本・読書 一覧

『覆面作家は二人いる』(北村薫)読み終わり

先週は,涙あり,感動ありの浅田次郎ものを読んで少々疲れたので,今週はお気軽な小説を読んでいます。

まずは,北村薫の『覆面作家は二人いる』から。

北村薫は,おいらが好きな作家ではベスト5に入ります(いや3かも)。「時と人3部作」の『スキップ』,『ターン』(『リセット』はまだ読んでないのだ・・・)や,『空飛ぶ馬』に始まる「円紫さんと私」シリーズは特に好きで,書棚に眠りながらも,年に何回かは引っ張り出して読んでいます。

どの小説も,とても丁寧な文章で,暖かい言葉使い。身の回りにおこるちょっとしたこと(でないこともあるけど)を題材に,上質なミステリに仕立てあります。

でも,トリックや犯人探しはちっともメインではなく,登場人物の心情をとっっても丁寧に書くことで,人間の悲しさや,逆に暖かさを描きます。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

『天国までの百マイル』(浅田次郎),読み終わり

例によって,一冊読んだら止まらない浅田次郎。

前々から,読もう,読もうと思っていた『天国までの百マイル』を読み終わりました。

このおっちゃん(浅田次郎のことね,念のため)の小説は,「こてこて」の浪花節のように思えちゃうんだけど,実は,本当に,こてこての人情にあふれた小説ばかりです。
そして,この「こてこてさ」がたまらなく,一度読み始めると止まらなく,一週間で3冊も読んでしまいました・・・

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

『薔薇盗人』(浅田次郎)読み終わりました

また,浅田次郎を読んでしまった。(もちろん,本ね)

読んだのは「薔薇盗人」。新潮文庫では初の浅田次郎の文庫本で,「あじさい心中」「死に賃」「奈落< 」「佳人」「ひなまつり」「薔薇盗人」の6つの短編からなる短編集です。

まぁ,今更ですが,浅田次郎は短編集がとても得意なのだと思います。
おいらが読んだのだけでも,「鉄道員」,「霞町物語」,「椿姫」,「月のしずく」,「見知らぬ妻へ」,「霧笛荘夜話」などなど。どれも,短い中に,人生の哀切や意外性を持ち込んだ,目頭を熱くするいいお話が満載です。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

『一瞬の光』(白石一文)

ちょっと前に読んだ,白石一文の「一瞬の光」について,急に思い出すところがあったので,書き留めてみました。

ちまちま読んでいたので,タイトルの「一瞬」とは裏腹に一週間もかかりました。

感想は,残念ながら,「む゛~」です。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

『霧笛荘夜話』(浅田次郎)読み終わり

久しぶりに,浅田次郎を読みました。(もちろん,本ね)

浅田次郎は,あんまり続けて読むと,「泣かせどころ」がなんとなく読めてきちゃう(それでも泣けちゃうんだけど…)ので,たまに読むのがよいです。

この前読んだのは,自身の自伝的な色合いの濃い小説「霞町物語」でしたが,やっぱり,泣けてしまいました。粋なおばあさんと,写真館のおじいさんの話はとってもよかったです。

んで,今回はこの世の果てのような港町の,それまた果てのような場所に建つ,おんぼろアパートに住んでいた6人の住人達を主人公にした連作です。

彼らは,世間様が考える「幸せ」とはほど遠い生き方をしながらも,誠実に,そして幸せな人生を全うしていきます。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
1 21 22 23 24 25