本・読書 一覧

『霧笛荘夜話』(浅田次郎)読み終わり

久しぶりに,浅田次郎を読みました。(もちろん,本ね)

浅田次郎は,あんまり続けて読むと,「泣かせどころ」がなんとなく読めてきちゃう(それでも泣けちゃうんだけど…)ので,たまに読むのがよいです。

この前読んだのは,自身の自伝的な色合いの濃い小説「霞町物語」でしたが,やっぱり,泣けてしまいました。粋なおばあさんと,写真館のおじいさんの話はとってもよかったです。

んで,今回はこの世の果てのような港町の,それまた果てのような場所に建つ,おんぼろアパートに住んでいた6人の住人達を主人公にした連作です。

彼らは,世間様が考える「幸せ」とはほど遠い生き方をしながらも,誠実に,そして幸せな人生を全うしていきます。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

『東京湾景』読み終わり

tokyobay.jpg吉田修一 『東京湾景』,読み終わりました。

友人の薦めで,久しぶりに恋愛小説を読んでしまった。

量が多いかと思ったんですが,通勤電車のみで一週間で読破できました。

そして,いま,ため息をついています。「はぁ……」

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

続いて,東京湾景

友人から,吉田 修一の『東京湾景』を借りました。

早速,本日の帰りの電車で読み始め。なにやら,ドラマになっていたそうですが,ここのところ,ほとんどTVを見ていないので,わかりませぬ。

でも,少なくとも,小説の方はおもしろいです。

生まれは足立区の田舎だけど,小説・ドラマの舞台として,東京はやっぱりいいなぁ,なんて思いながら読み始めています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

アフターダーク読み終わりました

アフターダーク本日,村上春樹『アフターダーク』読み終わりました。
これから何日かすると,感想は変ってくるのかもしれないけれど,とりあえずは,読み終わり直後の感想を。

まずは,文体がだいぶ変った気がします。『海辺のカフカ』や『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』のように,2つの物語(場面)が交互に織りなされていくのですが,いまいち,「冒険」や「ファンタジー」さが感じられませんでした。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

After Dark

アフターダーク「海辺のカフカ」以来の長編小説となる,村上春樹の最新作「アフターダーク」が発売されてから,もう2ヶ月になります。

真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

本屋で平積みされた本の帯を見ただけで,無性に読みたくなる。読みたくなるんだけど,,,セキュアド試験のためにずっと我慢してきました。

しかし,「風の歌を聴け」から25年かぁ。村上春樹も長いなぁ。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
1 24 25 26 27