3つ目のボトルケージを! Elite『VIPボトルケージクリップ』

おぉ,こんなところにボトルが!!

おぉ,こんなところにボトルが!!

SONY α7II + Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA

『ロードバイクで旅する本』で紹介されていた,ちょっと変わったアイテムを購入してみました。

この写真だけでは,なんのことやら?だとは思いますが,簡単に言えば,「正規の場所以外にもボトルケージを付けるための台座」です。

使い始めて,まだ1ヶ月ちょいですが,なかなか便利に使えています。

ダブルボトル体制になる,真夏ライドでは大活躍してくれることでしょう(^^)

気に入った点

  • 3個目のボトル位置は,いろいろ活用できる
  • フレーム側に特別な加工を必要としない
  • 意外とお安い(900円ほど)
  • バイクを右から見るとクランクに隠れてスッキリ(^^)

イマイチな点

  • フレームジオメトリ,ダウンチューブの形状,シフトワイヤの位置,ケージ形状など,現物合わせ要素が多く,場合によっては装着できないかも
  • 取り付け用のダイヤルを締めすぎるとバカになる
  • プラベルトなので滑りやすい(ゴムシートを挟むのが無難)
  • フレームを傷つける恐れあり(保護テープ,ゴムシートがおすすめ)
  • バイク左側から見られると,格好悪かったりする


少しでも積載能力を向上させよう!

こちらの記事でも書いたのですが,一般車に比べたロードバイクの積載能力の低さはものすごいものがあります。

一般車の積載能力に脱帽!(発見場所: 藤沢)

ロードバイクと一般のママチャリや実用車を比較したとき,乗り心地やスピードなどが挙げられますが,おいらが一番に思うのは,積載能力の差です。

一般車の積載能力って,ものすごいですよね・・・。

素直にサドルバッグやトライバッグを付ければいいのですが,目立つ位置に大きな物を取り付けるとバイクの美観を損ねてしまいそうで,あまり気が進みません(完全に,自分しか見てないと思うのですが。笑)

今の季節ならまだいいのですが,真夏のダブルボトル体制(真水+スポドリ)になると,パンク修理キットや工具の積載方法に悩むことになります。

ボトル特集 2014夏
毎年,夏が近づくと,自転車雑誌では「ロングライド特集」と同じくらい「ボトル特集」が組まれます。 「ワンパターンよねぇ♪」と笑いつつ,実はフォトポタ日記も毎年のようにボトル特集をやっています(^^;) 今年は,ダブルボトル体制がスタートしたことと,真空耐熱ボトルDEBOYO(デボヨ)の夏評価の2回に分けて特集します(^^)

そこで,バイクで最も目立たない場所,ダウンチューブのさらに下側にボトルケージを付けてみることにしました。

購入したのは,『ロードバイクで旅する本』で紹介されていた,Elite社VIPボトルケージクリップというアイテム。

何がVIP(Very Important Person; 超重要人物)なのかよくわかりませんが,何か別の意味でもあるのかな・・・?(Very Important Partsとか←違うと思う)

ネーミングの謎はさておき,このVIPボトルケージクリップは,ダウンチューブやシートポストなど,普通はボトルケージをつけられないところに,ケージの台座を創り出すという,かなりニッチなアイテムです。

取り付けは,CatEye社のFlex Tightと同じような構造の,だけどすご~く長いバンドによって行います。

お値段もお手頃(960円)だったので,あまりよく確認しないで購入してしまったのですが,フレームによっては取り付けが困難な場合があるとのこと。

595号にはうまく取り付けられたのでしょうか・・・?

写真撮る前に取り付けちゃったのでパッケージだけ。ベルトの長さは50cmもあります(!)

写真撮る前に取り付けちゃったのでパッケージだけ。ベルトの長さは50cmもあります(!)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

595号にはギリギリ装着可能でした!

ダウンチューブ下に取り付けるとなると,心配なのは,フロントタイヤとのクリアランスです。

ロードバイクのシルエットを見ると分かるのですが,ダウンチューブとフロントタイヤの間って,意外と狭いものです。

595号の場合も,ダウンチューブの目いっぱい後方部分,BB付近まで後退して取り付けなくてはなりません。

また,595号は中途半端なシフトワイヤ内蔵タイプで,ちょうど,VIPを取り付ける位置の付近からワイヤが露出してきます。

595の場合,こんな風に,ちょっとワイヤルートを曲げる必要があります。

595の場合,こんな風に,ちょっとワイヤルートを曲げる必要があります。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

露出直後は2本のシフトワイヤは1点から出てくるので,隙間が無くて取り付けられないのですが,BB付近まで来ると,2本のワイヤの隙間が広がっています。

この点からも,VIPは可能な限り後方に取り付けることになりました。

取り付けの結果は,こんな感じになりました。

なんとか,ギリギリ装着することができました。

なんとか,ギリギリ装着することができました。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

なんとか,ギリギリ,シフトワイヤに悪影響を与えないように取り付けることができました。

完全なワイヤ内蔵型や,いっそ完全剥き出しタイプであれば,もうちょっと自由度が増すのではないかと思われます。

また,フレームに変な傷がつくのは嫌なので,最も目立たないところですが,念のため,いつもの3M『表面保護用テープ』を貼っておきました(^^)

ロードバイク傷防止キャンペーン(表面保護用テープ編)
前回の「問題提起編」で,期待をあおりすぎてしまった感が否めませんが,気にせず,第2回目の今日は「表面保護用テープ」を紹介いたします。 まぁ,知っている人からすれば「な~んだ,あれかよ」というシロモノではありますが・・・(^^)ゞ
やっぱり,いつもの「表面保護テープ」。

やっぱり,いつもの「表面保護テープ」。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

また,フレームによっては,装着できるボトルケージに制限があるかもしれません。

595号の場合,VIPを目いっぱい後方に装着しても,ケージによってはフロントタイヤとのクリアランスを十分確保できませんでした。

我が家に転がっていたいろんなケージを比べたところ,同じように見えて,ボルトの位置はだいぶ違うことが分かりました。

家に余っていた各種ケージ。製品によって,かなり位置が違うことが分かります。

家に余っていた各種ケージ。製品によって,かなり位置が違うことが分かります。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

この3つのケージでは,右端のケージ(guee製)だけが,フロントタイヤとのクリアランスを確保できました。

こればっかりは,フレームのジオメトリ次第なので,やってみるしかないかと・・・。(gueeのは使いやすいのでおススメです♪)

使用1ヶ月,特に問題なし!(^^)

装着から1ヶ月,問題なく運用できています。

ダウンチューブ下にツールボトルを。黒いから目立たない?

ダウンチューブ下にツールボトルを。黒いから目立たない?

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

肝心な(?)見栄えについては,バイクを右側から見た場合にはクランクに隠れて目立たないのですが,左側から見た場合には,明らかに変な位置にボトルが付いているのがバレバレですね(笑)

サドルバッグと比べ,どっちの見栄えがいいのかは,個人の問題のようです。

白いボトルで,バイク左側から見ると,ちょっと(かなり?)目立つ。

白いボトルで,バイク左側から見ると,ちょっと(かなり?)目立つ。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

今のところ,季節に応じて(=ドリンク量に応じて)以下のように使っていこうと考えています。

ケージ位置 真夏 秋~冬~春
シートチューブ ドリンク1(真水) ウィンドブレーカーや食料
ダウンチューブ(上) ドリンク2(スポドリ) ドリンク
ダウンチューブ(下) ツールボトル ツールボトル

まだ肌寒かった4月のヤビツでは,ダウンチューブ下に工具類,シートチューブにはウィンドブレーカーやアームカバーをボトルに入れてつけることで,ジャージの背中は完全にカラにすることができました。

4月,ヤビツではこんな風に使っていました。

4月,ヤビツではこんな風に使っていました。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

使ってみて気が付いた注意点は以下の2つ。

【滑り止め対策をしたほうがいいかも】

VIPはバンドできつく固定することができるのですが,それでも,ツールボトルのような重量物を装着すると,走行時の振動や,横倒し駐輪や車載時に,ずれることがあります。

バンドの強度にも限度がありますし,大切なフレームに傷がつくのも嫌ですから,薄いゴムシートを挟んで取り付けたほうが安定しそうです。

【ドリンクの装着には不向き】

上にも書きましたが,ダウンチューブ下に取り付けた場合,ボトルを装着すると,ちょうど飲み口がフロントタイヤの目の前に迫ります。

走行時に巻き上げる埃や泥水などは,もれなくボトルにかかりますので,飲み物系は装着しないほうが無難です。

走行時の様子。やっぱり,クリアランスは少ないので,ドリンクボトルは避けたほうが無難かな・・・?

走行時の様子。やっぱり,クリアランスは少ないので,ドリンクボトルは避けたほうが無難かな・・・?

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

実は左右方向もギリギリだったりします。ダウンヒルもたくさんしましたが,特に問題なし。

実は左右方向もギリギリだったりします。ダウンヒルもたくさんしましたが,特に問題なし。

SONY DSC-RX100m2 + Carl Zeiss Vario Sonnar T* 10-37mm F1.8-4.9

自分のフレームに合うかどうかが難しいですが,うまく装着できればボトル数が1.5倍に激増(?)する,なかなか便利なアイテムです。

お値段はそんなに高くない(むしろ送料が気になる)ので,ご近所のショップさんで購入して試してみるのも手かもしれませんね(^^)

おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかいもの情報


[メーカーサイト]

だいたい900~1000円くらいです

コメント

  1. 名前:大坂 投稿日:2016/05/29(日) 12:41:26 ID:fbf3596f5 返信

    そこは、やっぱり「ネジロック剤」で固めたほうが良いかと

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/05/30(月) 00:01:39 ID:85c4b4a93 返信

      そうですね~
      今のところ緩みは見当たらないのですが,ナイロン付ナット or ネジロック,どちらかで対策してみます!(^^)

      ブルべ参加の方だと,縛ってしまったりしているようですね。

  2. 名前:sramred 投稿日:2016/05/26(木) 07:23:53 ID:b651b07ec 返信

    3rdボトルケージの注意をひとつ。
    ボトルケージ脱落しました。
    すぐにわかるように、フレーム上に装着のものよりボトル上下方向の首振りが大きいので、特に引っ張り方向の力がかかる上側(前方)のボルトがあっさり緩み、走行中にボルト・ナットもろとも一組失いました。
    脱落時にはボトルをつけておらず、油断して走行前点検もしなかったのがよくなかったです。むしろボトルをつけていたら早めに緩みに気付いたかもしれません。
    代替のナットは緩み防止ナイロン付きを1個10円で調達したので、今では付属のスプリングワッシャよりも少しよい感じに締め付けできています。ナイロン付きナット、おすすめです(^_^)

    • 名前:Shiro 投稿日:2016/05/26(木) 21:33:47 ID:e24443856 返信

      おぉぉ,ボトルケージ脱落!
      恐ろしいですね・・。

      自分も危ないけど,他人に危ないかもしれませんね。

      おいらも,ナイロンナットを探してみます!(確か家の工具箱に合ったような)
      情報,ありがとうございます~!

sramred にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です