自転車搭載 一覧

カメラ車載方法は第8世代へ!(後編)

完成の様子。ここまで来るのにどれほどの苦労が・・・(涙)

完成の様子。ここまで来るのにどれほどの苦労が・・・(涙)

SONY α7II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G

アクションカムの車載方法改善ネタの後編です。

5月に前編を紹介しておきながら、直後の富士ヒル、その後の燃え尽き、LGS S9号登場などですっかり忘れていたのですが、ようやくキジ科記事化に成功です。

あまりに放置しすぎて作者も分からなくなっていましたが、そもそもの改善目的は、「ステムにマウントして臨場感ある映像を撮る」でした。

やろうとしていることは、大したことではないのですが、やたらと紆余曲折したカメラ車載方法改善2018の後編です。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

カメラ車載方法は第8世代へ!(前編)

カメラを車載するために集めてきたモノ達。この(無駄な)情熱には頭が下がる思いです。

カメラを車載するために集めてきたモノ達。この(無駄な)情熱には頭が下がる思いです。

SONY α7II + FE 90mm F2.8 MACRO G

初めてロードバイクに、動画撮影用にカメラを車載してみたのは2008年のこと。

U字金具+三脚雲台+デジカメ(IXY320)という、極めて原始的な方法でした。

それから、数年おきに「車載方法を改善する!」と騒いで、いろんな方法を試してきましたが、また、車載方法改善の季節(発作?)がやってきました。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

第4世代 自転車カメラ搭載方式(CFPM)

昨年FHC2013の反省より,ダウンヒル時は外しているので基部だけになります。

昨年FHC2013の反省より,ダウンヒル時は外しているので基部だけになります。

SONY DSC-TX10

しばらく前から,595号のハンドルバーにはヘンテコな物体が取り付けられています。

このヘンテコな物体は,SONYアクションカム(AS-15)のマウント基部なのですが,注目すべきは,この基部がどうやってハンドルバーに装着されているかです。

今まで色んな方法で,カメラを自転車に搭載してきましたが,今回紹介する方法は間違いなく世界最軽量(当社調べ)だと勝手に自負しております。

また,最軽量であると同時に,世界最高に拍子抜けする搭載方式(当社調べ)とも囁かれています。

さて,その搭載方式とはいったい・・・?(^^)

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

第5世代 自転車動画撮影装置,SONY アクションカムHDR-AS15(前編)

超久しぶりの自転車用ニューパーツ(と言ってもカメラだけど)

超久しぶりの自転車用ニューパーツ(と言ってもカメラだけど)

Nikon D600 + Nikkor Micro 60mm F2.8

超久しぶりの自転車用ニューアイテムの登場です。

2008年の超しょぼい自作マウントから始まった,我がロードバイク動画撮影人生(と言うほどでは・・・)に新たな秘密兵器が登場しました。

フォトポタ日記では第5世代に当たる新たな動画アイテムは,SONYのウェアラブルカメラ「アクションカム(HDR-AS15)」です。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ロード de カメラ運搬 (後編)

バックパックにインナーバッグ,結局コレが一番(^^)

バックパックにインナーバッグ,結局コレが一番(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

ロードバイクでカメラを運搬する方法を紹介している「ロード de カメラ運搬」シリーズ。

前編では,カメラ運搬道(?)では比較的難易度の低い,コンパクトデジカメ(コンデジ)とミラーレス一眼(ミラーレス)の運搬方法を紹介しました。

後編は,いよいよ難易度が一気に高まり,デジタル一眼レフ(デジイチ)の運搬方法を紹介いたします。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
1 2 3