LOOKs for a LOOK (ペダルシステムをKEO2MAXに変更しました♪)

おいらの4代目ビンディングペダルは,KEO2MAXのカーボンモデルになりました。

おいらの4代目ビンディングペダルは,KEO2MAXのカーボンモデルになりました。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

今まで内緒にしていましたが、9月にペダルシステムをSPD-SL(105クラスのPD-5610)からLOOKに変更しています。

理由は、二つ。

  • 見た目が、LOOKの方がかっこいから
  • 自転車が、LOOKだから

これだけです(^^)

おいらのビンディング歴の中では,本ブログ内の紹介記事へ両面SPDのPD-M324本ブログ内の紹介記事へロード用SPDのPD-A520本ブログ内の紹介記事へロード用SPD-SLのPD-5610に続き,4世代目になります。

2ヶ月ちょい使ってみた時点での、使用感などをレポートしてみたいと思います。

気に入った点

  • やっぱり,LOOKにはLOOKのペダル!(^^)
  • シマノSPD-SLとほとんど変わらない感触(構造同じだし)
  • (脚には感じないけど)回転がすごく軽い
  • 固定力調整の幅が広い
  • 見た目がすごく格好いい!(^^)

イマイチな点

  • 回転が軽すぎてキャッチが難しい
  • クリートの幅が狭いので歩きにくい


どの「LOOK」にするか悩む・・・

おいらの自転車は,LOOKです(本ブログ内の紹介記事へ正式名称はルイガノRHCですが,ややこしいので芸名LOOKの方を使いましょう)。

自転車がLOOKなのですから,ペダルもLOOKにしたくなるのは,人として自然な生理現象であり,やむを得ないことであります(?)。

しかし,LOOKペダルにすることに決めたものの,どのグレードにするかで悩んでしまいました。

LOOK社も利益を追求する私企業ですから,シマノ同様,利益を最大化するためにペダルにも細かく「グレード」が設定してあります。

  • KEO Classic(入門用)
  • KEO 2MAX(中級用)
  • KEO 2MAX Carbon(見栄っ張り用)
  • KEO BLADE(国宝級)

最初は左足のガングリオンを考慮して,固定力がダントツに弱いClassicを考えていました。

しかし,せっかく交換するのだから,もうちょっとカッコいいペダルにしたくなるのが,これまた自然の摂理です。

かといって,国宝級なお値段のKEO BLADEはまったく無理(ママチャリが2~3台買える!)ですし,固定力が強すぎて,おいらの左足は壊れてしまいそうです。

そこで,LOOK社の思惑通り,「効果と財布を考慮して,自分が出せる一番上のお買い物」をしてしまいました。

そう,見栄っ張り用のKEO 2MAX Carbonにしてみました。毎回毎回,見栄えだけで買っちゃうんだから・・・>おいら

おぉ,箱からしてかっこいい! シマノの箱は地味すぎるのである・・・。

おぉ,箱からしてかっこいい! シマノの箱は地味すぎるのである・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

登場でございます。構造自体は,SPD-SLとほとんど同じ,オーソドックスな形です。

登場でございます。構造自体は,SPD-SLとほとんど同じ,オーソドックスな形です。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

上から見ても,SPD-SLと似ています。丸いデザインのシマノに対し,LOOKはエッジがきいています。

上から見ても,SPD-SLと似ています。丸いデザインのシマノに対し,LOOKはエッジがきいています。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

これまで使っていたSPD-SL(105クラスのPD-5610)と比べるとこんな感じです。

KEO 2MAX PD-5610
ボディ カーボン アルミ
クロモリ クロモリ
重量(ペア) 244g 322g
踏み面積 340mm2 480mm2
スタックハイト 16.2mm 15.7mm

装着してみたよ

SPD-SLでは,使い始めの初期に微妙にクリート位置の調整を繰り返し,ようやく今の位置に決まった経緯があります。

ですので,できるだけ今までのベスト(と思われる)ポジションを変えないように気を使いました。

といっても,そんなに難しいことではありません。

  1. SPD-SLの状態で,シューズをステップインさせる
  2. ペダル軸の真上にあたるソール部分に,鉛筆でマークする
  3. ペダル・クリートをKEO2MAXに交換する
  4. さっきマークした位置にペダル軸がくるように,クリート位置を調整する
  5. 念のため,ローラー台で走ってみて微調整(結局,調整しているじゃん)

これだけです。

まず,今までのクリート位置を再現するため,ペダル軸の直下にしるしをつけます。

まず,今までのクリート位置を再現するため,ペダル軸の直下にしるしをつけます。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

とりあえず,KEO2MAXのクリートをシューズに仮止めします。

とりあえず,KEO2MAXのクリートをシューズに仮止めします。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

で,ペダル軸の位置が合うように,さっき付けた印を目印に位置あわせ。

で,ペダル軸の位置が合うように,さっき付けた印を目印に位置あわせ。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

TIMEやSPEEDPLAYと違い,LOOKとSPD-SLはほとんど同じような形状ですから,あっさりと作業完了です。

ただ,装着作業で2点ほど気になりました。

ペダル着脱にペダルレンチが使えない
LOOKのペダルは,アーレンキーで着脱する設計になっています(=ペダルレンチ出番無し。もう,一生出番無いな・・・)。ペダルは大きな力が加わる部分ですから,ボルトの穴も大きく,なんと8mmもあります。
おいらの手持ち工具には8mmのアーレンキーが無く,とても焦ったのですが,なぜか携帯工具の本ブログ内の紹介記事へTOPEAK Xツールに付いていたので,なんとか作業ができました。購入の際は,8mmのアーレンキーをお持ちかどうか確認しておきましょう!

KEO2MAXの取り付けには8mmレンチが必要です。

KEO2MAXの取り付けには8mmレンチが必要です。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

【2010.11.25追記】
よく考えたら,本ブログ内の紹介記事へ手持ちのトルクレンチ(grundge製)には3mm~10mmまで揃っていました。今週末にでも,トルク管理もかねて締めなおしてみます。(^^)
クリート固定ボルトが小さい
ペダル軸とは逆に,クリートの固定ボルトは3mmという小さなボルトになっています。しかも,穴の深さが浅いため,大きなトルクをかけると,あっさりと山をなめてしまいますので注意が必要です。なんで,SPD-SLみたいに4mmにしてくれないの~?

また,ペダル裏には格好良く「LOOK」のロゴがついています。右足はまだしも,左はしょっちゅう着脱するため,キャッチミスをしたりすると傷だらけになってしまいます。

なので,こっそりと,フレームの傷防止用シールで保護しておきました。

BBBのクリアスキンで保護してみました。

BBBのクリアスキンで保護してみました。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

曲面にあわせて切り込みをいれ,隙間なくカバー。マメねぇ・・・。

曲面にあわせて切り込みをいれ,隙間なくカバー。マメねぇ・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

【2010.11.25追記】
ペダルが裏向きになっているときに,思い切り体重をかけてしまい,シールが破けてしまいました。シールを貼ったからといって,過信は禁物です。っていうか,そもそもキャッチミスを減らしたい・・・。

使ってみました

交換してから,2ヶ月,400km走ってみました。また,関係ないけど,合計で6000mほど山を登っています(うち,ヤビツは2回)。

で,KEO 2MAXの印象はと言うと,,,

基本的にSPD-SLと変わらないよ(^^)

装着編でも触れましたが,構造がSPD-SLとほとんど同じなので,走行感もほとんど変わりません。

新旧ペダルの比較。やっぱり,そっくりな形状です(^^)

新旧ペダルの比較。やっぱり,そっくりな形状です(^^)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

標準で付いているのは,左右可動タイプのクリートでSPD-SLと同じ。雑誌等では「スタックハイトが高い」なんて言われていますが,実測で1mmほどしか違いませんから,その差を感じることはおいらはできませんでした。

慣れ親しんだSPD-SLと同じなので安心ですが,逆に「なんも変わらないのかぁ・・・」と少し寂しい。

娘を嫁に出す父親の心境でしょうか(たぶん,違うと思う)。

異様に軽い回転

使っているベアリングがいいのか,回転抵抗が非常に低くなっています。ちょっとつつくと,クルクル回ります。

しかし,走りに役に立っているのかどうかは,前述の通り良くわかりません。

逆に,ステップインするときに,つま先でつついてしまってクルクル回りまくって,キャッチできなくて困っています。

これは例によって,おいら個人の問題(キャッチが苦手)なのでしょうけど・・・。はよ慣れなければ。

ベアリングの性能がいいのか,とってもよく回ってくれます。

ベアリングの性能がいいのか,とってもよく回ってくれます。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

十分緩くできる固定力

おいらの左足は本ブログ内の紹介記事へ巨大なガングリオンを内蔵しているため,秋~冬~春にかけては,「ねじる」という動作が非常に困難になります。

なので,左ペダルの固定力は可能な限り低くしておきたいのです。

KEO 2MAXは,最弱で12Nmという設定ができます。これだけ緩ければ十分です。

「できるだけ緩くしてほしい」という変な要望ですが,ちょっとひねれば外れる,「左足フレンドリー」な設定ができるので助かります(^^)

ちょっと固いステップイン

前述の通り,固定力(≒ステップアウト)は非常に緩く設定できるのですが,ステップインはかなり固めです。

左ペダルは固定力を最弱の12Nmにしてあるにも関わらず,ステップインは体重を思い切りかけて,やっと「パコン」とはまります。

ただ,だからといって悪い印象はありません。

むしろ,SPD-SLの時はあまりに軽くステップインしてしまうので,信号手前で外して空走している間にステップインしてしまい,怖い思いを何度かしていました。

よほど強い力をかけないかぎりステップインしないKEO 2MAXは,かえって安全かもしれません。

見た目

文句なしにカッコいいです!

やっぱり,LOOKにはLOOKです!
(個人の感想です。購入者全員が体感できるとは限りません。笑)

が,シルバー仕上げの105クランクとのマッチングは,ごらんの通り,すごく悪い感じです・・・。

写真が小さすぎるか・・・。

写真が小さすぎるか・・・。

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

シルバーのクランク(105)にブラックのペダル。まったく似合わない・・・(涙)

シルバーのクランク(105)にブラックのペダル。まったく似合わない・・・(涙)

Nikon D90 + Nikkor 35mm F2D

こらあかんです。

なんとかしたいのですが,クランク交換事業はあまりの費用の高さ(&効果もアヤシイ?)に,実現の見込みがスーパー堤防並に小さく,事業仕分けされてしまっていますので,しばらくはこのミスマッチぶりが続くことになりそうです。

いっそ,クランク丸ごと黒く塗ってしまおうか!?(笑)

歩き心地はとても悪い

これは,自転車を降りてからの話。「歩きにくい」というより,「歩くと危険」という感じです。

SPD-SLのクリートは左右の幅が結構あって,左右の端っこにサイドポンツーンがあるのですが,LOOKはかなり狭い上に,ゴムの位置が悪いであります。

それでいて,高さはほぼ同じくらいありますから,どうしてもKEO 2MAXの方が左右の安定性がありません。

自転車を降りて歩いていて,何度か,足首を「ぐきっ!」と曲げてしまいました。

まぁ,そもそも降りて歩くことを想定したパーツではありませんが・・・。しょうがないから,クリートカバーでも買おうかな?(または手持ちのSPD-SL用を使えるようにしてみるか)

まとめ

SPD-SLを使っている人なら,KEO2MAXにしても,ほとんど違和感無く移行できると思います。

それくらい,使い勝手はそっくりです(ステップイン・アウトの音まで再現されています。笑)

最後に,SPD-SL(PD-5610)から移行した利点をまとめてみると,

  • 少し軽量化された(約60g)
  • 見栄えがよくなった
  • 自転車とマッチした(クランクとはマッチしていないが)

という,すばらしいメリットがありました(少ないか・・・)

いつか,左足のガングリオンが治ったらご褒美にKEO BLADEにする事を夢見つつ,しばらくはKEO2MAXでいってみるつもりです。

おしまい。
(あー,クランクをなんとかしたい。ぼそっ)

【2010.11.25追記】
ペダル取り付けに必要な8mmアーレンキーについて,よく考えたら,本ブログ内の紹介記事へトルクレンチを持っていたのを思い出しました。また,シールによる保護についても補足しました。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加