登りはきつすぎるので、下りにする
  • 全コース(230km)はキツイので、あちこち省略して150kmに
コースの大部分が山の中(^^)

コースの大部分が山の中(^^)

SHAPR AQUOS mini

予想以上にきついオリンピックコース

試走(←まだ言ってる)当日は、台風の影響で夜からは雨予想のため、朝5時に家を出発して、夕方までには帰ってくる予定。

休憩込みで平均速度15km/hくらいで走ればよいのですが、梅雨明け直前でジメジメしている上に35℃近い猛烈にきつい天気。

晴れたのはいいのですが、暑杉・・・。

晴れたのはいいのですが、暑杉・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

2013年には、道志みちを起点として210km(獲得標高3000m)を走っていたのですが、正直言って、道志みちを完走するだけでヨロヨロ。

【予告編】富士箱根の4峠・山を乗り越え200km/日達成!(^^)
-->おぉ~,ついに200km/日オーバー! それにしても,7300kcalっ...

途中、あちこちで休憩しながら、何とか「道の駅どうし」にたどり着き、一命をとりとめます。(ここまで約70km)

道志川にかかる吊り橋で一休み。

道志川にかかる吊り橋で一休み。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

道の駅でパスタご飯(^^)

道の駅でパスタご飯(^^)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

昼食後、後半に向けて走り出したとたんに、いつもように雨が降り出します(やっぱりな・・・)

6月の地獄」を体験した自分にとって、この程度の雨は何ともないのですが、暑さはちっとも楽にならずに蒸すだけで、体力的に厳しいものがありました。

あちゃ~、雨じゃ~。あんまり気温が下がらん・・・

あちゃ~、雨じゃ~。あんまり気温が下がらん・・・

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

幸い、山伏峠を越えたあたりで雨はやんでくれたため、いよいよ、未知の三国峠へ挑戦です(といっても、逆からなので、ほんのちょっと上るだけですが、笑)

途中、山中湖と富士山がど~んと見える絶景ポイントがあるのですが、残念ながら富士山は全く見えず。

本当は、山中湖と一緒に富士山も見えるはずなんですが・・・。

本当は、山中湖と一緒に富士山も見えるはずなんですが・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

残念ながら、富士山は一度も顔を見せず。

残念ながら、富士山は一度も顔を見せず。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ストリートビューで同じ場所を見てみると・・・、また来よう

ストリートビューで同じ場所を見てみると・・・、また来よう

絶景(らしい)ポイントを過ぎると、三国峠の最高地点を超え、いよいよ激坂区間に入ります。

道端には、勾配注意の看板がちょいちょい立っているのですが、「11%」とか「15%」などという激坂標識が頻繁に表れ、最もきついところでは「18%」という超激坂表示が出てきました。

11%。前方の霧っぽいのは、雨が道路で蒸発しているものです。

11%。前方の霧っぽいのは、雨が道路で蒸発しているものです。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

おぉ、15%。だんだんきつくなってきたぞ。

おぉ、15%。だんだんきつくなってきたぞ。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

ついに18%の激坂を制覇! (ダウンヒルだけど・・・)

ついに18%の激坂を制覇! (ダウンヒルだけど・・・)

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

残念ながら(?)今回は、本番とは逆方向なのでダウンヒルでしたが、先日のプレ大会では、この激坂をレーススピードで選手たちが走り抜けていったのだから、ただただ驚きます。

クルマが転がるように下っていきます・・・。

クルマが転がるように下っていきます・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

FTP=150Wのおじさんでは、とてもついていけそうにないので、来年のオリンピック参加はお断りさせていただくことにしました。

激坂を下りきってから家までの50km(小山町~松田~藤沢)も結構遠くて、改めて体力低下をかみしめつつ、秋からはまじめに取り組まないと、オリンピックどころか、ヤビツ・富士ヒル完走もおぼつかないことを痛感です。

さ、秋から頑張ろう!(^^)

【本日の走行データ】

項目 記録 メモ
走行距離 159km そんなに長距離ってわけではないか
走行時間 12時間35分  
平均速度 13.1km/h 休憩(とトラブル)が多すぎる
獲得標高 2026m 意外と登ってない
消費エネ 6711kcal その割には膨大な消費
TSS 374  

恒例のトラブル発生!

過去の経験からすると、150kmも走れば、ほぼ100%何らかのトラブル(またはポカ)に遭遇します。

昨年秋の200kmライドはSTIがぶっ壊れて1段変速となりましたが、今回は、定番のチェーン脱落。

道志みちの途中に、2008年のShiro豪雨パンク追悼地点があり、そこで記念写真を撮っていたところ、強風が吹いてLOOK号がバタ~ンと倒れてしまいました。

パッと見て、特段、何の問題もなさそうなので走り出し、数km走った地点で勾配が急になったのでリアをローに入れたところ、「カンカンカンカン~」というイヤな金属音が、静かな道志村に鳴り響きます。

急停車して調べると、RDのゲージがスポークに接触していることが判明。

先ほどの転倒で、ハンガーが内側に曲がってしまったようです(>o<)

やむを得ず、そぉっとハンガーをもとに曲げようとしたのですが、その作業中、今度はチェーンがスプロケ側に脱落してしまい、運悪くスプロケ・スポーク間に挟み込まれてしまいました。

RDハンガーが曲がり、スポークと接触してしまいました。その後、作業中にチェーン脱落・・・。

RDハンガーが曲がり、スポークと接触してしまいました。その後、作業中にチェーン脱落・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

この状態で無理して外そうとすると、こんな悲惨なことになりますので、遠回りですが、チェーンリンク(ミッシングリンク)を外してチェーンを外して掛けなおすことしました。

一連の作業を、路肩の草むらでやっていたのですが、うっかりミッシングリンクを草むらに落としてしまい、文字通り、ミッシング(紛失)してしまいました(><)

道端の草むらで作業中。この後、リンクをミッシングします・・・。

道端の草むらで作業中。この後、リンクをミッシングします・・・。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

どんなに探しても、リンクが見つからず途方に暮れかけたのですが、ツールボトルに予備のリンクを入れてあったのを思い出し、事なきを得ました。

ハンガーについては無理に曲げて折れるのが怖かったので修復はあきらめ、RDのL側リミッターを調整してローには入らないようにして、2~10速のみを使って無事に帰還することができました。

くそ暑い炎天下での作業で耐力消耗しましたが、いつくか貴重な教訓を得ました。

  • バイクを立てかけることは今まで以上に慎重に!!(もう何度やってるやら・・・)
  • 倒してしまった場合は、ハンガーの曲がりに気を付ける
  • 予備のリンクは必ず携行する
  • 作業用グローブも必ず携行する(ニトリルゴム手袋がお勧め)
  • 草むらでの作業は避ける
  • 念のため、予備のハンガーも携行しよう

いやはや、毎度のことながら、ノートラブルで200km走れる日はいつ来るのやら・・・!?

おわり。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


コメント

  1. 名前:sramred 投稿日:2019/08/06(火) 12:56:54 ID:5ec84ce84 返信

    興味本位で、ここを通る10月末のブルベ(300)にエントリーしてみたのですが、まさか18%とは…
    日曜の朝、湘南国際を上り熱中症になった身体にはきつすぎるかも(@_@;)

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/08/06(火) 23:24:52 ID:63957fe53 返信

      三国峠を登るブルべなんてあるのですか!

      逆回りしてダウンヒルにした方が・・・(^^;

      急なだけではなく、長いんですよね。ヤビツの比じゃないです。

      秋にもう一度行ってみようかな・・・?

  2. 名前:_toshi 投稿日:2019/08/04(日) 09:35:36 ID:841ca3504 返信

    Shiroさん:

    いやいや、お疲れさまでした。

    私、休憩などで自転車を立てかける時には、絶対に右側には倒れないよう心掛けています。
    とりあえずホイールを壊さずに済み、何とか復旧できて良かったですね。

    そうそう、先々週7/21におこなわれたオリンピック ロードレースのテストイベント「Ready Steady Tokyo」は見に行ってました。
    一般道を使うロードレースですから基本的に見られるのは1回だと思っていましたが、コースをよく見ると多摩市で同じ交差点を2回通るポイントを見つけました。
    その地点の通過は12:20頃との予想でしたが、おにぎりとサンドイッチを買い込んで10時頃から待機していました。
    最初はガラガラだったのですが、時間の経過と共に観客とオフィシャルが集まってきて、そこそこの盛り上がりでした。
    4台の逃げグループが本気モードで走り抜けた後、2分してから集団が通りました。
    その4分後、一回りしてきた最初の逃げグループが交差点の反対側を通過していきました。
    想像以上の盛り上がりで嬉しかったです。
    本番も楽しみだなぁ。

    • 名前:Shiro 投稿日:2019/08/06(火) 00:12:57 ID:63957fe53 返信

      そう、休憩などで立てかけるときなどはそうしてるのですが、写真を撮るときだけ、ちょいっと右向きに立てかけて、ぱた~んということが・・・。

      LOOK号で3回くらいやりましたかねぇ(TT)

      自転車の写真は基本的に右向きしかありえないのですが、もうちっと、ちゃんと傾けてやればいいんですよね。気を付けないとあかんなぁ・・・。

      ちなみに、ハンガーを取り換えたあとのLOOK号は、今までに経験したことないくらい、スムーズな変速で驚いています。
      もしかして、今までも少し傾いていたのかも、です。日々の点検も気を付けないとあかんですね。

      そうか、オリンピックコースは全部山、というイメージがあったのですが、序盤は平地なんですね。
      だとすると、相当のスピードだったんでしょうねぇ。
      オリンピック全般には、びっくりするくらい興味がない自分ですが、ロードレースだけは見に行こうかな~。タダだし(^^)

      • 名前:_toshi 投稿日:2019/08/06(火) 08:56:00 ID:c947f00c0 返信

        Shiroさん:

        ハンガー交換後は、スムーズな変速になったとの事、良かったですね。

        はい、本気モードの逃げ4人は早かったです。
        スマホをガードレールに乗せるように構えて目では直接見ていたのですけど、目の前1メートル位の所をシャーーーー「あれ?今、何台通過した?」くらい早かったです。

        その後の集団は200台くらいいたでしょうか、実際にはかなりのスピードなんでしょうけど、数が多いのでのんびりに見えました。
        本番もどこかで見たいなー。

        • 名前:Shiro 投稿日:2019/08/06(火) 23:23:49 ID:63957fe53 返信

          やっぱり、TVで見るのとは違うんでしょうねぇ。
          その速さを見てみたいなぁ・・・。

          あと、やっぱり、18%の激坂をぐいぐい上っていくところも!

_toshi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です