小説 一覧

5年越しの栄養補給,重松清『ビタミンF』

1冊の本を,5年もかけて,ようやく読み切ることができました。

2001年に直木賞を受賞した,重松清の『ビタミンF』。僕が買った,初めての重松おじさんの本です。

しかし,当時,僕はまだ30を過ぎたばかりでチビ達は2才(ユウキチ)と0才(カズボン)。『ビタミンF』を読むには,ほんの少しだけ若すぎました。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

宮部みゆき 『模倣犯』上下

amazonへamazonへ

長い。

長すぎる。

上下巻で1,500ページ。しかし,実際には上下2段組になっているので,実質3,000ページ分ほどあるのではないかと思われます。

その長さは,『こち亀』や『ゴルゴ13』の全巻制覇に匹敵するのでは?という長さですが,そこに書かれている物語の重さは,何倍もありました・・・。

あまりに暗く,重くて,夜寝る時にも「はぁ・・・。なんとからんかね?」と思いながら寝る日々でした。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

宮部みゆき 『模倣犯』

amazonへ

長い,とても長い・・・。

年末に買ってあった『模倣犯』を読み始めました。買った時,本屋さんには第1巻~第3巻の3巻が平積みになっていました。

てっきり3巻構成なのかと思っていたのですが,今日,別の本屋さんに立ち寄ったら,なんと第4巻,5巻も一緒に平積み。

なぬぅ~ 5巻構成だったのかぁ~!

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

宮部みゆき強化月間のまとめ

『ブレイブ・ストーリー』,分厚かったなぁ・・・

『ブレイブ・ストーリー』,分厚かったなぁ・・・
Nikon D70 + 35mmF2D, f2.8+1/60s, ISO=320

おいらの10月は「宮部みゆき強化月間」。

もともと,宮部みゆきの小説は大好きで,昔からたくさん読んでいました。しかし,ここ数年,村上春樹や江國香織なんかにうつつを抜かしている間に,宮部みゆき様は,せっせと大作を書き上げておられたのでありました。

思い立って図書館で借りた『理由』からスタートして,8冊ほどぶっ続けで読みました。久しぶりに読む宮部みゆきの小説は,どれも面白く(except ICO),面白いだけではない切なさが盛り込まれたりして,1ヶ月間,楽しむことができました。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

宮部みゆき『スナーク狩り』

とてもスピード感のある小説でした。

変な言い方ですが,「映像化しやすい小説」という気がしました。

様々な思いを持った人達が,別々に,しかし同じ場所を目指して車を走らせる。ラスト付近のシーンでは,誰か(一応,ネタばれになっちゃうので)が銃を撃ち,銃弾が風を切り,叫び声があがり,その隙間をついて・・・,という風に映画のスローモーションのように場面が進んでいきます。

読んでいたのは,電車に乗っていてちょうど終点だったのですが,降りられませんでした(笑)。

本当,映画のようなスピード感と迫力がある小説でした。

続きを読む

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
 
記事下用336×280
記事下用336×280
1 2 3 4 5 6 7 9