PMC(Performance Management Chart)をExcelで!

自作のPMC。なんか、「ちゃんとやってる感」が漂います(^^)

自作のPMC。なんか、「ちゃんとやってる感」が漂います(^^)

前回記事では、GoldenCheetahPMC(Performance Management Chart)を描けるということを紹介しました。

確かに、無料で使えて素晴らしいのですが、GoldenCheetahは高度過ぎて使いこなすのは難しそうです。

そこで、もっともっと手っ取り早くPMCを描く方法を発見。

まぁ、全部手作業でやるので、本当に早いかと言われると少し微妙ですが・・・(^^;



ATLやCTLの計算方法

PMCで描くのはTSS、ATL、CTL、TSBの4要素。

日々の入力値はTSSであり、それを累積したATL、CTL、TSBを描きます。

例えば、ATL(疲労)は過去7日分のTSSを指数加重移動平均したものです。

ということは、今日のATLは、今日のTSS×時定数+昨日のTSS×時定数2+おとといのTSS×時定数3+・・・で7日前まで足しこめばよく、時定数は1-exp(-1/7)とのことですので、以下の式で求められると思われます。

おそらく、こんな式でATLは求められていると想定。

おそらく、こんな式でATLは求められていると想定。

こういう、日々の積み上げ的な計算はExcel表が得意とするところで、

今日ATLセル=(1-exp(-1/7))×今日のTSSセル+exp(-1/7)×前日ATLセル

とした長い表を作ればよいだけです。

また、CTL(強さ)は上記式の「7」を「42」にすれば出ますし、TSB(調子)はCTL-ATLするだけです。

自分は、どうもクラウドサービスがあんまり信用できないおじさん世代なので、過去の走行データを延々とExcel表にため込んできています。

過去10年分の走行データが延々と描かれた年表。変態である・・・。

過去10年分の走行データが延々と描かれた年表。変態である・・・。

ズームすると、いろいろ書いてある・・・。

ズームすると、いろいろ書いてある・・・。

Excel化された走行データがすでにあるわけですから、ちょいちょいと上記の式を入れた表を足しこんでやれば、簡単にPMCが描けます。

で、書いてみたのがコレ(↓)

こんな絵が描けました。おぉ、PMCだ(^^)

こんな絵が描けました。おぉ、PMCだ(^^)

こちらはGoldenCheetah。そっくりである。

こちらはGoldenCheetah。そっくりである。

縦軸の設定が異なるのでちょっと違いますが、数値で比較すると、ちゃんとGoldenCheetahと同じ値になっています。ほっ、合っていそうだ(^^)

自分は膨大な走行データから無理矢理に描いていますが、必要なデータは日々のTSSだけですので、一から作るのなら、とても簡単な表で作れると思います。

将来のトレーニング計画も反映してみよう

せっかくなので、本家TrainingPeaksのように、明日以降の練習計画を入れることで、未来のATL/CTL/TSBの変化を確認できるようにもしてみました。

とりあえず、今年の富士ヒルクライム(6月7日。本当にやるよね・・・?)までの練習計画を入れて表示したのがコレ(図の右半分、点線部分が将来分)

将来分まで表示できるようにしてみました。また、CTLを面グラフにして、TrainingPeaksっぽくしてみました。

将来分まで表示できるようにしてみました。
また、CTLを面グラフにして、TrainingPeaksっぽくしてみました。

この、「未来のPMCが表示できる」のはなかなかイイかも(ザ・手前みそ)

4月からは土日練習量を100TSS/日→150TSS/日に増やし、GWはヤビツに通って毎日100TSSを積んでいくと、ピークは5月後半でCTLは70くらいになりそうです。

CTL100未満では練習不足という話もありますが、普通のサラリーマンに、これ以上は無理かなぁ・・・

また、5月後半は本番に備えて練習量を減らすことで、レース本番のTSBは+20くらいで迎えたいところです。

まぁ、まさに絵に描いた餅ですが(^^)

まとめ

2回にわたってお届けした、「無料でPMCを描こう」シリーズはおしまい。

本格的な分析をやるにはGoldenCheetah(や、有料TrainingPeaks)がイイと思いますが、お手製Excel表の方が自分レベルでは合っていそうです。

今日までのPMCを描くだけではなく、将来の練習計画を反映したPMCを簡単に描けるのはとても便利です。

現在のExcelシートはゴミだらけで、とても配布できるような状態ではないのですが、いずれ整備してダウンロードできるようにしてみようかな!?と思ったりしています。

それではまた(^^)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーツ紹介記事(一覧比較)

おかいもの情報



肝心なPMCの使い方はこちらを(^^)

コメント

  1. 名前:slush 投稿日:2020/03/19(木) 18:20:39 ID:653bb8704 返信

    shiroさん

    すみません。。。予想外れました(@_@)
    流石!できる人はやっちゃうんですね!

    わたしは こっちかと思いました。
    Elebate for Strava
    ストラバにアップすれば見れるので(PCじゃないとみれない)
    こちらを活用しています。
    CTLやATLの下がり具合の調節はできないので
    調節したい人には向きませんね。。。。

    https://chrome.google.com/webstore/detail/elevate-for-strava/dhiaggccakkgdfcadnklkbljcgicpckn

    • 名前:Shiro 投稿日:2020/03/20(金) 23:55:42 ID:67e648ada 返信

      なんと、Stravaパワーアップするなんて機能があるのですね!
      びっくり。

      たまたま自分は昔からのデータが山のようにあったので試しにグラフ化してみただけですので・・・。
      やってみてから、「あ、そうだ。未来分のTSSを入れればプランできるじゃん」と気が付いた次第です。
      なんとも、行き当たりばったりです(^^)

Shiro へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です